大和村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やまとそん
大和村
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 鹿児島県
大島郡
団体コード 46523-2
法人番号 7000020465232
面積 88.26 km²
総人口 1,453
推計人口、2017年10月1日)
人口密度 16.5人/km²
隣接自治体 奄美市大島郡宇検村
村の木 モッコク
村の花 タイワンヤマツツジ
大和村役場
村長 伊集院幼
所在地 894-3192
鹿児島県大島郡大和村大和浜100番地
村役場
外部リンク 大和村

大和村位置図

― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
マテリヤの滝
大和浜の群倉(ぼれぐら、穀物倉庫の集まり)

大和村(やまとそん)は、鹿児島県奄美大島にあるの1つで、大島郡に属する。

地理[ソースを編集]

奄美大島中央部に位置し、北岸で東シナ海に面する。

隣接市町村[ソースを編集]

地名[ソースを編集]

  • 今里(いまざと)
  • 大金久(おおがねく)
  • 大棚(おおだな)
  • 思勝(おんがち)
  • 国直(くになお)
  • 志戸勘(しどかん)
  • 津名久(つなぐ)
  • 戸円(とえん)
  • 名音(なおん)
  • 大和浜(やまとはま)
  • 湯湾釜(ゆわんがま)

歴史[ソースを編集]

近現代[ソースを編集]

行政[ソースを編集]

村長[ソースを編集]

  • 伊集院幼(いじゅういん げん) - 2009年8月就任。3期目[2]

村議会[ソースを編集]

  • 定数8[3]

予算[ソースを編集]

  • 平成28年度一般会計当初予算 - 26億1,857万8千円[3]

国の行政機関[ソースを編集]

産業[ソースを編集]

※ 日本のサトウキビ栽培発祥の地(現在、サトウキビ栽培はない)。

地域[ソースを編集]

人口[ソースを編集]

Demography46523.svg
大和村と全国の年齢別人口分布(2005年) 大和村の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 大和村
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
大和村(に相当する地域)の人口の推移
1970年 3,136人
1975年 2,733人
1980年 2,509人
1985年 2,419人
1990年 2,251人
1995年 2,092人
2000年 2,104人
2005年 2,013人
2010年 1,765人
2015年 1,530人
総務省統計局 国勢調査より

教育[ソースを編集]

小・中学校[ソースを編集]

村立中学校
  • 大和中学校(2011年平成23年)4月に大和、名音、大棚、今里、戸円の各中学校を廃止統合し、大和中学校として新設された[4]。)
村立小学校
  • 大和小学校
    • 湯湾釜分校
  • 名音小学校
  • 大棚小学校
  • 今里小学校
  • 戸円小学校

交通[ソースを編集]

バス路線[ソースを編集]

  • しまバス(旧道の島交通) - 60系統が奄美市名瀬方面(与儀又、小湊)と今里の間を1日平日は8往復、休日は6往復運行。各集落に1個所と大和役場前、大和の園の計13個所の停留所がある。

道路[ソースを編集]

主要地方道

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[ソースを編集]

出身者[ソースを編集]

関係者[ソースを編集]

  • 城南海(きずき みなみ。歌手) - 大和村観光大使、祖父母が居住[5]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 奄美群島国立公園 指定書及び公園計画書”. 環境省 (2017年3月7日). 2017年3月31日閲覧。
  2. ^ “大和村長に伊集院氏 無投票3選”. 南日本新聞. (2017年8月15日). http://373news.com/_news/?storyid=86397 2017年8月16日閲覧。 
  3. ^ a b 議会だより第59号(平成28年9月発行) (PDF) - 大和村議会
  4. ^ 南日本新聞 2011年3月9日 26面
  5. ^ 南海日日新聞、2015年11月16日

外部リンク[ソースを編集]