中川運河

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中川運河(名古屋市中川区昭和橋にて)

中川運河(なかがわうんが)は、愛知県名古屋市港区名古屋港から、中川区の旧国鉄笹島貨物駅(1986年11月1日廃止)[1]の間を結ぶために掘られた運河[2]。昭和初期から30年代頃まで、名古屋地域における中心的な水上輸送路として活用された。

概要[編集]

従来この付近には中川(笈瀬川)と呼ばれる川が流れており[3]、悪水の排出がなされていた。名古屋城築城の際には石垣に使う石の輸送をそれを使って行った事があったとされる。

大正時代になると名古屋港が国際貿易港となるためには鉄道で運ばれた貨物を港まで運ぶ運河が必要と考えられるようになり、既存の水上輸送路である堀川による輸送にも輸送キャパシティの問題が生じていたことから、名古屋市都市計画事業の一環として中川運河の建設を決定した。1926年(大正15年)に起工され、1930年(昭和5年)に竣工[4]。並行して流れる堀川との連絡を図るため、東支線に松重閘門を設けた(1932年供用開始、1968年閉鎖、1976年廃止)。また、荒子川を運河化してそれと接続する計画も立てられた(1955年事業着手、1979年計画廃止)。

しかし中川運河には水源といえるようなものが存在しておらず、1926年にし尿を下水管に流して堀川などへ放流するようになっていたため、堀川と接続する中川運河も同様に水質が悪化[5]。これを改善すべく1937年(昭和12年)3月に名古屋港(中川口)から取水した海水を松重ポンプ所から導水する浄化実験が行われて急速に水質が改善した記録が残り[4]、現在も1日あたり7万立方メートルの導水が行われている[2]

1950年(昭和25年)の第5回国民体育大会では漕艇競技が行われるなどしたものの[4]高度経済成長に伴う沿線の人口増加などもあって昭和40年代には再び水質が悪化[2]ヘドロが大量に蓄積したドブ川となってしまった。その後は下水道の整備や排水規制・ヘドロの除去を行った結果、少しではあるが水質は改善されている。

1982年(昭和57年)の映画『泥の河』は中川運河でロケが行われた[6]

  • 全長:8.4km(1930年当時は7.1km)
  • 幅:36m~91m(随所異なる)
  • 水深:1.2m~3.6m(随所異なる)

環境の悪化と、改善への取り組み[編集]

名古屋市では、以前から中川運河の改善、活性化などに取り組んでいるが、数千から数十万匹の死魚の発生が毎年確認されている[7]。2006年(平成18年)の名古屋市環境局の調査では、夏期に上層水温が上昇することで比重や塩分濃度の違いが大きくなり、上・下層の攪拌が少なくなるのに加えて、プランクトンの死骸を分解する細菌の活動が活発化して下部の溶存酸素量が減少することなどが原因と考えられている[8]

橋梁[編集]

堀止のある名古屋市中川区運河町から河口の名古屋港までの8.4km間に14本のが架かる。また堀川への運河には3つの橋と、JR東海東海道新幹線東海道本線中央線名古屋鉄道名古屋本線の高架橋が架かっている。

いろは橋
中川橋

堀止から河口方向に記載

長良橋~いろは橋間の町名は一部を除き、運河の西側が“●船町”・東側が“●川町”に統一されている。(例:八熊橋の西側=富船町・東側=富川町)また、富船町の対岸が富川町、富船町の南にある清船町の対岸が清川町という様に、運河を挟んで向かい合う両岸の町同士に共通の字が付いている。

東支線(堀川への運河)に架かる橋

脚注[編集]

  1. ^ 現在のあおなみ線ささしまライブ駅南方付近
  2. ^ a b c 中川運河再生計画(案)”. 名古屋港管理組合 (2012年7月6日). 2013年3月20日閲覧。
  3. ^ 平成23年度調査研究 中川運河の新たな活用に向けて”. 名古屋都市センター (2012年7月21日). 2013年3月24日閲覧。
  4. ^ a b c これからの中川運河のあり方”. 名古屋商工会議所 (2009年2月13日). 2013年3月20日閲覧。
  5. ^ 三川浄化計画”. 名古屋市上下水道100年サイト. 2013年3月20日閲覧。
  6. ^ 北一色”. 名古屋を歩こう (2004年12月26日). 2013年3月20日閲覧。
  7. ^ 浮遊死魚処理”. 公益社団法人 名古屋清港会 (2015年5月15日). 2015年5月23日閲覧。
  8. ^ 中川運河の水質の季節変動について~死魚発生の原因究明に向けて~”. 名古屋市環境局水質部 (2012年4月2日). 2015年5月23日閲覧。