由利本荘市立矢島中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
由利本荘市立矢島中学校
由利本荘市立矢島中学校
過去の名称 矢島町立矢島中学校
国公私立 公立学校
設置者 由利本荘市
校訓 自主・敬愛
設立年月日 1947年5月1日
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
所在地 015-0404
秋田県由利本荘市矢島町七日町字助の渕1-4

北緯39度14分0秒 東経140度8分40秒 / 北緯39.23333度 東経140.14444度 / 39.23333; 140.14444座標: 北緯39度14分0秒 東経140度8分40秒 / 北緯39.23333度 東経140.14444度 / 39.23333; 140.14444
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示
旧校舎の外観(2007年撮影)

由利本荘市立矢島中学校(ゆりほんじょうしりつやしまちゅうがっこう)は秋田県由利本荘市矢島町七日町にある市立中学校

概要[編集]

1947年(昭和22年)矢島町立矢島中学校として開校した。開校以来1958年(昭和33年)に新校舎が竣工するまで、矢島町立矢島小学校(現・由利本荘市立矢島小学校)の校舎の一部を借りて授業を行っており、同小学校と共通の校章にその名残があるとされる。2005年(平成17年)の由利本荘市発足にともない矢島町立矢島中学校から由利本荘市立矢島中学校の現校名へと改称された。2009年(平成21年)3月に新校舎が竣工しているが、これは秋田県立矢島高等学校と棟続きの同一の建物であり(矢島中学校は建物正面左側、矢島高校は建物正面右側)同年4月から中高連携校として新たに開校している。県立高等学校と市立の中学校が一体型校舎で連携するのは全国初の事例であるとされる。中高連携の共通テーマとして、立・錬・情が掲げられている。

施設概要[編集]

  • 所在地 秋田県由利本荘市矢島町七日町字助の渕1-4
  • 建築面積 約4,500 m2[1]
  • 延床面積 約6,053 m2[2]

沿革[編集]

  • 1947年(昭和22年)5月1日 - 矢島町立矢島中学校開校。開校当初は矢島町立矢島小学校の校舎の一部を使用していた。
  • 1957年(昭和32年)3月31日 - 新校舎第一期工事竣工。
  • 1958年(昭和33年)3月31日 - 新校舎第二期工事竣工、同年6月12日までに新校舎に完全移転する。
  • 1959年(昭和34年)5月31日 - 体育館竣工。
  • 1968年(昭和43年)4月1日 - 特殊学級を設置。
  • 1969年(昭和44年)3月22日 - 冬季寄宿舎竣工、1999年(平成11年)の冬まで使用された。
  • 1975年(昭和50年)6月30日 - プール竣工。
  • 2002年(平成14年)4月1日 - 2学期制を施行。
  • 2005年(平成17年)3月22日 - 由利本荘市発足にともない矢島町立矢島中学校から由利本荘市立矢島中学校へと改称。
  • 2007年(平成19年)10月20日 - 創立60周年記念式典。
  • 2009年(平成21年)1月19日 - 新校舎落成式。

参考資料[編集]

  1. ^ 矢島中学校改築事業(3ページ目) - 由利本荘市 2011年10月31日閲覧。
  2. ^ 広報ゆりほんじょうNO.97 2009(平成21年)4月1日号 - 由利本荘市 2011年10月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]