キャッフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キャッフィーとは、滋賀県にて2008年10月18日より4日間にわたって開催された、第21回全国スポーツ・レクリエーション祭『スポレク滋賀2008』のマスコットとして誕生する。滋賀県にある琵琶湖に生息するビワコオオナマズをモチーフとしてデザインされた。キャッフィーという名前は、ナマズの英名『キャットフィッシュ』に由来する。

本項目では、キャッフィーと同様にビワコオオナマズをモチーフにし、2024年に滋賀県で開催される第79回国民体育大会全国障害者スポーツ大会のマスコット「チャッフィー」についても記載する。

プロフィール[編集]

2007年4月27日に誕生する。性別は不明だが、自分のことを「ぼく」と呼ぶ。出身地は琵琶湖・竹生島付近。 性格は、チャレンジ精神旺盛、何事にも一生懸命で子ども好き。また、人を楽しませることが大好きである。その反面、のんびり屋でなまけ者でもあり、陸上では疲れやすいこともあり、目を離すとすぐに昼寝をしてしまう。苦手なことは場の空気を読むこと。好きなスポーツはサッカーエアロビクス。見た目のわりに運動神経がよく、トランポリンなどもこなすが、頭でっかちのせいか走るとよく転ぶ。好きな食べ物はエビ。得意技はエアロビの師匠から伝授されたキャッフィーターン。

キャッフィーが着ているタンクトップの『S』は滋賀県、スポーツの頭文字である。また、胸に「キャッフィー」と書かれたタンクトップを着たバージョンも存在。ファッションには気を使う方で、様々なシチュエーションに応じたコスチュームを着こなすが、メタボリックな体型のため全てがオーダーメイド。ときには口紅などメイクを施すこともある。出かけると必ず晴れる『晴れナマズ』だという噂がある。

着ぐるみはバルーンタイプで、複数体作成。開会式では10体のキャッフィーが同時に登場したが、全部で14体の兄弟がいるらしい。

『スポレク滋賀2008』終了後は『平成21年度全国高校総体(2009近畿まほろば総体)』において滋賀県で開催されるボートアーチェリー競技を盛り上げるためのPRに活躍。

2009年3月4日、滋賀県のイメージキャラクターとして任命され、先輩のうぉーたんと共に滋賀県と滋賀県のスポーツ振興のPRを担当することになった。

チャッフィー[編集]

チャッフィーは、2024年に滋賀県で開催される予定の第79回国民体育大会・全国障害者スポーツ大会のマスコット[1]2017年6月13日、滋賀県の広報・県民運動専門委員会において正式に決定した[2]。キャッフィー同様にビワコオオナマズをモチーフにしたマスコットで、2つ下の幼なじみの設定となっている[2]。デザインは、埼玉県狭山市のデザイナーによる応募作品[2]で、キャッフィーが青色に対してチャッフィーは赤色を使用している[1]。名前には人の心をキャッチするという意味も込められている[1]

なお、当初チャッフィーのデザインにはスカートを使用していたが[3]、スポーツにそぐわない[1]理由でスカートからズボンに変更した[3]。また、当初女の子の設定から性別をなくした設定にも変更している[3]

出演番組[編集]

関連グッズ[編集]

  • キャッフィーのおたよりセット(ポストカード10枚セット/ショッカー商店)
  • キャッフィー焼(道の駅アグリの郷栗東)
  • 目力UP!ぶる〜べり〜ジュース(株式会社いのうえ)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d チャッフィーよろしくネ デザイン、愛称決定 県キャラと国体PR”. 中日新聞プラス (2017年6月14日). 2018年11月4日閲覧。
  2. ^ a b c 滋賀国体のマスコットは「チャッフィー」 公募から決定、「キャッフィー」とともにPR”. 産経WEST (2017年6月14日). 2018年11月4日閲覧。
  3. ^ a b c 滋賀・国体キャラ スカート→ズボン 「性別不要」指摘で”. 毎日新聞 (2017年11月21日). 2018年11月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]