DJポリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

DJポリス(ディージェイポリス)は2013年6月4日サッカー日本代表2014 FIFAワールドカップ・アジア予選においてワールドカップ出場を決めた夜、渋谷駅前で大勢のサポーターにユーモアを交えた話術でルールを守るよう呼びかけた警視庁機動隊員に対する愛称・通称。

概要[編集]

2013年6月4日、サッカー日本代表がオーストラリア戦にて、1-1の引き分けでワールドカップ(W杯)出場を決めた[1]。JR渋谷駅前は、警視庁による通行制限などの厳戒態勢が敷かれた[1]が、歓喜するサッカーファンが殺到し、駅前のスクランブル交差点は騒然となった[2]

午後9時半ごろ、スクランブル交差点の指揮車の上でマイクを握った男性隊員が、「こんな良き日に怒りたくはありません。私たちはチームメートです。どうか皆さん、チームメートの言うことを聞いてください」「皆さんは12番目の選手。日本代表のようなチームワークでゆっくり進んでください。けがをしては、W杯出場も後味の悪いものになってしまいます」「怖い顔をしたお巡りさん、皆さんが憎くてやっているわけではありません。心ではW杯出場を喜んでいるんです」などとユーモアを交えて呼びかけた[2][3]

男性隊員の発言に、路上からは喝采や笑いの声が起こり、一部で「お巡りさん!」コールも湧き上がった[2][4]。男性隊員も「声援もうれしいですが、皆さんが歩道に上がってくれる方がうれしいです」と返した[4]

渋谷駅前でこの日は1人の逮捕者やけが人もなく、大きなトラブルも起きなかった[5]

マイクを握って呼びかける男性隊員の姿はすぐにインターネット上に動画で流れ、「DJポリス」と呼ばれるようになり、ツイッターなどでは称賛が続いた[6]。その後、各新聞やテレビでも取り上げられるようになった。日本国外の一部ニュースサイトでは "DJ Cop" として紹介された[7]

正体[編集]

「DJポリス」の正体は、警視庁警備部第九機動隊広報係に所属する20代の男性隊員[2][6]。2012年9月に広報係へ異動し、2013年1月には警視庁内で行われた「機動隊警備広報協議会」で優勝[2][6]。広報技能検定試験では数人しかいない「上級」に合格していた[6]

2013年1月には初詣でごった返す明治神宮でハンドスピーカーを握り「みなさん、急がなくても神様は逃げません。急いでも御利益は変わりません」と落ち着いたユーモラスな声を掛けていた[6]

なお男性は、「今後の警備活動に支障がある」などとして氏名などの公表や個別の取材に応じていない[8]が、河北新報に本名と出身地(宮城県大和町出身)、家族構成(父親も警察官)などが掲載されたことがある[9]

影響・評価[編集]

群衆事故や警備に詳しい岡田光正大阪大学名誉教授は、「雑踏警備のあり方として非常に斬新な手法だ」と評価した[6]

警視庁は男性隊員(巡査)と、同じ広報係でありセンター街近くで活動していた20代の女性巡査長に警視総監賞を授与することを決定[10]し、西村泰彦警視総監が6月13日、警視総監賞を授与した[8]。表彰理由は「現場の状況と空気を読んだ巧みな話術がサポーターらの心を捉え、理解と協力を得られた。結果的に負傷者、逮捕者を出さないことに貢献した」であり、雑踏警備の功績で総監賞を贈るのは初めてであった[10]

6月11日付で、警視庁などとは関係ない都内在住の2人の男性が、「DJポリス」を特許庁商標出願した[11]。商品区分は「携帯電話機用ケース」「タブレット型コンピュータ用ケース」など[11]。審査の結果、同年9月18日付けで最終的に拒絶が確定したために商標登録には至らなかった[12]

7月25日、静岡県警察学校が採用試験受験希望者を対象に開いた「オープンキャンパス」では、注目度が高い雑踏警備を再現。参加者数人が車両の上に乗り、マイクを持って約40人を誘導する現場を体験させる[13]

2002 FIFAワールドカップ以来、渋谷駅前のスクランブル交差点は「大きなイベントがあるたびに乱痴気騒ぎが起こる」という悪いイメージが付きまとっていたが、DJポリスの登場が騒ぎの中にも秩序をもたらし、社会的にも好意的に受け取られるようになったと評する意見がある[14]

その後[編集]

2015年4月25日・26日に開催されたニコニコ動画のイベント「ニコニコ超会議」内、警視庁ブースにてDJポリスが出演[15][16]

2015年8月16日の東京都明治神宮外苑で行われた神宮外苑花火大会に登場、帰宅者を誘導しつつ、発言で爆笑を呼んだと報じられた[17]。また、翌日2015年8月17日の東京都江東区富岡八幡宮で行われた例大祭に登場、神輿以上に注目を集めた[18]

2015年10月31日の渋谷交差点にて23時過ぎ、ハロウィンの仮装者で溢れかえるスクランブル交差点で雑踏警備を行ったことが報じられた[19]。23時から終電が過ぎる0時過ぎまで雑踏警備を行ったが、DJポリスの知名度により一時通行人が周辺に集まり逆に横断歩道周辺が混雑状態に陥る場面も見られた[20]。翌2016年のハロウィンにも渋谷へ動員されている[21]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「サッカー:14年W杯予選 アジア最終 日本、5大会連続出場決定 列島、歓喜の一体感」、毎日新聞 東京朝刊、2013年6月5日、29頁。
  2. ^ a b c d e 「DJポリス:「皆さんは12番目の選手」 お巡りさん、機転アナウンス サッカーW杯予選、東京・渋谷の交差点警備で」、毎日新聞 東京朝刊、2013年6月6日、26頁。
  3. ^ 「 W杯 渋谷歓喜の夜 軽妙な語り 警官に喝采」、読売新聞 東京朝刊、2013年6月7日、38頁。
  4. ^ a b 「(天声人語)「DJポリス」の活躍」、朝日新聞 東京朝刊、2013年6月7日、1頁。
  5. ^ 「DJポリス:警視総監賞 サッカーW杯予選、東京・渋谷の交差点警備活動に大きく貢献」、毎日新聞 東京夕刊、2013年6月10日、10頁。
  6. ^ a b c d e f 「(ニュースQ3)「みなさんは12番目の選手」 心とらえた“DJポリス”」、朝日新聞 東京朝刊、2013年6月7日、37頁。
  7. ^ 'DJ Cop' at Shibuya crossing a hit on YouTube - Japan Today
  8. ^ a b 「DJポリスに警視総監賞」、産経新聞 東京朝刊、2013年6月14日、30頁。
  9. ^ 宮城・大和町出身「DJポリス」 W杯警備で警視総監賞 - 河北新報
  10. ^ a b 「DJポリスと女性隊員 警視総監賞授与が決定」、産経新聞 東京朝刊、2013年6月12日、26頁。
  11. ^ a b 「DJポリス:商標出願 都内の男性ら2人」、毎日新聞 東京朝刊、2013年7月4日、31頁。
  12. ^ 商標番号照会(入力画面)|J-PlatPat出願番号「2013-044758」を入力して経過情報参照
  13. ^ 「県警察学校:DJポリス体験も 25日オープンキャンパス 受験希望者対象、雑踏警備を再現 /静岡」、毎日新聞 地方版静岡、2013年7月4日、27頁。
  14. ^ 渋谷駅前が「荒れた所」から観光地化した事情”. 東洋経済オンライン (2017年7月20日). 2017年7月20日閲覧。
  15. ^ 「ニコニコ超会議」DJポリスが来場者をお出迎え&力士がゲーム実況に挑戦”. ライブドアニュース (2015年4月23日). 2015年11月1日閲覧。
  16. ^ あのDJポリスも実演…警視庁が「ニコニコ超会議2015」に出展”. ライブドアニュース (2015年4月17日). 2015年11月1日閲覧。
  17. ^ 神宮外苑花火大会にDJポリス現る 名言の数々に沿道は爆笑”. ライブドアニュース (2015年8月17日). 2015年11月1日閲覧。
  18. ^ DJポリスが富岡八幡宮の例大祭に登場し大盛り上がり 新人DJポリスの女性警官に助言も”. ライブドアニュース (2015年8月18日). 2015年11月1日閲覧。
  19. ^ ハロウィーン仮装あふれる「何だか騒ぎたくて」”. 読売新聞社 (2015年11月1日). 2015年11月1日閲覧。
  20. ^ コスプレ女性にカメラの列、マック赤坂も登場して... お祭り騒ぎの「ハロウィン前夜」渋谷を歩く”. J-CASTニュース (2015年10月31日). 2015年11月1日閲覧。
  21. ^ 【ハロウィーン2016】「そこの魔人ブウの方、記念撮影しないで」“博識”DJポリスに若者ら脱帽!?”. 産経ニュース (2016年10月30日). 2016年11月2日閲覧。