第38回国民体育大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第38回国民体育大会(だい38かいこくみんたいいくたいかい)は1983年に開催された国民体育大会である。大会3度目のいわゆる完全国体でテーマは「あかぎ国体」、スローガンは「風に向かって走ろう」である。

大会概要[編集]

期間 開催地 競技数 参加者数
1983年1月26日 - 1月31日 群馬県伊香保町 2 1,872
1983年2月22日 - 2月25日 群馬県草津町 1 1,919
1983年9月11日 - 9月14日 群馬県前橋市水上町榛名町
東京都江東区
4 4,336
1983年10月15日 - 10月20日 群馬県 33 20,089
合 計 40 28,216

エピソード[編集]

  • ヨット競技(東京都江東区で実施)以外のすべての競技は県内の施設で実施された。
  • 首相在任中であった中曽根康弘が秋季大会開会式に出席し、激励の挨拶を行った。
  • 本大会開催に先立つ1978年に、群馬県は「スポーツ県群馬」を宣言した[1]
  • 本大会で国体マスコットの「ぐんまちゃん」が登場した[2]

実施競技[編集]

総合成績[編集]

天皇杯[編集]

  • 1位 - 群馬県
  • 2位 - 東京都
  • 3位 - 埼玉県

皇后杯[編集]

  • 1位 - 群馬県
  • 2位 - 東京都
  • 3位 - 兵庫県

脚注[編集]

  1. ^ 群馬県県議会. “議第1号議案 - 群馬県スポーツ振興条例”. 2013年6月29日閲覧。
  2. ^ 2013年現在のぐんまちゃんは2代目であり、初代とは異なる。

参考文献[編集]