コンテンツにスキップ

瀬峰町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
せみねちょう
瀬峰町
瀬峰飛行場
瀬峰町旗 瀬峰町章
瀬峰町旗 瀬峰町章
廃止日 2005年4月1日
廃止理由 新設合併
築館町若柳町栗駒町高清水町一迫町瀬峰町鶯沢町金成町志波姫町花山村
栗原市
現在の自治体 栗原市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 宮城県
栗原郡
市町村コード 04526-8
面積 29.28 km2
総人口 5,344
推計人口、2005年3月1日)
隣接自治体 栗原郡:築館町高清水町
遠田郡:田尻町
登米郡:迫町
町の木 サクラ
町の花 フジ
瀬峰町役場
所在地 989-4592
宮城県栗原郡瀬峰町藤沢字下藤沢118-1
座標 北緯38度39分28秒 東経141度04分19秒 / 北緯38.65775度 東経141.07197度 / 38.65775; 141.07197座標: 北緯38度39分28秒 東経141度04分19秒 / 北緯38.65775度 東経141.07197度 / 38.65775; 141.07197
特記事項 世帯数:1,642世帯(2004年10月1日)
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

瀬峰町(せみねちょう)は、宮城県北部にあったである。2005年4月1日に栗原郡内全町村が合併し、栗原市となった。

地理[編集]

宮城県北部に位置する町である。町の中央を流れる小山田川を境に、北側が丘陵地、南側が平地である。

  • 河川:小山田川刈川
  • 年間平均気温:10.8℃(2003年)
  • 年間降水量:1,423mm(同上)
  • 年間日照時間:1,379.5時間(同上)

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

  • 1889年4月1日 市町村制施行により、藤沢村と大里村が合併し、藤里村(ふじさとむら)が誕生する。
  • 1951年4月1日 藤里村が町制施行し、藤里町となる。
  • 1951年4月2日 藤里町が町名変更により瀬峰町となる。
  • 2005年4月1日 栗原郡内全町村が合併し、栗原市となる。

行政[編集]

教育[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

かつて運行されていた鉄道[編集]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

祭り・イベント[編集]

関連項目[編集]