大和町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たいわちょう
大和町
Nanatsumori fromTaiwaYoshioka.jpg
Flag of Taiwa, Miyagi.svg Emblem of Taiwa, Miyagi.svg
大和町旗
1975年8月1日制定[1]
大和町章
1975年8月1日制定
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 宮城県
黒川郡
市町村コード 04421-1
法人番号 6000020044211 ウィキデータを編集
面積 225.49km2
総人口 28,357[編集]
推計人口、2021年4月1日)
人口密度 126人/km2
隣接自治体 仙台市富谷市黒川郡大郷町大衡村宮城郡利府町加美郡色麻町
町の木 もみじ
町の花 ツツジ
大和町役場
町長 浅野元
所在地 981-3680
宮城県黒川郡大和町吉岡字西桧木1番地の1
北緯38度26分14.4秒東経140度53分10.9秒
TaiwaTownOffice.JPG
外部リンク 公式ウェブサイト

大和町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

大和町(たいわちょう)は、宮城県中部、黒川郡に属するである。 2010年代の全国の市区町村人口減少傾向のところが多い中で、人口増加率が高い[2]

地理[編集]

宮城県中部、仙台市の北に位置する町である。

ほぼ真北が大衡村に、北西方が色麻町に、東方が大郷町に、南東方が利府町にそれぞれ接していて、町内中央部の東寄りの一角に富谷市が南方から突き出すような形で分立する、不規則な地形をしている。町役場はこれら大衡村と富谷市に南北から突き出された、回廊地帯のような一角(吉岡地区)に位置している。

土地利用面では、町面積の大半は穏やかな森林地帯に属し、先述の町役場を含めた一帯の東西を、吉田川が流れている。

歴史[編集]

九品寺の国恩記顕彰碑吉岡宿を救った9名)

町名の由来[編集]

「大きな和の町」を願ってつけられた名前である。

行政[編集]

  • 町長:浅野 元
  • 黒川地域行政事務組合(富谷市及び黒川郡内3町村、大和町、大郷町、大衡村で構成する複合一部事務組合)によって、病院、消防、し尿処理、ごみ処理の管理運営を行っている。

産業・経済[編集]

産業人口構成比[編集]

(平成12年国勢調査報告)

仙台北部中核工業団地[編集]

大松沢丘陵上に、地域振興整備公団と宮城県土地開発公社の共同事業により造成された。近くには同様に仙台北部中核テクノポリス構想に基づいて大規模内陸工業団地として開発された第二仙台北部中核工業団地(大衡村)や、これらの団地の機能を補完する流通業務を目的として造成された大衡工業団地(大衡村)、また、宮城県長期総合計画に基づいて県内物流機能を目的として造成された大和流通団地(町内)がある[注釈 5] [注釈 6] [注釈 7]

仙台北部中核工業団地内にある主な企業[編集]

郵便[編集]

なお、学苑(地名)の集配業務等の管轄は泉西郵便局となっている(当地には、宮城大学などが所在)。

金融機関[編集]

配列は、統一金融機関コード順。

姉妹都市・提携都市[編集]

まほろば連邦

地域[編集]

人口[編集]

Demography04421.svg
大和町と全国の年齢別人口分布(2005年) 大和町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 大和町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

大和町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

健康[編集]

  • 公立黒川病院

教育[編集]

大学[編集]

高校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

幼稚園[編集]

保育施設[編集]

隣接している自治体・行政区[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

道路[編集]

高速道路[編集]

  • E4 東北自動車道:鶴巣PA - 大和IC

一般国道[編集]

県道[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

施設[編集]

観光[編集]

地域の人々に愛されている「沢渡の榧の木」樹齢400年超

祭り[編集]

  • 輪くぐり(吉岡八幡神社・7月31日
  • やぶさめ(吉岡八幡神社・9月中旬)
  • 島田飴まつり(吉岡八幡神社・12月14日

イベント[編集]

  • 民謡「お立ち酒」全国大会(8月上旬)
  • 陶器まつり(11月3日
  • たいわ産業まつり

マスコットキャラクター[編集]

アサヒナサブロー
町の公式イメージキャラクター。伝説の大男「朝比奈三郎」がモチーフで、1993年に道路標識用のキャラクターとして誕生し[10]、2010年からは町のPRを担っている[11]
アサヒナ十三郎
アサヒナサブローの分身で弟分のキャラクター。モデルは「穀田屋十三郎」。江戸時代の大和町吉岡宿を舞台とした映画「殿、利息でござる!」の制作を切っ掛けとして2016年5月に誕生[12]。主に吉岡宿のPR活動に従事している。
ななちゃん・つもり君
大和警察署の交通安全防犯キャラクター。町内にある山「七ツ森」をモチーフとした女の子と男の子のペア[13]
オノ・オーノ:おのまる:七ツもみ:小野小カッコウ
2018年度に決定した[14]町立小野小学校の学校ゆるキャラ。それぞれ「オノ・オーノ/明るいもみじの妖精」「おのまる/賢い水芭蕉の妖精」「七ツもみ/わんぱくで強い七ツ森の妖精」「小野小カッコウ/賢い小野小の先生のようなキャラ」と、性格や特徴が設定されている[15]
仙台弁こけし
町内に本社を置いているエントワデザインによってプロデュースされた[16]仙台弁をしゃべるこけし。「いぎなし(とても)なまってる宮城のご当地キャラクター」がキャッチコピーで、2014年12月にLINEスタンプとTwitterでデビューし、2015年7月には河北新報PR大使、2016年3月には宮城県警採用広報キャラクターに抜擢されるなど活躍中。公式グッズも多数発売されている[17][18]

出身有名人[編集]

ゆかりの著名人[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 穀田屋十三郎とは高平重三郎のこと。
  2. ^ 大肝煎千坂半左衛門二男
  3. ^ 高平十三郎、高平十兵衛、高平善八元長、早坂屋新四郎、菅原屋篤平治、遠藤幾右衛門、遠藤周右衛門、千坂仲内、遠藤壽内
  4. ^ 遠藤周右衛門は十三郎の弟遠藤甚内(2代目)の子
  5. ^ 本社を相模原市から移転し2011年1月6日より操業を開始したセントラル自動車新宮城工場(2012年7月より、横須賀市より移転したトヨタ自動車東日本(従来の関東自動車工業)の本社を併設した宮城大衡工場となった)は、大衡村域の第二仙台北部中核工業団地に立地。
  6. ^ 2011年10月11日竣工・11月初旬より操業を開始した東京エレクトロン宮城新工場は当町内の仙台市泉区境となる小野地区「大和リサーチパーク」に立地。地下鉄泉中央駅東北自動車道泉ICが最寄りとなる。(注:泉区大沢地内にある建物は東京エレクトロン技術研究所)
  7. ^ 車載用電池を生産するパナソニックEVエナジーも大和流通・工業団地内に進出。

出典[編集]

  1. ^ 図典 日本の市町村章p37、大和町章及び大和町旗並びに町木及び町花に関する条例
  2. ^ [1]
  3. ^ 鳥屋八幡古墳
  4. ^ 吉岡義侠伝『国恩記』
  5. ^ 保福寺
  6. ^ 宮城 大和町で住宅に水流れ込む 消防近づけず NHK
  7. ^ 令和元年台風第19号による被害状況等について(第10報)p19 (PDF)”. 国土交通省. 2019年10月15日閲覧。
  8. ^ 七ツ森ふれあいの里(大和町)
  9. ^ 山田の湯
  10. ^ 全国町村会ホームページ 大和町観光PRキャラクター・アサヒナサブロー(2019年12月23日掲載、2021年2月24日閲覧)
  11. ^ 毎日新聞(毎日小学生新聞) 連載ゆるキャラらんど・アサヒナサブロー 宮城県大和町(2020年6月18日掲載、2021年2月24日閲覧)
  12. ^ アサヒナ十三郎 プロフィール 大和町公式HP>観光情報(2016年5月17日掲載、2021年2月24日閲覧)
  13. ^ 大和警察署のキャラクターができました! 大和警察署ホームページ(2021年2月24日閲覧)
  14. ^ 小野小学校の歴史-平成30年度(2018年度) 大和町立小野小学校ホームページ(2021年2月24日閲覧)
  15. ^ 学校ゆるキャラ 大和町立小野小学校ホームページ(2021年2月24日閲覧)
  16. ^ 「広報たいわ」2016年(平成28年)12月1日発行:664号 22・23面(pdfファイル) - 大和町ホームページ・平成28年広報たいわコーナー
  17. ^ Home>よみもの>エントワデザイン 暮らす仙台(公財公益財団法人・仙台市産業振興事業団)(2021年2月25日閲覧)
  18. ^ STUDIO>LINEスタンプで伝える方言の魅力、地域の魅力 活躍広げる「仙台弁こけし」 ITmedia NEWS(2016年1月18日掲載、2021年2月25日閲覧)
  19. ^ “宮城・大和町出身「DJポリス」 W杯警備で警視総監賞” (日本語). 河北新報. オリジナルの2013年6月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130618082031/http://www.kahoku.co.jp/news/2013/06/20130613t13035.htm 2021年4月26日閲覧。 
  20. ^ a b 先人に学ぶ生き方(2015-03-17)

参考文献

関連項目[編集]

外部リンク[編集]