こけし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳴子 桜井昭二のこけし

こけしは、江戸時代末期(天保から嘉永期)頃から、東北地方温泉地において湯治客に土産物として売られるようになった轆轤(ろくろ)挽きの木製の人形玩具。一般的には、形の頭部と円柱の胴だけのシンプルな形態をしている。漢字表記については、名称の節参照。

概要[編集]

こけしは本来の発生時の様式に従って作られる『伝統こけし』と、これをもとに新規に発展した『新型こけし』に大きく分かれる。『伝統こけし』は産地・形式・伝承経緯などにより約10種類の系統に分類される。他方『新型こけし』には、工芸的な「創作こけし」と、東北に限らず全国の観光地で土産品として売られている「こけし人形」がある。

本来の玩具として発生したこけしは、幼児が握り易いように、胴の太さも子供の手に合わせた直径であった。したがって立たないこけしもあった。ただし、鳴子のこけしは、かなり初期の段階から、雛祭りの折に雛壇に飾るような使われ方をしたとみられ、立てて安定なように胴は太く作られていた。いずれにしても本来は湯治の土産物であり、子供の手に渡っておもちゃの人形、すなわち弄び物として使われたものであった。二つ折りの座布団にこけしを挟んで、それを背負いながらままごと遊びをする女児を良く見かけたという記録もある。江戸末期から明治の末年までが、おもちゃとしてのこけしの最盛期であった。

しかし、大正期になると、こけしは、キューピーなどの新興玩具に押されて衰退し、転業休業する工人も増えたが、一方でこのころから趣味人が好んでこけしを蒐集するようになり、子供の玩具から大人の翫賞物として継続してその命脈を保つことが出来た。東京名古屋大阪にこけしを集める蒐集家の集まりが出来て、一時休業した工人にも再開を促し、かなりの作者の作品が幸いにも今日まで残ることとなった。 大人の翫賞物として集められるこけしは、棚等に立てて並べられ、鑑賞される場合が多い。そのため、やや胴を太く作ったり、作並のように細い胴の場合には下部に倒れ防止用の台をつける等の工夫も行われた。伝統こけしといっても、その形態や描彩は時代の流行や、新型こけしの影響も受け、需要の要請に応じて幾分変化を遂げている。 一方で、蒐集家によっては、子供の玩具時代の古い様式を望むものもいて、その工人の師匠、先代。数代前の工人のこけしの型を、復元するよう依頼することも行われる。それらは誰それの型の復元こけしと呼ばれる。

毎年9月の第1土曜日曜には、宮城県大崎市鳴子において「全国こけし祭り」が開かれ、コンクールや工人の製作実演が行なわれる。 また5月3日から5日まで、宮城県白石市において「全日本こけしコンクール」が開催される。最も優れた作品には、最高賞として内閣総理大臣賞が授与される。10月には山形県山形市で「みちのくこけしまつり」が開催され、コンクールも行われる。この三つがこけしの三大コンクールと呼ばれる。

また、東日本大震災以降、東北への関心と共感が深まったことと関連して、若い人たちの間で、こけしを身近に置いて楽しむ風潮が生まれている。単に集めるだけではなく、気に入ったものを持ち歩いて、行く先々で風景、コーヒーショップ、車窓などにそのこけしを置いて写真を撮り、SNSで友達と共有したりする。また、独自の帽子や衣装をまとわせて写真を撮り共有する。とくに若い女子にそうした新しい楽しみ方を工夫する愛好者は多く、「こけ女」という言葉も生まれた。一方、こけし工人の中には、このような若い人たちの嗜好にあった新しい意匠を考えて作る者も現れている。

名称[編集]

こけしの名称は、各地によってすこしずつ異なっており、木で作った人形からきた木偶(でく)系(きでこ、でころこ、でくのぼう)、這い這い人形(母子人形説もある)からきた這子(ほうこ)系(きぼこ、こげほうこ)、芥子人形からきた芥子(けし)系(こげす、けしにんぎょう)などがあった。また一般に人形という呼び名も広く行われた。

「こけし」という表記も、戦前には多くの当て字による漢字表記(木牌子・木形子・木芥子・木削子など)があったが、1939年(昭和14年)8月に鳴子温泉で開催された全国こけし大会で、仮名書きの「こけし」に統一すべきと決議した経緯があり、現在ではもっぱら「こけし」という用語がもちいられる。

幕末期の記録「高橋長蔵文書」(1862年)によると「木地人形こふけし(こうけし)」と記されており、江戸末期から「こけし」に相当する呼称があったことがわかる。こけしの語源としては諸説あるが、木で作った芥子人形というのが有力で、特に仙台堤土人形の「赤けし」を木製にしたものという意といわれる。「赤けし」同様、子貰い、子授けの縁起物として「こけし」が扱われた地方もある。またこけしの頭に描かれている模様「水引手」は京都の「御所人形」において、特にお祝い人形の為に創案された描彩様式であり、土人形「赤けし」にもこの水引手は描かれた。こけしは子供の健康な成長を願うお祝い人形でもあった。

その一方、こけしの語源を「子消し」や「子化身」など堕胎や口減らしに由来するものとの俗説を言う人もいる。これは1960年代に詩人・松永伍一が創作童話の作中で初めて唱えたものとされている。しかし、松永以前の文献にはこの説を裏付けるような記述が見られない上、松永自身も工芸や民俗学などの専門知識を持っていなかった、自説の由来について説得力の有る説明が出来なかったなどとされ、その俗説が生まれた経緯については出典を含めて疑問が持たれている。単なる語呂合わせであるが、昔の貧困状況を説明する際に「こけし=子消し」(実際は、こけし≠子消し)がしばしば引用され、近年になって伝播する事となった。 こけしの語源やこけしに至る信仰玩具の変遷について、加藤理が平安時代の子供を守る信仰人形や東北地方の他の信仰玩具との関係から、「『あまがつ』とその歴史的変遷の考察-宮城県の郷土玩具との関係を中心に-」(日本風俗史学会紀要『風俗』第30巻3号)で詳しく分析・考察している。

発祥の背景[編集]

こけしの頭部を塗る

こけしが生まれるには、主に次の3つの条件が必要だったと言われている。1つ目は、湯治習俗が一般農民に或る種の再生儀礼として定着したこと。2つ目は、赤物が伝えられたこと。3つ目は、木地師が山から降りて温泉地に定住し、湯治客の需要に直接触れるようになったこと。

当時農民は国民の90%を占めていたが、特に寒冷地東北の農民にとって、湯治とは、厳しい作業の疲れを癒し、村落共同体の内外を問わず人々とのコミュニケーションを楽しむ重要な年中行事であった。太陽暦でいう1月末の一番寒い時期の「寒湯治」、田植えの後の「泥落とし湯治」、8月の一番暑い時期の「土用の丑湯治」など、年に2-3回は湯治を行ってリフレッシュしていたようである。

2つ目の「赤物」とは、赤い染料を使った玩具や土産物のこと。赤は疱瘡天然痘)から守るとされ、子供のもてあそび物としてこの赤物を喜んで買い求めた。赤物玩具を作る人のことも、赤物玩具を背負って行商に売り歩く人のことも赤物師と呼んでいた。赤物のもっとも盛んな産地は、小田原から箱根にかけての一帯であり、その手法が江戸の末期、文化文政から天保の頃に東北に伝わった。東北の農民達がさかんに伊勢詣りや金比羅詣りに行って、その途上、小田原、箱根の木地玩具(赤物)を見るようになったのがその契機といわれ、湯治場でも赤物の木地玩具を望むようになった。

3つ目の条件として、木地師が山から下りてくるようになった背景には、中世以降保証されていた木地師の特権、すなわちどこの山でも八合目以上の木は自由に伐採できるとされた特権が、江戸の末期になって各地の論山事件により失われたことにある。山から下りて湯治場に定着するようになった木地師は湯治客と接し、彼らの需要を直接知るようになる。いままでお椀、お盆、仏器、神器のように白木のまま出していた木地師が、湯治の農民達の土産物として、彩色を施した製品を作り始めるという大きな変化が起きた。 湯治場において農民が求めた赤物こけしは、心身回復と五穀豊穣のイメージが重なった山の神と繋がる縁起物であり、それを自らの村へと運ぶ象徴的な形象でもあった。それゆえこけしは単に可愛いというだけではなく、逞しい生命力を秘めており、現代においては大人の鑑賞品としても扱われるようになっている。

伝統こけしの系統[編集]

こけし十系統のうち、左より土湯系(阿部治助作)、弥治郎系(新山久治作)、遠刈田系(佐藤直助作)、蔵王高湯系(斎藤源吉作)、作並系(高橋胞吉作)。木人子室蔵。
こけし十系統のうち、左より鳴子系(佐藤乗太郎作)、肘折系(奥山喜代治作)、木地山系(小椋米吉作)、南部系(藤原政五郎作)、津軽系(三上文蔵作)。木人子室蔵。

伝統こけしは産地によって特徴に違いがあり、主な物は下記の各系統(主産地・県)に分類することが出来る。

土湯系(土湯温泉飯坂温泉岳温泉・福島)
頭部には蛇の目の輪を描き、前髪と、鬘の間にカセと呼ぶ赤い模様がある。胴の模様は線の組み合わせが主体。[1]
弥治郎系(白石市弥治郎・宮城)
頭頂にベレー帽のような多色の輪を描き、胴は太いロクロ線と簡単な襟や袖の手書き模様を描く。
遠刈田系(遠刈田温泉・宮城)
頭頂に赤い放射線状の飾りを描き、さらに額から頬にかけて八の字状の赤い飾りを描く。胴は手書きの花模様でを重ねたものが一般的、まれに木目模様などもある。
鳴子系(鳴子温泉・宮城)
が回るのが特徴。首を回すと「キュッキュ、キュッキュ」と音がする。胴体は中ほどが細くなっていて、極端化すれば凹レンズのような胴体を持つ。胴体にはの花を描くのが通常である。
作並系(仙台市作並温泉山形市米沢市寒河江市天童市・宮城、山形)
山形作並系ともいう。また山形を独立系として扱う場合もある。
頭頂に輪形の赤い飾りを描き、胴は上下のロクロ線の間に模様が描かれる。
蔵王高湯系(蔵王温泉・山形)
頭頂に赤い放射状の手柄を描くが黒いおかっぱ頭もある。胴はのほか、いろいろな植物を描く。
肘折系(肘折温泉・山形)
頭部は赤い放射線か黒頭で、胴模様は、石竹などが多い。
木地山系(木地山・秋田)
頭部には大きい前髪と鬘に、赤い放射線状の飾りを描く。胴は前垂れ模様が有名だが、のみを書いた古い様式もある。
南部系(盛岡花巻温泉・岩手)
おしゃぶりとして作られた無彩のキナキナが原型。簡単な描彩を施すものも作られる。キナキナ由来で頭がぐらぐら動くのが特徴。
津軽系(温湯温泉大鰐温泉・青森)温湯系ともいう。
単純なロクロ模様、帯、草花の他、ネブタ模様などを胴に描く。

これらの系統に含まれない伝統こけしも存在する。

こけしの工人については、工人中心の百科事典Kokeshi Wikiが詳しい。

保存方法[編集]

木の工芸品なので、湿気乾燥の影響が少ない環境で保存する。また退色を進行させる直射日光を避けることが望ましい。直射日光以外の光源として退色が早いのは、蛍光灯>白熱光(電球)>LEDの順。また、光に弱い染料は、紫>黄色>緑>赤>墨の順。墨は大体残る。一方、赤は湿気(水)に弱く、緑のほうが強い。現今の大部分のこけしは蝋で仕上げをしてあるが、それは湿気や手に色のつくのを防ぐためで退色防止にはあまり効果は無い。直射日光は色彩だけでなく木の劣化を進めるので、避けなければならない。湿度が高低すると、こけしが割れてしまったり、カビが生える原因となる。密閉した場所で高温になる環境は、蒸れてシミを生じさせることがある。

材料[編集]

1.みずき2.いたや(いたやかえで)3.びやべら(あおはだ)

こけしの形色々[編集]

1.基本形A.直銅(寸胴型)B.地蔵型太子型)2.形を表す別称(たちこ、ねまりこ、べっけ)

こけしの造り色々[編集]

1.造り付け2.挿し込み3.はめ込み4.その他4-1.キナキナ4-2.小豆入り(ガラガラ)

こけしの製作過程[編集]

1.原木伐採2.運搬3.乾燥4.玉切り5.木取り6.荒挽き7.かんな掛け(仕上げ挽き)8.仕上げ磨き9.漂白10.描彩11.仕上げ

こけしの製作道具[編集]

1.轆轤(1-1.網引きろくろ1-2.二の挽きろくろ1-3.一人挽きろくろ)2.動力轆轤(モーター応用ろくろ)3.鉋(3-1.ザラビキの為のウテカン3-2.平バイト《仕上げ用》3-3.中ひろがりの穴をくるホリカン3-4.クビリカンナ3-5.バンガキ

こけし応用品[編集]

こけしを利用した印鑑、印鑑入れなどを作る工人もいる。また、こけしの内部に手紙を入れて郵送できるようにした通信こけしと称するものも作られている。

また木地製品、例えば円形の蓋付きの容器にこけしの顔やキクの胴模様をあしらったこけし応用品もある。

こけしの倒れやすさを逆に利用して、地震で倒れると胴体部底面に埋め込まれた発光ダイオードが本体の傾きに反応して自動点灯する防災用こけしが発売されている[2]

東北自動車道福島栃木県境にこけしの絵柄の標識が使用されるなど、こけしがその産地のみならず東北地方全体の象徴とされる例がある。


こけしの会[編集]

参考文献[編集]

  • 天江富弥著 『こけし這子の話』 郷土趣味会、1928年。
  • 武井武雄著 『日本郷土玩具東の部』 地平社書房、1930年。
  • 西田峯吉著 『こけし風土記』 東京民芸玩具協会、1943年。
  • 鹿間時夫著 『こけし・人・風土』 築地書院、1954年。
  • 東京こけし友の会編 『こけし手帖』 東京こけし友の会 1955年~続刊中。
  • 深沢要著  『羨こけし』 未来社、1962年。
  • 鹿間時夫・中屋惣舜編 『こけし辞典』 東京堂出版 1971年。
  • こけしの会編 『木の花」 1~32号 こけしの会 1974~1983。
  • こけしの会編 『こけしの旅』平凡社 こけしの会 1976年。
  • 橋元四郎平著 『ふくしまのこけし』 福島中央テレビ、1978年。
  • 高橋五郎著 『癒しの微笑』 河北新報出版センター、2014年。

  

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

  • 伝統工芸品
  • マトリョーシカ人形
  • 独楽 - こけし製作と材料・工具が同じであるため、こけし製作と共に独楽製作をする職人も仙台市近辺には見られ、「喧嘩ゴマ」遊びが1970〜80年代にかけて流行したことがある。
  • 小野宮惟喬親王神社(通称「こけし神社」) - 宮城県白石市の弥治郎こけしの産地近くにある惟喬親王を祀る神社。
  • 千趣会 - OL向けのこけし販売から事業を開始、社名も「こけし千体趣味蒐集の会」を略したもの

外部リンク[編集]