宇多丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宇多丸
出生名 佐々木士郎
別名 MC SHIRO、歌丸、宇多丸申し訳Jr.、ウタさん、宇多丸師匠
生誕 1969年5月22日(47歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都文京区
学歴 早稲田大学法学部
ジャンル ヒップホップ
職業 ヒップホップMC
DJ
ラジオパーソナリティ
アイドル評論家
映画評論家
活動期間 1989年 - (RHYMESTERとして)
レーベル starplayers Records、CONNECTONE
事務所 スタープレイヤーズ
共同作業者 Mummy-DDJ JIN
公式サイト RHYMESTER

宇多丸(うたまる、1969年5月22日 - )は、日本ラッパージャパニーズヒップホップ黎明期の1990年代前半から活躍するヒップホップグループ・RHYMESTERMC、マイクロフォンNo.1。本名、佐々木 士郎(ささき しろう)。FGメンバーでは最年長。ライターアイドル評論家映画評論家クラブDJラジオDJとしても活動。

来歴[編集]

東京都出身。巣鴨中学校・高等学校早稲田大学法学部卒業。

中学入学当初はサッカー部に入部するも退部。それ以降は帰宅部だったが、文化祭で友人らと共に、立花ハジメの音楽に合わせたプロモーションビデオを製作するなどしていた。

中高時代はブラックミュージックをはじめ、歌謡曲アイドルソングなど幅広いジャンルの音楽に触れる。近田春夫いとうせいこうが「日本語ラップ」を広めたのもこの頃であり、親しんだ洋楽と歌謡曲への興味がリンクしたのが「日本語ラップ」だったとしている。音楽活動を始めた経緯はなりゆきで、「日本語ラップ」が存在しなければ自分では絶対やっていないと発言している。

大学時代の1989年に「早稲田大学ソウルミュージック研究会ギャラクシー」にて坂間大介(現・Mummy-D)とともにRHYMESTERを結成。

1992年11月25日CRAZY Aが発売したミニアルバム『PLEASE』に収録されている「WATCH ME!」にEAST ENDと共に参加する。この曲がRHYMESTERにとって初のCDデビューの曲だった。

1993年4月25日RHYMESTERとして1stアルバム『俺に言わせりゃ』でインディーズデビューする。

1994年ヒップホップ専門音楽雑誌FRONTにて自身の連載『B-BOYイズム』を本名の佐々木士郎として開始する。ヒップホップグループサイプレス上野とロベルト吉野のMCサイプレス上野は佐々木士郎宛てに毎月手紙を送っていた[1]など同連載は多くのラッパー達に影響を与えた。

かつてはMC SHIRO歌丸名義で活動をしていた。毎年夏に開催されるB-BOY PARKMCバトルの司会など、古くから日本のヒップホップイベントに関わってきた。

2000年サブカル雑誌のBUBUKA5月号にて現在も続く長寿連載となる『マブ論』がスタートする。本連載は2008年7月3日に『ライムスター宇多丸の「マブ論 CLASSICS」 アイドルソング時評 2000~2008』として単行本化される。

2000年ヒップホップ専門音楽雑誌blastの5月号にて宇多丸、前原猛、高橋芳朗、古川耕、郷原紀幸による座談会コーナー『ブラスト公論』がスタートする。2006年3月1日に単行本化されたが後に品切れになるが、2010年3月19日に増補新装版として復刊する。

2001年11月7日RHYMESTERの4thシングル「ロイヤル・ストレート・フラッシュ」でKi/oon Musicよりメジャーデビューを果たす。

2004年4月6日スペースシャワーTVの音楽番組『BLOCKS』内の1コーナーとしてキングギドラのMCK DUB SHINEと共にトーク番組第三会議室をスタートさせる。

2006年1月21日漫画家でもある杉作J太郎が監督した映画『任侠秘録 人間狩り』に出演し映画デビューを果たす。同作品の主題歌はRHYMESTER2004年2月4日に発売したアルバム『グレイゾーン』に収録されている「グレイゾーン」

2007年1月27日TBSラジオにて単発の1時間番組『宇多丸独演会』を放送。後に同局で放送されるレギュラー番組『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』の布石になったとされる。

2007年3月31日RHYMESTERとして初の日本武道館でのライブを達成する。その後1年ほどRHYMESTERとしての活動を休止させる。

2007年4月7日TBSラジオにて自身の冠番組ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』の放送が開始される。

2008年4月6日、自身のラジオ番組ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』において後の看板コーナーとなる映画評論コーナー「ザ・シネマハスラー(現:週刊映画時評 ムービーウォッチメン)」がスタートする。第1回目に評論した映画は『カンフーくん』だった。

RHYMESTER以外の活動として、日本語DJ集団「申し訳ナイタズ」では宇多丸申し訳Jr.という名のDJとしても活動している。また、他のアーティストへの楽曲の作詞を手掛けたものとして、Skoop On Somebodyの「December」などがある。

音楽活動のほか、アイドルや映画の評論も手がけ、雑誌などに複数の連載を持ち、書籍化もされている。

趣味は映画鑑賞、DVD&書籍購入、モデルガン収集。また海外のビデオゲームやドイツ製のボードゲームも愛好する。自宅は趣味に関する収集物で溢れており、万年床であったが、2010年の結婚を契機に引越し、それらを整理することとなった。

2009年3月20日TBSラジオにてスタートした小島慶子がメインパーソナリティを務める『小島慶子 キラ☆キラ』の水曜パートナーとしてレギュラー出演。

2009年4月、日本国内の放送業界における優秀番組・個人・団体を顕彰する第46回ギャラクシー賞にて、パーソナリティを務めているラジオ番組『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』(通称「タマフル」)での業績を評価されてのDJパーソナリティ賞を受賞。

2010年1月、喉のポリープの除去手術を行い1ヶ月活動を休止する。その間自身のラジオ番組を番組スタッフ、小島慶子西寺郷太吉田豪K DUB SHINE小西克哉Mummy-Dなどが代わりに担当した。(本人は喋れないがカンペなどで放送に参加)

2010年2月27日、自身のラジオ番組ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』の映画評論コーナー「ザ・シネマハスラー」が『TAMAFLE BOOK 「ザ・シネマハスラー」』として書籍化される。

2010年4月16日フジテレビ系列局にて放送されていた『1924』のMCを務める。自身にとって初の地上波でのレギュラー番組であった。

2011年2月10日、一般人女性との婚姻を発表。

2011年4月2日TOKYO MXにて放送されていた『5時に夢中!サタデー』に浅草キッド玉袋筋太郎などと共にレギュラー出演。玉袋筋太郎とは後に同局で放送される『バラいろダンディ』でも共演を果たす。

2011年12月桂歌蔵が仲介人になり、以前から無断で使用していた宇多丸(うたまる)という名前に対し桂歌丸本人に許可を取る。その時の様子が2011年12月17日に放送された自身のラジオ番組『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』にて放送された。[2]

2012年1月13日BSジャパンにて放送されていた『ギルガメッシュLIGHT』にR&BシンガーであるSILVAなどと共にレギュラー出演。同番組では後に大ブレークを果たす壇蜜などが出演していた。

2012年3月28日、自身のラジオ番組ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』のビデオ映画『タマフル THE MOVIE ~暗黒街の黒い霧~』を発売。監督はSR サイタマノラッパーシリーズで知られる入江悠が担当した。

2014年4月2日TOKYO MXにて放送されていた『ニッポン・ダンディ』の後番組『バラいろダンディ』に水曜レギュラーとして出演する。

2014年11月5日BSジャパンにて放送されていたドキュメンタリードラマ強靭ボディSEXYボディ』にMr.ブルーバック役として出演する。自身にとってこれが初のドラマ出演である。

2015年3月27日、自身のラジオ番組ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』内の特集コーナー「サタデーナイト・ラボ」をまとめた書籍『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル “神回”傑作選 Vol.1』が発売される。

エピソード[編集]

  • 父親は精神科医の石川信義。デビュー前にもかかわらず、ブッダブランドの存在を知っており、「CDはいつ出るんだ?」と発言し、宇多丸を驚かせた[3][4]
  • RHYMESTERの元メンバーDr.LOOPERとは中高時代の同級生である。
  • 初めて人前でライブしたのが高校の学園祭で、友人のDr.LOOPERと共にザ・ぼんちの『恋のぼんちシート』を歌った。その時のグループ名は“ウクレールP”である。
  • 「早稲田大学ソウルミュージック研究会ギャラクシー」では部長を務めた。ちなみにRHYMESTERのメンバーは3人とも部長を務めている。
  • スキンヘッドにした理由について、若き頃に漫画『AKIRA』の鉄雄のようにツンツンに髪を立てていたが、そのためにいつも前髪部分にベッタリ整髪料を付けて髪を固めていたので、前頭部の毛穴が死んでハゲ上がってしまい、やむなくスキンヘッドに移行したというという。
  • スキンヘッドのために使っているカミソリはジレット電撃ネットワークギュウゾウの勧めによる。
  • 1994年に大ヒットしたEAST END×YURI『DA.YO.NE』の歌詞にある「佐々木」とは宇多丸のことであり、PVにも出演している。
  • 2001年に『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングにRHYMESTERの3人で出演した際、モーニング娘。のTシャツを着て登場し、タモリに突っ込まれていた。
  • 三浦大知のファンであると公言しており(Folder時から)、2006年『No Limit featuring 宇多丸(from RHYMESTER)』に参加を果たす。mixi内のコミュニティ「だいちゃー増殖計画」にて「だいちゃー522号(名誉会員)」となる。
  • Perfumeをインディーズ時代から注目し、「アイドル界最後の希望」「Perfumeがダメならアイドルはもう終わり」と語っている[6]。「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」にしばしばPerfumeをゲストに招いているほか、Perfumeのアルバム『GAME』の収録曲「シークレット・シークレット」のPVでは真っ赤なスーツに金髪おかっぱ頭の司会者としてカメオ出演を果たす。
  • アニメ『ザ・シンプソンズ』の劇場版製作に際し、テレビ版で吹き替えを務めていた声優から芸能人に変更されたことに反対した著名人の1人である。同じく声優変更に反対するミュージシャン小宮山雄飛漫画家しまおまほと3人で、自身のラジオ番組で声優変更について激論をしている[7]
  • 2008年夏でのベストゲームに『Bully』を挙げている。その紹介とプレイスタイルを披露するため、『ファミ通Wave』DVDに2ヶ月連続で出演。表紙に自分の写真が小さく掲載されたが、「あのスネーク(MGS4)と同じ舞台に立てた!」と大変に喜んだ。
  • 『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』の前枠番組にK DUB SHINEが出演した際、K DUBが「ヒップホップ界の歩くWikipedia」と紹介されたことを受け、「歩くWikipediaって褒めてるの? 間違いだらけってことじゃん」と評している。
  • 女性アイドル歌手や歌謡曲の他にジャニーズ等の男性アイドルにも造詣が深く、櫻井翔とは携帯電話のメールアドレスを交換したり、ラップについても語り合う関係である。
  • 自らのラジオ番組にスチャダラパーを招き、デビュー当初からその実力に注目し、彼らのアルバムを発売日から買い、ライブに足を運んだりして、活躍ぶりを羨望すると共に嫉妬もしていた過去を彼らの前で語っている。宇多丸は未だに彼らと食事に行く時に、「あの時はキミ達が売れてて悔しかった」と、本人達の前で愚痴を言うことを暴露されている。
  • キューンレコード所属アーティストのブログアクセスのランキングページを、自らのブログに貼り付け、毎週その順位の変動を分析したり、明らかに異常な変動に関しては、不備を指摘している。RHYMESTERのブログはその中で常に上位に位置している。
  • 高校時代に駿台全国模試の現国で2位になったことを、今でもネタにしている。なお、苦手な物理では0点を取っている。
  • 芸名は桂歌丸及び宇多田ヒカルに由来する。理屈っぽい性格が『笑点』でいえば歌丸だという考えと、当時からスキンヘッドにしていたことに由来する。宇多という字は、当時宇多田ヒカルが流行っていたことから、そのまま借用した[8]。「歌丸」という表記から現在の表記に変えたのは、本家と勘違いされるためであり、現在でも勘違いされることがある。
  • ラジオ番組『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』内の映画評論コーナー「シネマハスラー」において、『ハート・ロッカー』の結末の解釈をめぐって町山智浩と論争に発展したことがある。『私の優しくない先輩』の批評に対しては、監督の山本寛が自身のブログにおいて反論を行った。また、同コーナーでは毎回映画に対して厳しい批評を展開しているが、実はわりと人より涙腺の緩いタイプの人間であり、2008年4月12日にO.A.された『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』の批評の際に自分自身を「ちょっと映画的にうまい見せ方があるだけで、『えっ? そんなに?』ってくらいボロボロ泣くタイプの人間なんですよ。」と語っている(本人曰く、1985年に日本で公開された映画『ビルマの竪琴』の予告編だけで8回も泣いたという)。
  • 『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』において、芸名を無断拝借していた桂歌丸と共演し、同じ芸名である「うたまる」を使用する許可を得る模様を放送した。その際に自己紹介ラップを披露した。

作品[編集]

客演[編集]

DJ[編集]

  • 『申し訳ないとフロム赤坂 アーバンMIX』(2008年4月16日
    1.宇多丸申し訳Jr.アーバンMIX1
    3.宇多丸申し訳Jr.アーバンMIX2

書籍[編集]

  • 『ライムスター宇多丸の「マブ論classics」 アイドルソング時評2000-2008』(白夜書房、2008年7月)
  • 『マイ☆メッセージ 〜20人のアーティストが今、最も伝えたいこと〜』(いそっぷ社、2004年6月) 共著:向井秀徳(Number Girl/ZAZEN BOYS)、木村世治(ゼペット・ストア)ほか
  • 『ブラスト公論 - 誰もが豪邸に住みたがってるわけじゃない』(シンコーミュージック・エンタテイメント、2006年3月、2010年3月に増補新装版刊)共著:前原猛高橋芳朗古川耕郷原紀幸
  • 『ザ・シネマハスラー』(白夜書房2010年2月) 編:TBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」

雑誌[編集]

  • blast』「B-BOYイズム」「怪電波フロム神保町」「ブラスト公論」(シンコーミュージック、創刊 - ) : 日本のヒップホップ界髄一の論客の呼び声も高い。
  • BUBKA』「マブ論」 : アイドル歌謡に関するコラム。
  • フリーマガジン『V.A.』「RHYMESTER宇多丸の ま〜たお前はTSUTAYAばかり行って!」(TSUTAYA、-2007年3月号)

その他[編集]

  • アメリカ産ヒップホップの日本盤CDライナーノーツを多数執筆(本名の佐々木士郎名義)。

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

インターネットテレビ[編集]

その他[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://tower.jp/article/series/2009/05/07/100047370 サ イ プ レ ス 上 野 の LEGEND オブ 日 本 語 ラップ 伝 説 第16回
  2. ^ www.tbsradio.jp/utamaru/2011/12/24520111217.html 『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』放送後記 第245回 (2011年12月17日)
  3. ^ 映画秘宝』2009年7月号 P.83
  4. ^ 石川は「閉鎖病棟の開放運動」の草分けであり、宇多丸が絶賛したドキュメンタリー映画『精神』に登場する山本昌知医師にも影響を与えた人物だという想田和弘監督ブログ
  5. ^ てるてるはるひ 父さん晴日を撮る。
  6. ^ TBSラジオ「RHYMESTER 宇多丸・独演会『世界一受けさせたい授業 アイドル編』」2007年1月27日。
  7. ^ 日経エンタテインメント!』2007年11月号(日経BP社
  8. ^ 博士の異常な鼎談』(2010年1月7日放送)
  9. ^ 宇多丸テレビドラマ初出演、痩せる方法を伝授”. 音楽ナタリー (2014年11月4日). 2016年1月18日閲覧。
  10. ^ 大塚食品公式HP『ボンカレーネオ誕生祭』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]