佐藤忠良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐藤 忠良(さとう ちゅうりょう、1912年7月4日 - 2011年3月30日[1])は日本彫刻家

新制作協会彫刻部創立会員。生き生きとした女性像などをブロンズや木彫で表現した。福音館書店版の絵本『おおきなかぶ』の挿絵なども手がけた。桑沢洋子の親友でもあり、教育者として東京造形大学において創立より多数の後進の教育に携わった。女優の佐藤オリヱは娘。

年譜[編集]

生前、日本芸術院会員に推薦され、文化功労者文化勲章の候補にも選ばれたが、本人は「職人に勲章はいらない」と語り、これら国家の賞を全て辞退した。

代表的な作品[編集]

主な作品収蔵先[編集]

主な彫刻作品の設置場所[編集]

北海道江別市にある榎本武揚像。佐藤の作品にしては「馬と人のバランスが悪い」と見られがちだが、道産子(北海道産馬)をモデルにしているため、馬が小さめになっている[2]
  • 『若い女』(1971年) - 平和通買物公園(北海道旭川市2条通7丁目)
  • 『若い女・夏』(1972年) - 平和通買物公園(北海道旭川市5条通8丁目)
  • 『亜古』- 旭川信用金庫東光支店(北海道旭川市東光9条4丁目)
  • 『人魚』- 北海道療育園彫刻の森(北海道旭川市)
  • 『子供』(1975年) - みどりと彫刻の道(兵庫県神戸市中央区楠町4)
  • 『帽子・裸婦』(1981年) - 花と彫刻の道(兵庫県神戸市中央区磯上通8)
  • 『若い女・シャツ』(1982年) - 神戸市庁舎1号館屋内(兵庫県神戸市中央区加納町6)
  • 『立つ少女』(1983年) - 日生劇場ロビー(東京都千代田区有楽町1)
  • 『シーズン・夏』(1984年) - 碧南市文化会館前(愛知県碧南市源氏神明町4)
  • 『人魚』(1990年) - リバーモール(兵庫県神戸市東灘区向洋町中6)
  • 『牧神』(1990年) - リバーモール(兵庫県神戸市東灘区向洋町中6)
  • 『平和の像』(1991年) - 若潮公園(千葉県浦安市美浜2-15)
  • 『ジーンズ』(1991年) - 下館駅前広場(茨城県筑西市乙86)

著書[編集]

  • 佐藤 忠良『つぶれた帽子ー佐藤忠良自伝』日本経済新聞社 1988年12月 ISBN-13: 978-4532094751
  • 安野 光雅:佐藤 忠良 『若き芸術家たちへ - ねがいは「普通」』 (中公文庫) 中央公論新社 2011年4月 ISBN-13: 978-4122054400

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 彫刻家、佐藤忠良さん死去 “帽子シリーズ” - 47NEWS(よんななニュース)
  2. ^ 『江別・北広島秘境100選』,2008,青木由直・編著,共同文化社,29「榎本公園」

関連項目[編集]

関連人物[編集]