佐藤忠良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

佐藤 忠良(さとう ちゅうりょう、1912年7月4日 - 2011年3月30日[1])は日本彫刻家新制作協会彫刻部創立会員。生き生きとした女性像などをブロンズや木彫で表現した。福音館書店版の絵本『おおきなかぶ』の挿絵なども手がけた。

桑沢洋子の親友でもあり、教育者として東京造形大学において創立以来多数の後進の教育に携わった。女優佐藤オリエは娘。作品のモデルを務めた笹戸千津子は弟子。

年譜[編集]

生前、日本芸術院会員に推薦され、文化功労者文化勲章の候補にも選ばれたが、本人は「職人に勲章はいらない」と語り、これら国家の賞を全て辞退した。また杉並区の名誉区民賞も辞退している[3]

代表的な作品[編集]

  • 『群馬の人』(1952年
  • 『微風』(1963年制作) - 名古屋銀行本店ロビー(名古屋市中区錦)に設置されている。
  • 『蒼穹』(1977年
  • 『夏の像』(1977年) - 幣舞橋(釧路市)「四季の像」の一つ。
  • 『若い女の像』(1984年
  • 『緑の風』(ーー年) - 台原森林公園(仙台市)記念広場内(ブロンズ228x100x67.5cm)。この像についてのコメントが残っている…「-緑の街・仙台-私はすぐ、透明で爽やかな緑の微風が、身体のまわりを過ぎてゆく街のことを思います。台原森林公園の高台を作品の場として与えられたとき私は、あの緑濃き稜線と池と花壇から流れてくる透明な風に向かって立つ、若くて健康な女性を作ろうと考えました。」
  • 『帽子』シリーズ など。
  • 支倉常長像』(世界各地にある。支倉常長#支倉常長の立体像参照)
  • 絵本挿絵作品として、福音館書店版『おおきなかぶ』(ロシア民話トルストイ編、内田莉莎子訳)などがある。

主な作品収蔵先[編集]

主な彫刻作品の設置場所[編集]

  • 『若い女』(1971年) - 平和通買物公園(北海道旭川市2条通7丁目)
  • 『若い女・夏』(1972年) - 平和通買物公園(北海道旭川市5条通8丁目)
  • 『亜古』- 旭川信用金庫東光支店(北海道旭川市東光9条4丁目)
  • 『人魚』- 北海道療育園彫刻の森(北海道旭川市)
  • 『ジーンズ』(1991年) - 下館駅前広場(茨城県筑西市乙86)
  • 『若い女の像』(1983年) - いずみ総合公園町民体育館[4]群馬県邑楽郡大泉町仙石3-22-1)
  • 『夏の像』・『冬の像』(1989年) - 大泉町文化むら[4](群馬県邑楽郡大泉町朝日5-24-1)
  • 『平和の像』(1991年) - 若潮公園(千葉県浦安市美浜2-15)
  • 『立つ少女』(1983年) - 日生劇場ロビー(東京都千代田区有楽町1)
  • 『冬の像』(1986年) - 京王電鉄井の頭線永福町駅(東京都杉並区永福二丁目)
杉並区永福に在住していたため、杉並区が購入し京王電鉄の協力を得て、最寄り駅の永福町駅に設置された。モデルは笹戸千津子である[3][5]
  • 『シーズン・夏』(1984年) - 碧南市文化会館前(愛知県碧南市源氏神明町4)
  • 『人魚』(1990年) - リバーモール(兵庫県神戸市東灘区向洋町中6)
  • 『牧神』(1990年) - リバーモール(兵庫県神戸市東灘区向洋町中6)
  • 『子供』(1975年) - みどりと彫刻の道(兵庫県神戸市中央区楠町4)
  • 『帽子・裸婦』(1981年) - 花と彫刻の道(兵庫県神戸市中央区磯上通8)
  • 『若い女・シャツ』(1982年) - 神戸市庁舎1号館屋内(兵庫県神戸市中央区加納町6)

著書[編集]

  • 佐藤 忠良『つぶれた帽子ー佐藤忠良自伝』日本経済新聞社 1988年12月 ISBN 978-4532094751
  • 安野 光雅:佐藤 忠良 『若き芸術家たちへ - ねがいは「普通」』 (中公文庫) 中央公論新社 2011年4月 ISBN 978-4122054400

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 彫刻家、佐藤忠良さん死去 “帽子シリーズ” - 47NEWS(よんななニュース)
  2. ^ 佐藤忠良 東文研アーカイブデータベース 東京文化財研究所
  3. ^ a b 永福町駅に「冬の像」が常設展示 2011年3月23日(水) 杉並区議会議員 横山えみ 活動報告、2018年7月6日閲覧。
  4. ^ a b ブロンズ像(佐藤忠良氏作品)”. 大泉町. 2016年12月7日閲覧。
  5. ^ 来年の春、永福町駅に佐藤忠良さんの彫刻が常設展示されます 市橋あや子 前杉並区議会議員 生活者ネットワーク、2010年1月14日、2018年7月6日閲覧。
  6. ^ 『江別・北広島秘境100選』, 2008, 青木由直・編著, 共同文化社, 29章「榎本公園」

関連項目[編集]

関連人物[編集]

外部リンク[編集]