第31回国民体育大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第31回国民体育大会(だい31かいこくみんたいいくたいかい)は、1976年に開催された国民体育大会である。冬季スキー大会のテーマは「立山に美と力と友情と」。夏季・秋季大会のテーマは「若楠国体」、スローガンは「さわやかに すこやかに おおらかに」。

オイルショックによる影響[編集]

オイルショックによる経済減速をうけ、財政悪化した佐賀県から参加人員4,000人減とする案が、体協および各競技団体に示された。これに対し開催権取り上げといった意見も出たが、最終的に秋季大会の参加人員を14,500人程度とすることで決着した。質素な大会を目指し、これまで行われてきた行事が取りやめとなっている[1]

概要[編集]

期間 開催地 競技数 参加者数
1976年1月25日 - 1月28日 栃木県日光市今市市 1 1,804
1976年2月14日 - 2月17日 富山県大山町 1 1,921
1976年9月19日 - 9月22日 佐賀県佐賀市唐津市川副町 3 3,489
1976年10月24日 - 10月29日 佐賀県 28 15,116
合 計 33 22,330

実施競技[編集]

総合成績[編集]

天皇杯[編集]

  • 1位 - 佐賀県
  • 2位 - 東京都
  • 3位 - 埼玉県

皇后杯[編集]

  • 1位 - 東京都
  • 2位 - 佐賀県
  • 3位 - 鹿児島県

脚注[編集]

  1. ^ 県内大会旗のリレー取りやめ、放鳩・風船などが中止されている。

参考文献[編集]