同志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

同志(どうし)とは、同じ目的のために協力する仲間を指す言葉である。中でも、社会主義革命と言う志を同じくする仲間である革命同志のことか、性的な意味で志を同じくする仲間である同性愛者(男同志、女同志)のことを指す。

本項目では「革命同志」について解説する。

概要[編集]

フランス革命時、Camarade という言葉が革命勢力により使われ始めた。それまでの monsieur (我が主)や madame(我が婦人)に代えて、使用される。

19世紀中頃より、社会主義運動において仲間を呼ぶ言葉としてヨーロッパで同志に当たる言葉が使われ始め、ドイツ語Kamerad英語Comrade が登場する。ロシアにおいても、別語源の товарищ が使用されるにいたり、1917年ソビエト連邦成立後に、広く使われるようになった(ソビエトのテレビニュース「ヴレーミヤ」や、11月7日の革命記念日の式典のテレビ中継でのアナウンサーやレポーターの視聴者への挨拶も「こんにちは、同志の皆さん!」(Здравствуйте,Товарищ!〔ズドラーストヴィチェ・タヴァーリシチ!〕)などであった)

中国では、孫文が同志 (tóngzhì, トンチー) という言葉を使い始めたとされている。1949年中華人民共和国成立後も、中国国内で広く使われるようになった。しかし、台湾において同性愛者間における呼びかけの言葉として同志が用いられ始め、1990年代以降は中国国内においても次第に同性愛者間の呼びかけの意味が強くなってきており、古参の共産党員以外ではあまり用いられなくなっている。党内部では2010年代においても「同志」の語が用いられ続けているが、一般社会では誤解を避けるため、革命同志に対しては“先生”か“女士”を使っておいた方が無難である。

日本では、字義通り「志を同じくする者」の意味で社会主義運動に関係なく用いられ、1875年建学の同志社英学校同志社大学などで知られる、のちの学校法人同志社)の同志に使用されたり、1913年成立の立憲同志会の名称にも用いられる。日本に社会主義思想が紹介されて普及するに従い社会主義的な意味を帯びるようになる。[要出典]

日本共産党は、委員長が党大会党中央委員会総会の幹部会報告などの場で党員を「同志」と現在でも呼んでいる[1]。また、新しく日本共産党に入党した人間は、「(姓名)同志 あなたの入党を心から歓迎します」と書かれた「入党承認証」を受け取る。共産党に限らず新左翼でも同様に「同志」の呼称は使われている[2]

日本でも「同志」の語が同性愛者の意味で使われることがある(例:男同志)。

各言語での「同志」[編集]

  • フランス語 
    • Camarade 〔カマラード〕
  • 英語 
    • Comrade 〔カムラッド〕
  • ドイツ語 
    • Kamerad 〔カメラート〕
    • Genosse, Genossin - Genosse 〔ゲノッセ〕 (男), Genossin 〔ゲノッスィン〕 (女)
  • スペイン語
  • イタリア語
    • Compagno 〔コンパーニョ〕
  • ロシア語
    • товарищ 〔タヴァーリシチ〕
  • 中国語
    • 同志 〔トンチー〕
  • 朝鮮語
    • 동지、同志 - 目上に用いる
    • 동무、同務 - 目下または同僚に用いる。本来は漢字表記のない固有語「トンム」で、同務は当て字

脚注[編集]