仙台89ERS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
仙台89ERS
SENDAI EIGHTY NINERS
愛称 ナイナーズ
所属リーグ 日本の旗 B.LEAGUE
カンファレンス B2 東地区
創設年 2005年
本拠地 宮城県仙台市
アリーナ Kamei Arena Sendai.jpg
カメイアリーナ仙台(仙台市体育館)
収容人数 5,700人
チームカラー ナイナーズイエロー
運営法人 株式会社仙台89ERS
代表者 デービット・ホルトン
ヘッドコーチ 桶谷大
公式サイト http://www.89ers.jp/
ユニフォーム
Kit body SENDAI 89ERS 18-19 HOME.png
1st ホームのジャージ
Kit shorts SENDAI 89ERS 18-19 HOME.png
チームカラー
1st
ホーム
Kit body SENDAI 89ERS 18-19 AWAY.png
2nd アウェイのジャージ
Kit shorts SENDAI 89ERS 18-19 AWAY.png
チームカラー
2nd
アウェイ
Kit body SENDAI 89ERS 18-19 3rd.png
3rd ナイナーズイエローのジャージ
Kit shorts SENDAI 89ERS 18-19 3rd.png
チームカラー
3rd
ナイナーズイエロー
テンプレートを表示
株式会社仙台89ERS
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
982-0012
仙台市太白区あすと長町1-4-30 S101
設立 2004年平成16年)5月2日
業種 サービス業
事業内容 バスケットボールの興行
代表者 デービット・ホルトン
外部リンク www.89ers.jp
テンプレートを表示

仙台89ERS(せんだいエイティナイナーズ、: SENDAI 89ERS, SENDAI EIGHTY NINERS)は、宮城県仙台市をホームタウンとしてB.LEAGUEに所属するプロバスケットボールチームである。

概要[編集]

チームの特徴[編集]

89ERSがホームタウンを置く宮城県仙台市は、日本野球機構東北楽天ゴールデンイーグルス日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)のベガルタ仙台も本拠地を置いている。仙台にある3つのプロスポーツチーム同士で、県内スポンサーを争奪し、金額ではイーグルスに、スポンサー数ではベガルタに広告が集中しており、よって89ERSは広告収入に脆弱性がある。このような経営基盤の弱さのため、89ERSは設立から赤字経営であり[1]、在籍している選手数もリーグ内で少なめであるが、2007-08シーズンには東地区1位となった。また、初めてとなるメインスポンサーである胸スポンサーの獲得にも成功した。運営費は、bjリーグ初年度の2005-06シーズンが約2億1000万円、Bリーグ初年度の2016-17シーズンが約4億1800万円だった(参照[2]

89ERSの休日のホーム戦の観客は、その過半数を女性が占め、30歳代次いで20歳代が多い[3][4]。これは、楽天の平日ナイターの観客が、男女半々で40歳代次いで30歳代が多く[5]、ベガルタでは男性が過半数で30歳代次いで40歳代が多い[6]のと比べて、観客層が若く、より女性が多い傾向が見られる。

2011年平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の影響により、1年間の活動休止を3月17日付の公式サイトにて発表。その後、2011-12シーズンについては「経済面などでの条件付」でリーグ戦に参加すると発表し、後に正式参戦した。

2018年度より、チームの経営権が、サプリメント製造会社のボディプラスインターナショナル(仙台市)に移行された。

ホームゲーム[編集]

レギュラーシーズン(リーグ戦)における、主催試合(ホームゲーム)での、年度別の1試合あたり平均観客数(人/試合)
レギュラーシーズン(リーグ戦)における、主催試合(ホームゲーム)での、年度毎の合計観客数(人)

bjリーグ時代[編集]

  • 括弧内の数字は、開催予定だった試合数。
レギュラーシーズン
ホームゲーム開催地 05-06 06-07 07-08 08-09 09-10 10-11 11-12 12-13 13-14 14-15 15-16
宮城県 ゼビオアリーナ仙台 地図 2012年10月完成 6 10 10 10
仙台市体育館 地図 20 12 6 18 20 12(18) 14 4 8 8 4
仙台市青葉体育館 地図 - 2 12 4 4 40(4) 10 12 4 4 8
とよま蔵ジアム 地図 - 2 2 2 2 20(2) - - - - -
塩竈市体育館 地図 - 2 2 - - - 2 - - - -
ホワイトキューブ 地図 - - - 2 - 00(2) - - 2 2 2
気仙沼市総合体育館 地図 - - - - - - - 2 - - -
ベイサイドアリーナ 地図 - - - - - - - 2 2 2 2
山形県 山形市総合SC 地図 - 2 - - - - - - - - -
ホーム試合数計 20 20 22 26 26 18(26) 26 26 26 26 26
平均観客数(人) 2,135 2,204 2,280 2,730 2,399 2,106 2,086 1,824 1,893 2,105 2,248
リーグ順位 4位 5位 東1位 東3位 東2位 - 東6位 東7位 東8位 東3位 東2位
プレイオフ
宮城県 仙台市体育館 有明コロシアム東京都
にて開催
- 2+1 - - - - 2
平均観客数(人) - 2,913 - 出場権
なし
出場権
なし
2,342
プレイオフ順位 4位 出場権なし 3位 1R敗退 1R敗退 1R敗退 1R敗退 1R敗退

Bリーグ時代[編集]

ホームゲーム
年度 所属
カテゴリー
レギュラーシーズン ポスト
シーズン
試合数 会場 観客数
カメイ ゼビオ 合計 1試合平均
2016-17 B1 30 24 6 72,568人/30試合[7] 2,419人/試合[7] [注 1]
2017-18 B2 30 22 8 64,566人/30試合 2,152人/試合
2018-19 B2 30 12 18
凡例
カメイ=カメイアリーナ仙台(仙台市体育館)
ゼビオ=ゼビオアリーナ仙台
特記事項
  • 2007-08シーズンは、仙台市体育館の改修工事[8]、および、同館でW杯バレーボールNHK杯フィギュアスケートなどが開催されたため、同館での試合数が減った。
  • 2010-11シーズンには、東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の影響で、予定の52試合中36試合でシーズンを終えた。ホームゲームは仙台市体育館での6試合およびホワイトキューブでの2試合の計8試合が中止になった[9]
  • 2012-13シーズンから、仙台市太白区あすと長町の「あすとスポーツタウン」内に完成したゼビオアリーナ仙台にメインアリーナを移転する予定となっていたが[10]、賃料及び貸借期間で折り合わず開幕カードを含む6試合のみでの使用となった[11]。代替会場は土日を中心にすでにスケジュールが埋まっていたため、ホーム開催の半数近くが平日開催となってしまい、観客動員数の大幅減少につながった[12]。一方、このシーズンは東日本大震災で被災した気仙沼市南三陸町でも公式戦を行った。
  • 2013-14シーズンから、旧bj最終の2015-16シーズンは年間の試合数ではゼビオが多かったが、仙台市体育館と青葉体育館を含めた仙台市内3カ所での分散開催だった。
  • Bリーグ発足後はカメイとゼビオの仙台市内2カ所のアリーナに集約したが、基本の本拠地はカメイに設定した。
  • 2018-19シーズンはカメイが改修工事の為、2019年1月までゼビオでのホームゲーム主催となった。(本拠地設定はカメイのまま)[13]

練習拠点[編集]

HALEOドーム(2012年10月)

仙台都市圏内にある以下の施設で行っている。

過去の練習拠点[編集]

チームカラー[編集]

  • チームカラーはナイナーズイエロー。補色にナイナーズレッド、ナイナーズブラック。

マスコット[編集]

  • ティナ(Tyna)
子どもの雄ライオン。8月9日生まれ、身長189cm、体重89kg。

チアダンスチーム[編集]

アリーナMC[編集]

過去にアリーナMCを務めた人物

  • 二瓶永莉
  • 菅野紀子(退任後、日下光夫人)
  • 庄司梨紗(アシスタントMC、2014-15~2015-16)

サポートソング[編集]

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
左胸
胸中央 ボディプラスインターナショナル HALEO 2009~ 2017-18シーズンを除く
背中上部 やまや やまや 2017-18シーズンを除く
パンツ前面右 七十七銀行 77BANK
パンツ前面左 宮城トヨタグループ MTG 2017-18~
パンツ背面右 株式会社ホテル佐勘 佐勘 2016-17~
パンツ背面左

過去のスポンサー

ユニフォームサプライの遍歴[編集]

チーム名の由来[編集]

チーム名は、チームの本拠地である仙台市に関する西暦年に由来する。

以上、2つの西暦の下2桁の「89年」という年が、仙台にとって始まりを象徴する数字であると考えられ、「89年の人々」を意味する英語の「89ERS」をチーム名とした。

なお、チーム名の英語表記は SENDAI EIGHTY NINERS であり、forty-ninersのように英語で一般的に見られるEIGHTYとNINERSの間のハイフンは不要である。2016年(平成28年)3月1日付で、運営会社の株式会社仙台スポーツリンクも、チーム名と同じ株式会社仙台89ERSへと社名変更した[15]

歴史[編集]

2008-09 プレシーズンマッチ 秋田県立体育館(2008年9月23日)

bjリーグ[編集]

2005-06シーズン

bjリーグ初年度の2005-06シーズンはマーマドゥ・ディオウフ、アンドレ・ラリー、マイケル・ジャクソンらフォワード陣が、得点、リバウンド、出場時間などでチームをリードした。
開幕当初、89ERSはリーグで首位に立ったが徐々に順位を落とし、シーズン中盤にディオウフを怪我で欠いて以降は苦戦が続いた。シーズン後半に元福岡レッドファルコンズのガード上山博之、元ABAでフォワードのジミー・ミギンズを獲得。シーズン終盤のプレイオフ出場争いで大分ヒートデビルズを振り切りシーズン成績18勝22敗で上位4位に入り、プレイオフ進出を決めた。攻守の要マイケル・ジャクソンはシーズンのベスト5に選ばれた。

プレイオフでは緒戦で大阪エヴェッサと対戦し敗退、三位決定戦では東京アパッチに敗れ初年度を四位の成績で終えた。

2006-07シーズン

プレイオフ争いを最後まで演じたが、2年連続出場はならず。

2007-08シーズン

少数精鋭を打ち出し、ボビー・セントプルーパトリック・ワーティーらが活躍。日本人選手の底上げも成功し、激戦の東地区を1位で通過する。プレーオフは初戦で東京Aに敗れるも3位決定戦でライジング福岡に勝利。プレーオフ初勝利を挙げた。

2008-09シーズン

フォワード・センターはボビー・セントプルークリス・ホルムを中心とした外国人選手、ガードはキャプテンの日下光、アウトサイドのシュートを得意とする高橋憲一、このシーズンよりJBL東芝よりドラフトで加わった志村雄彦を中心に起用。レギュラーシーズンで東地区3位となり、カンファレンスセミファイナルで東京A(東地区2位)と対戦したが2連敗で敗退。

2009-10シーズン

2月13日の琉球ゴールデンキングス戦ではbjリーグの1試合最少得点記録となる48点しか取れずに敗戦。(しかしこの記録は翌日に富山グラウジーズによって更新された)

レギュラーシーズンの成績はチーム史上最高勝率を記録して東地区2位となる。カンファレンスセミファイナルはレギュラーシーズンでの対戦成績が5勝1敗と相性の良かった新潟アルビレックスBB(東地区3位)をホームに迎えて行われたが、第1戦を落とす。翌日の第2戦は勝利したが、続く第3戦で敗れてファイナル4進出はならなかった。

2010-11シーズン

マック・ホプソンや前大分のマイク・ベル等を補強。シーズンでは東地区で2位をキープしていたが、3月11日に東北地方太平洋沖地震が発生。この地震の影響でチームは以後のシーズンの活動を休止し、リーグが定めた選手救済制度によりほとんどの日本人選手を他チームにレンタル移籍させる(例:志村→沖縄、日下→京都)こととした。

2011-12シーズン

先述のとおり各方面からの支援もあり、チーム始動がシーズン開始に間に合ったが、創設時から指揮を執っていた浜口炎HCが退任し、新HCにロバート・ピアスが就任した。

レギュラーシーズンは東地区6位で終えプレイオフに進出。

カンファレンスファーストラウンドは東地区3位の秋田ノーザンハピネッツと敵地で対戦して第1戦に勝利したが、2,3戦目に敗れて敗退。

2012-13シーズン

新たなホームアリーナとなったゼビオアリーナ完成後初のシーズンとなったがシーズン序盤から勢いに乗れずに下位に低迷。2月23日には成績不振を理由にロバート・ピアスHCが解任され、間橋健生GMがHC代行を兼任する事になった[16]。東地区7位でプレーオフ進出を6年ぶりに逃し[注 4]、平均観客数も2,000人を切りチーム史上最低となった。

2013-14シーズン

河内修斗を新たなHCとして迎えた。シーズン終盤までウェンデル・ホワイトが気を吐きプレイオフ進出争いに加わるも、最終盤で失速。東地区8位でシーズンを終え、2シーズン連続でプレイオフ進出を逃した。

2014-15シーズン

河内HCが続投。志村ら5名の日本人選手とホワイト、ハミルトン両外国人選手が残留。ケジュアン・ジョンソンレジー・オコーサらが加入した。だが、オコーサがリーグ指定のメディカルチェックを通過できなかったため契約合意に至らず、代わりにディリオン・スニードが入団したが、開幕直前に椎間板ヘルニアを発症し契約解除された。

開幕戦から3カードは外国人不足を否めず全て1勝1敗の成績だったが、新潟よりエイドリアン・モスを獲得すると、上昇の兆しをみせた。しかし、ハミルトンが怪我の影響により契約を解除。再び勝ち星を伸ばせなくなった。その後ジェラル・デービスが加入し、リーグ戦中盤から終盤にかけて、チーム新記録となる11連勝[17]同ホーム10連勝を達成するなど好調を維持。過去最高勝率となる.712、東地区3位という成績で、3季ぶりにプレーオフ進出。ジョンソンが得点、スティールで二冠を取り、さらにベスト5とチーム初のシーズンMVPを受賞した。しかしプレーオフでは6位の青森ワッツにホームで連敗してアップセットされシーズンを終えた。

2015-16シーズン

河内体制3年目。前年度主将の金子、高田が退団。主力だった和田が信州ブレイブウォリアーズに移籍。外国人もホワイトを除き退団した。新戦力は共に仙台高校出身の片岡大晴(前 NBLレバンガ北海道)と柳川龍之介(前 NBL・広島ドラゴンフライズ)、新潟より坂井耀平が加入。また、高岡大輔が3季ぶりに復帰した。外国人は、2011-12シーズンに岩手ビッグブルズに在籍していたジャーマル・ボイキン(ルーベン・ボイキンの実弟)とユタ大学出身のダリン・バチンスキーの2名が加入した。(当初はバチンスキーではなく、2010-11シーズンまで仙台に在籍していたクリス・ホルムの加入が決まっていたが9月に引退を表明し退団)

開幕直後は、ホワイトとボイキンの両外国人や片岡らの活躍で開幕7連勝マークするなどここ数年では上々のスタートをきった。ところが片岡が腰の負傷で1ヶ月近く離脱、志村も試合中ての接触で足を負傷するなど苦戦を強いられる状況であった。それでも新加入の坂井が穴を埋め、両外国人の奮闘もあり好調を維持した。11月にはさらなる成績の向上を目指してバチンスキーとの契約を解除し、新たに元福島ファイヤーボンズテレンス・シャノンを獲得した。

その後も勝ち星を重ね首位で折り返したが、リーグ後半戦に入ると信州、新潟に連敗し暗雲が立ち込めた。打開策として3月からシャノンをスタメンに抜擢すると、これが上手くはまりチームは再び勢いを増した。最終的に東カンファレンス2位でシーズンを終え、震災から復活して以降最高の成績を記録。また、MVPにはホワイトが選出され、昨年のジョンソンに続いて2年連続でMVPを輩出した。

プレーオフではシーズン通算で負け越していた信州に連勝。しかしカンファレンスセミファイナルでは、ホワイトの怪我が影響し秋田に2連敗。有明不出場という形でbj最後のシーズンを終えた。

B.LEAGUE[編集]

2016-17シーズン(B1 東地区)

新リーグ「Bリーグ」を1部で迎えるのに伴い、ユニフォームサプライヤーが官公からアシックスに変更。チーム創設から初の出来事になった。

3季ヘッドコーチを務めた河内修斗三遠ネオフェニックスのアソシエイトコーチ就任に伴い退団。間橋GMが急遽ヘッドコーチに就任した。

選手は田中、坂井、高岡(この年より仙台アシスタントコーチに就任)以外は残留。日本人は、前三菱電機(現名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)の坂本ジェイ熊谷宜之香川ファイブアローズから楯昌宗、石川海斗(2015-16シーズンは岩手在籍。16-17シーズン契約締結した香川からのレンタル移籍)が加入。外国籍は熊本ヴォルターズでセンターを務めたチリジ・ネパウエ、米ボナベンチャー大卒のルーキー、ディオン・ライトが加入した。しかし他のチームと比較し、低身長かつタレント不在のチーム編成が今後の戦いに響くことになる。

千葉ジェッツとの開幕戦を落としたものの2戦目を粘り勝ち、ホームでの北海道戦では連勝。幸先の良いスタートだった。ところが、昨季NBLトップ2の栃木ブレックスアルバルク東京に力の差を見せつけられてしまい4連敗。特に10月8日の栃木1戦目は前半を17得点に抑えられチーム最大の屈辱となった。東地区唯一のbj勢の秋田には連勝したものの、30日の北海道戦勝利後、12月17日の横浜ビー・コルセアーズ戦に勝利するまでチームワーストの12連敗を記録する。

その間、チームにフィットしなかったライトを契約解除し、昨季で退団したホワイトを呼び戻した。また、リーグ中断期間に開催された1月の全日本総合バスケットボール選手権ではベスト8を記録し上昇するかに見えた。

しかしbj勢との対戦が多かった年明けから3月中旬までの戦いを負け越してしまう。背景として、坂本が怪我で離脱しインサイドがかなり手薄になる事態が発生。さらに間橋ヘッドコーチと選手との間に溝ができ、チームとして建て直しが困難に陥ってしまった(河北新報より抜粋)。

2月末までに外国籍のグレッグ・マンガーノ、東海大九州の谷里京哉の2名を獲得したが、根本的な打開策とはいかず4月8日のアルバルク東京戦敗戦後は最下位に沈み、一度も浮上することなくそのままシーズンを終えた。また、連敗も最終節の栃木1戦目勝利まで2度目の二桁連敗となる10連敗を記録した。

B1残留プレーオフでは総合15位の富山とアウェイで対戦したが2連敗しB1での戦いを1年で終わることになった。

間橋HCは兼任のGM職を含み辞任。選手も日本人得点トップの片岡や4季在籍した佐藤と菊地、今季加入の楯と熊谷、外国籍3人の計8名がチームを去ることになった。

2017-18シーズン(B2 東地区)

石川が香川から完全移籍で仙台に残留、志村、柳川、谷里、坂本も残り大量移籍は防げた。(しかし坂本は腰のコンディション不良で前年に続き故障者リスト入り)

1年での昇格に向け、ヘッドコーチにWJBLトヨタ自動車アンテロープス元ヘッドコーチの後藤敏博が就任。新加入選手には、富山から嶋田基志東京エクセレンスから泉秀岳鹿児島レブナイズから藤田浩司、香川から溝口秀人が加入。外国籍は三遠よりオルー・アシャオル愛媛オレンジバイキングスよりクレイグ・ウィリアムス、ポルトガルのクラブよりアンジェロ・チョルを獲得しシーズンを迎えた。

序盤、初白星を開幕3戦目で挙げるなどB2でもなかなか勝利をつかめない状況に陥ってしまう。後藤HCは当初のディフェンス重視から早い展開のオフェンス重視のバスケに変更する。軌道に乗った矢先、アシャオルが膝蓋骨折の重傷を負い故障者リスト入りし(後に契約解除)、急遽坂本の復活(しかし2試合出場のみで再び登録抹消)及び短期契約で元山形ワイヴァンズロターナ・ウォーボを獲得するが、勢いは止まってしまった。

年明け、後藤HCと坂本の契約解除を発表。新指揮官にACの高岡大輔が就任(緊急事態であったが、選手OBからのHC就任はチーム初である)。新外国人に元群馬クレインサンダーズマーカス・クザンを補強し、2月には日本大学から新号健、特別指定で共に明成高校出身の白戸大聖(東海大学)と宮本滉希(明治大学)を獲得した。

高岡HCはディフェンス重視のバスケを目指したが、ターンオーバーや失点数の増加のみならずアタッカー不足による得点力不足により就任から7連敗を記録する。2月10日の愛媛戦で就任後初勝利を挙げるが以降目立った躍進は無く、3月25日の豊田通商ファイティングイーグルス名古屋戦での敗戦をもってB1昇格の可能性が消滅。結果的にシーズン地区4位に終わった。

シーズン終了後高岡HCは退任。谷里と外国籍3選手が退団し石川が信州へ、柳川が金沢武士団へ、嶋田が群馬へ、藤田が愛媛へ、溝口が北海道へそれぞれ移籍した。そして10年間近く在籍した志村が引退を表明した。(詳細は後述)

新体制移行

シーズン中の4月5日、来期よりチームの経営権がスポンサーを務めるサプリメントの製造・販売を行うボディプラスインターナショナル社に譲渡されることが明らかになった。翌6日、代表の中村が会見を開いて経緯を説明。理由として、今季業績が赤字になる見込みで、経営基盤の弱体化と資金不足により、人件費が確保出来なくなる危機を回避するためと挙げた。なお中村は代表を辞任し、所有株をボディプラス社に全て譲渡する。新体制はボディプラス社のデービット・ホルトンCEO(最高責任者)がオーナー、社長には、楽天野球団コンテンツ部社員の渡辺太郎が楽天を退職し7月に就任する。なお渡辺はかつて仙台市立仙台高等学校バスケットボール部で主将を務めており、志村雄彦の3学年先輩に当たる。同日、10年間在籍している志村が今季限りでの現役引退を発表した。理由として先輩であり親交のある渡辺の誘いが決めてだと述べた[18]。シーズン終了後、取締役とゼネラルマネージャーの就任が発表された。また、ホルトン氏と親交の深い元東北楽天ゴールデンイーグルスGMのマーティー・キーナートがGM補佐に就任した。

2018-2019シーズン(B2 東地区)

新運営陣による船出も、限られたクラブ予算の中で[19]新ヘッドコーチにB1大阪より桶谷大が就任。またアシスタントコーチには落合嘉郎(志村GMと高校時代の同級生、元白鴎大学バスケ部監督)が入閣。選手は泉、新号、白戸、宮本が残留。金沢より月野雅人、大阪より澤邉圭太安部潤B3降格の岩手より菅澤紀行が、外国籍選手はB1北海道よりダニエル・ミラー、前シーズンをGリーグのウィンディシティ・ブルズでプレーしたタイラー・ハリスが加入した。

スタッフと選手[編集]

現行ロースター[編集]

仙台89ERS ロースター
選 手 スタッフ
Pos # 名前 年齢 身長  体重 出身
PF 1 タイラー・ハリス 25 (1993/09/01 ) 2.08 m (6 ft 10 in) 103 kg (227 lb) アメリカ合衆国の旗 オーバーン大学 
C 5 ダニエル・ミラー 27 (1991/07/01 ) 2.11 m (6 ft 11 in) 117 kg (258 lb) アメリカ合衆国の旗 ジョージア工科大学 
PG 6 新号健 23 (1995/04/10 ) 1.75 m (5 ft 9 in) 73 kg (161 lb) 日本の旗 日本大学 
SG 7 澤邉圭太 23 (1995/03/05 ) 1.84 m (6 ft 0 in) 85 kg (187 lb) 日本の旗 大阪学院大学 
G 8 月野雅人 キャプテン 29 (1988/12/01 ) 1.78 m (5 ft 10 in) 78 kg (172 lb) 日本の旗 鹿屋体育大学 
F 10 菅澤紀行 31 (1987/02/03 ) 1.92 m (6 ft 4 in) 87 kg (192 lb) 日本の旗 鹿屋体育大学 
SG 11 白戸大聖 23 (1995/05/25 ) 1.82 m (6 ft 0 in) 78 kg (172 lb) 日本の旗 東海大学 
F 12 泉秀岳 26 (1991/11/27 ) 1.90 m (6 ft 3 in) 87 kg (192 lb) 日本の旗 順天堂大学 
PF 22 宮本滉希 23 (1995/07/25 ) 1.93 m (6 ft 4 in) 95 kg (209 lb) 日本の旗 明治大学 
G 32 安部潤 32 (1986/04/14 ) 1.78 m (5 ft 10 in) 73 kg (161 lb) 日本の旗 東海大学 
ヘッドコーチ
日本の旗桶谷大

アシスタントコーチ
日本の旗落合嘉郎
チームオペレーター
日本の旗近藤雄治
アスレティックトレーナー
日本の旗北村健
通訳
日本の旗鈴木泰輔

記号説明
  キャプテン チーム・キャプテン    Cruz Roja.svg 故障者
  (特) 特別指定選手    (S) 出場停止
  (帰) 帰化選手   (+) シーズン途中契約
外部リンク

更新日:2018年09月29日


チームスタッフ[編集]

成績[編集]

B.LEAGUE[編集]

仙台89ERS シーズン成績
レギュラーシーズン プレーオフ 天皇杯
# シーズン リーグ 地区 順位 勝率 ゲーム差 ホーム アウェイ 自地区 他地区 得点 失点 点差 総合 結果 備考 HC ref. 結果

1 2016-17 B1 6 14 46 (.233) 35(-) 7-21(.250) 7-25(.219) 9-27(.250) 5-19(.208) 4052 4786 -734 18  降格  間橋健生 [20]
2 2017-18 B2 4 21 39 (.350) 33(-) 12-18(.400) 9-21(.300) 12-18(.400) 9-21(.300) 4607 4830 -223 14 後藤敏博高岡大輔

ゲーム差:1位との差(PO圏との差)  地区1   # :ワイルドカード  QF :準々決勝  3決 :3位決定戦  SF :準決勝   FINAL :決勝 B1:9~14位はPOなし   チャンピオン   B2優勝   昇格   降格   残留  2018年09月29日更新


その他の試合

過去のリーグ戦[編集]

bjリーグ[編集]

シーズン レギュラーシーズン プレイオフ
結果
HC 備考
勝率 ゲーム差 得点 失点 得失点差 順位
2005-06 18 22 .450 13.0 75.1 79.5 - 4.4 4位 4位 日本の旗 浜口炎 bjリーグ初年度
2006-07 19 21 .475 10.0(3.0) 83.0 84.1 - 1.1 5位 出場権なし
2007-08 29 15 .659 - 88.0 84.8 + 3.2 東1位 3位 カンファレンス制導入
2008-09 31 21 .596 05.0 84.2 83.0 + 1.2 東3位 1R敗退
2009-10 35 17 .673 06.0 80.1 73.8 + 6.3 東2位 1R敗退
2010-11 24 12 .667 81.9 77.0 + 4.9 - 活動休止時点の成績
2011-12 25 27 .481 12.0 74.5 73.6 + 0.9 東6位 1R敗退 アメリカ合衆国の旗 ロバート・ピアス
2012-13 20 32 .385 16.0(6.0) 77.0 80.5 - 3.5 東7位 出場権なし アメリカ合衆国の旗 ロバート・ピアス
日本の旗 間橋健生(代行)
2013-14 24 28 .462 18.0(3.0) 82.5 81.9 + 0.6 東8位 出場権なし 日本の旗 河内修斗
2014-15 37 15 .712 4.00 86.1 77.2 + 8.9 東3位 1R敗退 PO進出枠拡大(6→8)
2015-16 37 15 .712 2.0 86.3 79.8 +6.5 東2位 SF敗退

ゲーム差は()外は1位、()内はプレイオフ圏との差をそれぞれ表している。

その他の試合
  • 東北カップ
    • 2012-13シーズン : 3位
    • 2013-14シーズン : 3位
    • 2014-15シーズン : 準優勝
    • 2015-16シーズン:4位
  • 国際親善試合
開催年月日 対戦相手 会場 結果
2013年9月8日 ドイツの旗 エッティンガー・ロケッツ・ゴタドイツ語版 ゼビオアリーナ仙台 ○ 81 - 73[22]

個人別タイトル[編集]

シーズンMVP

ベスト5

得点王

  • bjリーグ2014-15 ケジュアン・ジョンソン

アシスト

リバウンド

スティール

  • bjリーグ2014-15 ケジュアン・ジョンソン

フリースロー成功率

その他受賞[編集]

ベストブースター賞

  • bjリーグ2007-08
  • bjリーグ2014-15

ブースター[編集]

  • 2008-09シーズン ブースターキャプテン:本間秋彦
  • 2008-09シーズン ブースターユニット:SPLASH

ジンギスカンダンス[編集]

89ERSのホームゲームにおいて、必ず行われるダンスが「ジンギスカンダンス」である。ダンスといっても、タオルや手ぬぐいなどを使った、いたって簡単な振り付けである。しかし、その簡単な振り付けと、乗りやすいダンスミュージックである「ジンギスカン」との相乗効果によって、ブースターに非常に人気のあるダンスになっている。対戦相手のブースターにも好評であり、一緒に踊る光景も見受けられることがある。このジンギスカンダンスは、仙台89ERSの名物になっている。ジンギスカンダンスの模様は、プロバスケ! bjリーグtvにて紹介された。

放送・メディア[編集]

レギュラー番組
  • GO!GO!仙台89ERS」(J:COM 仙台キャベツ、2017年2月15日スタート。毎月15日に内容更新で毎日時間を変えて放送。)

また、東日本放送「もえスポ」、仙台放送「スポルたん!Live」、ミヤギテレビ「ミヤテレスタジアム」に選手がゲスト出演する他、在仙5局が試合のダイジェストを主に月曜または火曜の夕方のニュースにて取り上げている。

過去のレギュラー番組
  • 「bj SUPER RADIO~We Love Basketball」(Date fm、毎週金曜21:30~21:55)
過去のレギュラーコーナー
過去のゲスト出演

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ B1残留プレーオフ・富山グラウジーズ戦はアウェーゲームのみ
  2. ^ エスアールジータカミヤ スポーツパークあすと長町」に2011年(平成23年)6月3日にオープンした「89ERSドーム」は、ボディプラスインターナショナル(仙台市)が命名権を取得し、同年8月1日より「HALEO DOME」(HALEOドーム/ハレオドーム)を優先的に使用する呼称とした。
  3. ^ 1889年明治22年)4月1日に市制を敷いた都市は、仙台市を含めて31ある。→市制
  4. ^ 震災によってシーズン中に活動休止となった2010-11シーズンを除く。

出典[編集]

  1. ^ bj仙台 経営苦戦 真の強敵は3季連続「赤字」(河北新報)
  2. ^ B.LEAGUE 2016-17シーズン(2016年度) クラブ決算概要
  3. ^ 新しいスポーツ・エンターテイメントの魅力(仙台市「仙台New」第13号)
  4. ^ 仙台89ERS ホームゲームにおけるアンケート結果(宮城県)
  5. ^ 楽天イーグルス ホームゲームにおけるアンケート結果(宮城県)
  6. ^ ベガルタ仙台 ホームゲームにおけるアンケート結果(宮城県)
  7. ^ a b バスケットボールプラザ No.74 (PDF)日本バスケットボール振興会 2017年6月)
  8. ^ 仙台89ERSが宮城県に及ぼす経済波及効果について(宮城県 2009年5月21日
  9. ^ ホームゲームチケットの払い戻しについて(仙台89ERS 2011年3月24日)
  10. ^ あすと長町に(仮称)ゼビオアリーナが立地することが決まりました(仙台市「市長記者会見」 2010年10月12日)
  11. ^ “bj仙台 新拠点6試合のみ 施設使用料定まらず”. 河北新報. (2012年6月13日). http://www.kahoku.co.jp/spe/spe174/20120613_01.htm 
  12. ^ 誤算迷走-bj仙台プレーオフ逃す(下)再起への道/失敗できぬ戦力強化 河北新報(2013年5月2日)
  13. ^ 2018-19シーズン試合日程発表(仙台89ERS 2018年7月9日)
  14. ^ “2018-19シーズン ユニフォームデザイン決定!サプライヤーはファナティクス・ジャパン!” (プレスリリース), 公式サイト, (2018年8月10日), https://www.89ers.jp/news/detail/id=7587 2018年8月14日閲覧。 
  15. ^ “【お知らせ】社名変更のお知らせ” (プレスリリース), 仙台89ERS, (2016年3月1日), http://news.89ers.jp/?eid=2038 2016年3月2日閲覧。 
  16. ^ 【お知らせ】ヘッドコーチ契約解除のお知らせ”. 仙台89ERS (2013年2月23日). 2013年2月23日閲覧。
  17. ^ <bj仙台>初の11連勝 河北新報(2015年4月12日)
  18. ^ 仙台89ERSのシンボル、志村雄彦が引退「27年間幸せなプレイヤー人生でした」
  19. ^ David HaltonさんはInstagramを利用しています:「GRIND 昨夜仙台89ersの歴史上初めて東北アーリーカップで優勝した。東北チャンピオンB1チームの秋田を何とか下しこのアーリーカップ決勝戦で優勝した2番目のB2チームだ。 . 実際秋田は昨シーズンB2チームとして初めて優勝したチームなのだ。 .…」” (日本語). Instagram. 2018年9月14日閲覧。
  20. ^ STANDING”. bleague.jp (2017年5月7日). 2017年5月7日閲覧。
  21. ^ “大会概要 | 第94回天皇杯・第85回皇后杯 全日本バスケットボール選手権大会”. 第94回天皇杯・第85回皇后杯 全日本バスケットボール選手権大会. (2018年7月8日). http://zennihon2018-19.japanbasketball.jp/profile/ 2018年8月3日閲覧。 
  22. ^ 【試合結果】エッティンガービール日本発売記念やまやプレゼンツ日本・ドイツ国際親善試合 仙台89ERSニュースリリース(2013年9月9日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]