ナショナル・バスケットボール・リーグ (日本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナショナル・バスケットボール・リーグ NBL
今シーズン・大会:
NBL 2013-14
分類 バスケットボール
開始年 2013年
代表理事 丸尾充
特筆点 日本バスケットボールリーグ(JBL)から改組
参加チーム 12
日本の旗 日本
前回優勝チーム アイシンシーホース三河
公式サイト NATIONAL BASKETBALL LEAGUE
テンプレートを表示

ナショナル・バスケットボール・リーグNational Basketball League)は、日本バスケットボール協会(JBA)が中心となり2013年より始動した男子バスケットボールのトップリーグである。略称はNBL。マスコミ報道ではナショナルリーグと略されることが多い。一般社団法人日本バスケットボールリーグが統括する。

概要[編集]

リーグ名は「我が国のトップリーグとして確固たるリーグ」とする意志を表すべくNationalを使用し、「N」には「NEW」「NIPPON」も込められている[1]

下部リーグとして「ナショナル・バスケットボール・デベロップメント・リーグ(NBDL)」を設置する。

発足までの経緯[編集]

2005年に日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)が発足して以降、日本男子バスケットボールのトップリーグはbjリーグと日本バスケットボールリーグ(JBL)と2リーグが並立する状態が続いていた。これを見た国際バスケットボール連盟(FIBA)から「トップリーグは1国1リーグが望ましい」との要望を受けた日本バスケットボール協会(JBA)は2010年よりbjリーグ、JBLとの3者で統合新トップリーグ発足に向けた協議を開始。

新リーグは完全プロリーグとして始動させる予定であったが、企業チームがプロ化に難色を示したため、JBLと変わらないプロ・企業混在リーグとして発足させることになった。これに対しbjリーグ側は完全プロでないこと、事業性が担保されていないことなどを理由に反発、最終的にはbjリーグからの参入は千葉ジェッツ1チームのみにとどまり、トップリーグの統合は実現しなかった[2]。この様な経緯があったが、「日本唯一のトップリーグ」を標榜している。

初年度はJBL8チームを含む12チームの参戦が内定していた。ところが、参入の意向を示していたパナソニックトライアンズが休部検討のため不参加を申し入れた[3]。パナソニックから他社への譲渡などでチームが存続した場合は最優先で充てるが、それも実現しなかった場合は下部からの引き上げなども検討する方向であった[3][4]。その後和歌山県にパナソニックの受け皿として発足する新チームへの参加権譲渡が承認された[5]。そのチーム名は2013年2月8日に「和歌山トライアンズ」と発表された[6]。これに伴い初年度参加は12チームに決まり、内訳はプロ7実業団5となりチーム数でプロが上回った。1967年の第1回日本リーグ以来トップリーグにおいて参加チーム数でプロが上回るのは初。一方、bjリーグに属する大分ヒートデビルズが2012-13シーズン途中で消滅危機に陥った際、ヒートデビルズの存続のため運営に参加しようとしていた大分県バスケ協会に対し、NBLに参加するようアプローチをかけていたが、拒絶された[7]

沿革[編集]

  • 2008年 - JBA、JBL、bjリーグ参加の下に「トップリーグあり方検討委員会」を開設。
  • 2010年 - 「次世代型トップリーグの在り方」という形でJBAに提出された答申書に基づき「新リーグ準備室」を開設。
  • 2011年12月 - 参加チームの公募を開始
  • 2012年
    • 6月 - 初年度シーズンの参加12チームを決定。
    • 7月 - 「新リーグ準備室」から「新リーグ運営本部」に名称を変更。
    • 9月19日 - リーグ名「ナショナル・バスケットボール・リーグ(NBL)」とパナソニックの不参加を発表[1]
    • 12月19日 - パナソニックの和歌山プロバスケ球団設立準備組織への参加権譲渡を承認。
  • 2013年
    • 1月 - 主に新規参入チームの戦力を目的とした合同トライアウトを開催。
    • 2月8日 - 和歌山プロバスケ球団設立準備組織が創設するチームを「和歌山トライアンズ」と発表。
    • 3月6日 - 2014-15シーズン新規参入の公募を開始[8]
    • 7月1日 - 一般社団法人日本バスケットボールリーグ設立[9]
    • 7月10日 - デイトリックつくばがNBL参加を撤回。これに代わり同じくつくばを本拠とする新チームのNBL参入が決定。
    • 7月20日 - デイトリックに代わる新チームの名称が「つくばロボッツ」に決定。
    • 8月9日 - 広島県を本拠とするチームの2014-15シーズンからの新規参入を発表[10]
    • 9月28日 - 開幕。
  • 2014年
    • 5月24日 - 東芝ブレイブサンダース神奈川が初代王者となる。
    • 10月29日 - 丸尾充理事長と山谷拓志専務理事が、つくばの経営悪化の責任を取り辞任。
  • 2015年

ルール[編集]

参加条件[編集]

NBLに参加するためには、チーム運営団体を法人化した上、NBLから移管された公式戦の主管を任せられることが条件となる。また、正会員は入会金500万円・年会費500万円、準会員は入会金100万円・年会費50万円を支払う。

チーム名にフランチャイズエリア内の「都道府県」名又は「区市町村」名を付与し、原則としてフランチャイズエリア内に練習施設を確保した上で、エリア内にてレギュラーシーズンのホームゲームを開催しなければならない。

リーグエントリー・サラリーキャップ[編集]

リーグエントリー(選手登録)は1チームに付き15名まで。うち外国籍選手は2名まで、帰化選手は1名までとする。

外国籍を含む全選手のサラリーキャップ(年俸総額)を1億5000万円に設定する(サラリーキャップ自体はJBLにも存在したが、金額などは公表されず、外国籍は対象外だった)。

選手は上限を4年とした複数年契約を可能とし、レンタル移籍も導入予定。

2014年1月よりアーリーエントリーも導入[14]

試合ルール[編集]

日本協会発行の「2013〜バスケットボール競技規則」に加え、以下にあげるNBLオリジナルルールも採用する[15]

  • 出場選手は12名。ゲームエントリー(出場選手登録)は「事前申請方式」と「事後確認方式」があり、初年度(2013-14)は選択することになるが、2014-15シーズン以降は事前申請に統一する。
事前申請方式:試合開始60分前にゲームエントリー12名を申告。
事後確認方式:試合開始時に登録選手全員がベンチ入りし、試合終了後にテーブルオフィシャルがオフィシャルスコアシートにて出場選手が12名以内であることを確認。13名以上出場していた場合は罰則の対象とする。
  • 外国籍選手のオンザコートをピリオドごとに定める。オンザコートルールに反して出場を試みた場合、1回目では警告、2回目以降はテクニカル・ファウル。
第1・第3ピリオド:2名
第2・第4ピリオド・オーバータイム:1名
  • これとは別に、外国出生で日本国籍帰化した選手についても、1チーム1名のみ出場が認められる。
  • ホームチームは1節(2試合)ごとにハーフタイムの時間を15分か20分で選択が可能。
  • 第2ピリオドと第4ピリオドの残り5分以降、最初にボールデッドになった場合に限り、自動的に90秒のオフィシャルタイムアウトに入る。チームタイムアウトが同時に申請されていた場合は、オフィシャルタイムアウトが優先される。
  • 次のいずれかに該当した選手又はチームスタッフには、出場停止処分が課される。
    • ディスクォリファイング・ファウル
    • 2回のテクニカル・ファウル
    • ヘッドコーチ自身の行為に対する2回のテクニカル・ファウル
    • ヘッドコーチの自チームの選手又は自身を含めたチームスタッフの行為に対する合計3回のテクニカル・ファウル
  • 選手またはチームスタッフがアンフェアな行為を行った場合に所属チームに対して反則ポイントを科し、年間の合計数が10ポイントを超えた場合は反則金を科す。
テクニカル・ファウル:1回につき2ポイント
アンスポーツマンライク・ファウル:1回につき2ポイント
失格・退場処分:1回につき5ポイント
出場停止処分:1試合につき5ポイント

大会方式[編集]

レギュラーシーズン[編集]

発足2シーズンはイースタン・ウェスタンの2カンファレンスに分けていた。

ホーム&アウェー方式で同一カンファレンスとは6回戦、別カンファレンスとは4回戦総当り。1チームに付き54試合(合計324試合)。

全日本総合バスケットボール選手権大会には全チームが出場するが、12月1日時点での両カンファレンス首位同士の勝率を比較して高い方を奇数推薦順位とし、この順位がシードに関係する。

2015-16シーズンは東西カンファレンス制を廃止し5回戦総当たりに変更[16]

プレーオフ[編集]

リーグ主催中立地開催により各カンファレンス上位3チームが進出。

クォーターファイナル(QF)
各カンファレンス2位と3位による3戦2勝方式
セミファイナル(SF)
各カンファレンス1位とQF勝者による3戦2勝方式
ファイナル
SF勝者同士による5戦3勝方式
年度 優勝チーム 準優勝チーム
2013-14年 東芝ブレイブサンダース神奈川 和歌山トライアンズ
2014-15年 アイシンシーホース三河 トヨタ自動車アルバルク東京

オールスターゲーム[編集]

12月下旬に各カンファレンスごとでファン投票などにより選出された選手が出場。

日程 会場 結果 観客数 備考
EAST WEST
1 2013年
12月29日
大田区総合体育館
東京都大田区
ホーム 106 - 114 アウェイ 3,454人[17]

ゲーム会場[編集]

都道府県 アリーナ バスケットボールゲーム
開催時の収容人数
年度
14-15
北海道 月寒グリーンドーム 約4,500人 4
北海きたえーる 約5,000人 8
真駒内セキスイハイムアイスアリーナ 2
道立野幌総合運動公園総合体育館 4
恵庭市総合体育館 2
北広島市総合体育館 約1,500人 2
伊達市総合体育館 約1,500人 2
函館市民体育館 2
帯広市総合体育館 約2,000人 2
宮城県 ホワイトキューブ 2
茨城県 サイバーダインアリーナ 2,736人 4
水郷体育館 - 4
石岡運動公園体育館 - 4
牛久運動公園体育館 - 2
取手グリーンスポーツセンター - 2
ひたちなか市総合運動公園総合体育館 2,536人 2
かなくぼ総合体育館 1,080人 4
カシマスポーツセンター 2,002人 2
栃木県 ブレックスアリーナ宇都宮 2,900人 2
宇都宮市清原体育館 8
フォレストアリーナ 2,260人 6
栃木県立県北体育館 2,054人 4
栃木県立県南体育館 2,020人 6
足利市民体育館 2
千葉県 船橋アリーナ 3,118人 12
千葉ポートアリーナ 3,643人 4
市川市塩浜市民体育館 1,386人 2
佐倉市民体育館 1,577人 2
浦安市運動公園総合体育館 1,868人 2
印西市松山下公園総合体育館 1,336人 2
成田市中台運動公園体育館 1,808人 2
柏市中央体育館 4
東京都 国立代々木競技場第二体育館 3,195人 16
墨田区総合体育館 1,866人 10
大田区総合体育館 14
郷土の森総合体育館 2
神奈川県 川崎市とどろきアリーナ 18
横須賀アリーナ 2
スカイアリーナ座間 2
平塚総合体育館 2
新潟県 柏崎市総合体育館 2
愛知県 愛知県体育館 12
名古屋市東スポーツセンター 4
ウィングアリーナ刈谷 12
スカイホール豊田 6
岡崎中央総合公園総合体育館 4
西尾市総合体育館 2
安城市体育館 2
パークアリーナ小牧 8
和歌山県 ノーリツアリーナ和歌山 約2,000人 25
和歌山ビッグホエール 11,500人 1
兵庫県 神戸市立中央体育館 約2,000人 10
兵庫県立文化体育館 4
ベイコム総合体育館 約1,300人 2
アイズ駒ヶ谷体育館 2
赤穂市民総合体育館 2
加古川市立総合体育館 2
洲本市文化体育館 約850人 2
徳島県 藍住町立体育館 1
高知県 高知県立県民体育館 1
広島県 広島サンプラザホール 3,040人 16
東区スポーツセンター 1,002人 4
呉市総合体育館 1,922人 1
広島県立びんご運動公園
健康スポーツセンター
1,500人 2
東広島運動公園体育館 1,384人 2
山口県 キリンビバレッジ
周南総合スポーツセンター
2,251人 2
熊本県 熊本県立総合体育館 1,480人 2
益城町総合体育館 - 20
宇土市民体育館 - 2
人吉スポーツパレス - 2
八代市総合体育館 - 2

参入チーム[編集]

  • 創設年度はJBLJBL2各公式サイトなどから参照。
  • 太字はJBLに参加していたチーム。

正会員[編集]

チーム名 フランチャイズ ホームアリーナ 創設年度 備考
レバンガ北海道
Levanga Hokkaido
北海道 北海きたえーる 2011年
つくばロボッツ
Tsukuba Robots
茨城県 サイバーダインアリーナ 2011年 JBL2加盟のデイトリックつくばより参加権譲渡
2013-14は西地区加盟
リンク栃木ブレックス
LINK Tochigi Brex
栃木県 ブレックスアリーナ宇都宮 2007年
千葉ジェッツ
Chiba Jets
千葉県 船橋アリーナ 2011年 2012-13まではbjリーグ加盟
日立サンロッカーズ東京
HITACHI Sun Rockers Tokyo
東京都
千葉県柏市
大田区総合体育館 2000年
トヨタ自動車アルバルク東京
TOYOTA Alvark Tokyo
東京都 郷土の森総合体育館 1948年
東芝ブレイブサンダース神奈川
TOSHIBA Brave Thunders Kanagawa
神奈川県 とどろきアリーナ 1950年
アイシンシーホース三河
AISIN Sea Horse Mikawa
愛知県 ウィングアリーナ刈谷 1947年
三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋
MITSUBISHI ELECTRIC Diamond Dolphins Nagoya
愛知県 愛知県体育館 1950年
兵庫ストークス
Hyogo Storks
兵庫県 神戸市立中央体育館 2010年 2012-13まではJBL2加盟
広島ドラゴンフライズ
Hiroshima Dragonflies
広島県 広島サンプラザホール 2013年 2014-15より新規参入
熊本ヴォルターズ
Kumamoto Volters
熊本県 熊本県立総合体育館 2013年
ナショナル・バスケットボール・リーグ (日本)の位置(日本と東京近郊内)
北海道
北海道
つくば
つくば
栃木
栃木
千葉
千葉
日立
日立
トヨタ自動車
トヨタ自動車
東芝
東芝
アイシン
アイシン
三菱電機
三菱電機
兵庫
兵庫
広島
広島
熊本
熊本
NBL参加チーム(東=青、西=赤)

準会員[編集]

NBL参入を目指すチーム。

チーム名 加盟リーグ フランチャイズ 創設年度 備考
東京エクセレンス
Tokyo Excellence
NBDL 東京都 2013年
豊田通商ファイティングイーグルス名古屋
Toyota Tsusho Fighting Eagles Nagoya
NBDL 愛知県 1957年
レノヴァ鹿児島
Renova Kagoshima
NBDL 鹿児島県 2008年

過去の正会員[編集]

NBLに正会員として参加していたチーム。

チーム名 フランチャイズ 創設年度 最終年度 備考
和歌山トライアンズ
Wakayama Trians
和歌山県 2013年 2014年 パナソニックより参加権譲渡

将来的な構想[編集]

NBLは前出の通りプロリーグとしての発足は断念したが、これを「ステップ1」として、「ステップ2」としては2015年を目途に最上位リーグ「Pリーグ(仮称)」を設置しプロリーグ化の検討を続ける[18]。Pリーグ設置を前提に改めてbjリーグとの統合も協議するとしていた。

Pリーグについては以下の検討がなされている。

  • 独立分社の義務化
  • 企業名の是非
  • ドラフト制度の導入
  • オンザコートの見直し(身長制限導入など)

将来的にはJBA組織の機構改革も施し、3部制の下に実業団・クラブ・教員も含めた地域リーグを置く「階層型リーグ構造」を理想としている[19]

国際バスケットボール連盟(FIBA)より2リーグ並立状態が問題視され、加えて2020年東京オリンピック開催も決まったため、それらを受けて2014年2月JBA理事会において、2016年にプロリーグを発足させる方針を固め、NBL・NBDL・bjリーグのチームに呼びかけることになった[20]。しかし、統合協議は各方面からの反発により進展しなかったため、2014年10月にFIBAはJBAに対し会員資格停止処分(国際試合出場禁止など)を科した[21]。さらにFIBAは日本サッカー協会名誉顧問の川淵三郎をチェアマンに据えた改革チーム「JAPAN 2024 TASK FORCE」を発足させ、統合問題への直接介入に乗り出した[22]。TASK FORCEでの幾度の協議を経て、新統合トップリーグ・ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグの発足が決定。2016年秋に開幕することが決定している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 日本バスケットボール協会 (2012年9月19日). “新リーグ(A リーグ) リーグ名称・リーグロゴデザイン・各チーム名称決定”. 2012年9月20日閲覧。
  2. ^ “バスケ:新リーグ 統合実現せず bjから千葉のみ参加”. 毎日新聞. (2012年6月24日). http://mainichi.jp/sports/news/20120624k0000m050044000c2.html 2012年9月20日閲覧。 
  3. ^ a b “バスケット:男子新リーグは「NBL」 来年9月に開幕”. 毎日新聞. (2012年9月19日). http://mainichi.jp/sports/news/20120920k0000m050066000c.html 2012年9月20日閲覧。 
  4. ^ “新リーグ名称はNBL パナソニックは休部検討で参加見送り”. 産経新聞. (2012年9月19日). http://sankei.jp.msn.com/sports/news/120919/oth12091919380005-n1.htm 2012年9月20日閲覧。 
  5. ^ “パナ受け皿チーム・和歌山がNBL参入”. スポーツ報知. (2012年12月19日). http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/ballsports/news/20121219-OHT1T00143.htm 2012年12月19日閲覧。 
  6. ^ “バスケ男子のプロ新球団 名称は和歌山トライアンズ”. スポーツニッポン. (2013年2月8日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2013/02/08/kiji/K20130208005153270.html 
  7. ^ スポーツナビ (2013年4月25日). “バスケ界に一石を投じる大分の挑戦”. 2013年5月6日閲覧。
  8. ^ “NBL/NBDL 2014-15 エクスパンション 新規加入チーム公募のお知らせ” (プレスリリース), (2013年3月6日), http://www.japanbasketball.jp/news_detail.php?news_id=15619 
  9. ^ “NBL/NBDL運営団体設立のお知らせ” (プレスリリース), 公益財団法人日本バスケットボール協会, (2013年7月1日), http://www.japanbasketball.jp/news_detail.php?news_id=17845 
  10. ^ “【NBL】 2014-2015シーズン 新規参入チーム決定!” (プレスリリース), (2013年8月9日), http://www.nbl.or.jp/news/%E3%80%90NBL%E3%80%91%E3%80%802014-2015%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%B3%20%E6%96%B0%E8%A6%8F%E5%8F%82%E5%85%A5%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0%E6%B1%BA%E5%AE%9A%EF%BC%81/87/ 
  11. ^ “バスケ男子の新リーグ、24チームが申請 参加受け付け初日”. 日本経済新聞. (2015年4月3日). http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK50735_T00C15A4000000/ 
  12. ^ “和歌山トライアンズ 2015-2016シーズン参入審議否決について” (プレスリリース), 一般社団法人日本バスケットボールリーグ, (2015年4月30日), http://www.nbl.or.jp/nbl/archives/8005 
  13. ^ “和歌山の参加認めず=運営資金不足で-バスケットNBL”. 時事通信. (2015年4月30日). http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_date2&k=2015043000974 
  14. ^ “2014年卒業予定選手のアーリーエントリーについて” (プレスリリース), (2014年1月14日), http://www.nbl.or.jp/news/2014%E5%B9%B4%E5%8D%92%E6%A5%AD%E4%BA%88%E5%AE%9A%E9%81%B8%E6%89%8B%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/305/ 
  15. ^ “NBL・NBDL2013-2014シーズン オリジナルルールについて” (プレスリリース), (2013年8月16日), http://www.nbl.or.jp/news/NBL%E3%83%BBNBDL2013-2014%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%B3%E3%80%80%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/94/ 
  16. ^ “2015-2016 レギュラーシーズン開催概要及び日程発表のお知らせ” (プレスリリース), (2015年6月1日), http://www.nbl.or.jp/nbl/archives/8648 
  17. ^ NBL公式サイト内結果
  18. ^ Q&A”. 2013年7月1日閲覧。
  19. ^ NBL概要”. 2013年7月1日閲覧。
  20. ^ “日本バスケ協会理事会 16年プロL設立”. スポーツニッポン. (2014年2月12日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/02/12/kiji/K20140212007569160.html 
  21. ^ バスケリーグ一元化:国際連盟 期限10月末と最後通告(毎日新聞2014年5月14日 同月15日閲覧)
  22. ^ 分裂問題バスケの仲裁 川淵氏動く 日刊スポーツ 2014年5月29日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]