雑踏警備

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

雑踏警備(ざっとうけいび)とは、多くの人々が集中することによる群集事故・雑踏事故を防ぐための警備である[1]。イベントの主催者や警察、警備会社等が行う。警備会社の行う「雑踏警備」はあくまでも相手の任意的協力に基づくものであり、警察官交通巡視員の行うものと違って法的強制力は無い[2]

概要[編集]

雑踏警備の目的は、雑踏により発生する事故や混乱の防止である[3]。群集事故は、一度に多数の死者を出した事例もあり、その防止には注意が払われている。

特定または不特定多数の人員が集まる、展覧会や祭り、屋外イベント、スポーツイベント等が開催されている場所やその近隣での人員整理や誘導、案内を行い、歩行者の歩行路の確保や、過密状態の回避や緩和、不審物の発見、緊急時の対応等を行う[3]。事故や人員の滞留を防ぐために、事前の広報活動を含め、注意箇所への照明や案内板の設置、避難路の確保も行われる[3]

雑踏警備は、イベントの主催者や施設管理者、それらから委託された警備会社のみならず、必要に応じ、警察法第2条に基づき、警察によっても行われる。平成24年度には年間のべ48万8千人の警察官がこれら警備に動員されている[1]。別名催事警備(さいじけいび)とも言い、警備業法においては、第二条の第二号に規定されている警備業務であるため、二号警備または二号業務とも言われる。

雑踏警備中の警備員徳島県阿波おどり

警備会社の場合、従事者の大半はアルバイト契約社員であることが多い。警備会社がイベント会社から仕事を請け、当日、個別に現地へ派遣されることとなる(警備業務は人材派遣業とは異なる。労働者派遣事業の業者が本業務を行なう事は許されない)。

雑踏警備業務の事例[編集]

2001年(平成13年)7月21日に発生した、明石花火大会歩道橋事故は、警察などによる雑踏警備の失敗から惨事を引き起こした事例として、現在でも挙げられている[1]。この事故をきっかけに2005年(平成17年)11月、警備業法と国家公安委員会規則が改正され、従来の常駐警備、交通誘導警備等警備業務検定に雑踏警備が新設された。

また、2013年6月4日サッカー日本代表2014 FIFAワールドカップ・アジア予選に関連して、渋谷駅前交差点に群衆が集合した際は、誘導の警察官が巧みな話術により、トラブルの抑止の務めた。この警察官は、DJポリスとのニックネームが付けられ、その功により、他の警察官とともに警視総監賞が授与された[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 平成25年警察白書
  2. ^ 警備業法第15条 警備業者及び警備員は、警備業務を行うに当たつては、この法律により特別に権限を与えられているものでないことに留意するとともに、他人の権利及び自由を侵害し、又は個人若しくは団体の正当な活動に干渉してはならない。
  3. ^ a b c 兵庫県警 雑踏警備の手引き
  4. ^ 「DJポリスと女性隊員 警視総監賞授与が決定」、産経新聞 東京朝刊、2013年6月12日、26頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]