新潟アルビレックスBB

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新潟アルビレックスBB
NIIGATA AlbirexBB
愛称 アルビBB
所属リーグ 日本の旗 B.LEAGUE
カンファレンス B1 中地区
創設年 2000年
本拠地 新潟県長岡市
アリーナ アオーレ長岡
アオーレ長岡
収容人数 5,000人
チームカラー     オレンジ、    ブルー、    ホワイト
運営法人 株式会社新潟プロバスケットボール
代表者 小菅学
ヘッドコーチ 庄司和広
公式サイト www.albirex.com
ユニフォーム
Kit body orangeshoulders.png
ホームのジャージ
Kit shorts.png
チームカラー
ホーム
Kit body.png
アウェイのジャージ
Kit shorts.png
チームカラー
アウェイ
テンプレートを表示
株式会社新潟プロバスケットボール
Niigata Pro Basketball Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
951-8063
新潟県新潟市中央区古町通2番町538番地
愛宕古町ビル
設立 2000年(平成12年)3月1日
業種 サービス業
事業内容 バスケットボールの興行
代表者 代表取締役社長 小菅学
資本金 9000万円
主要株主 NSGグループアルビレックス新潟、愛宕商事、国際総合学園)
関係する人物 河内敏光
外部リンク 新潟アルビレックスBB
テンプレートを表示

新潟アルビレックスBB(にいがたアルビレックスビービー、: NIIGATA AlbirexBB)は、新潟県長岡市を本拠地にとして新潟市上越市といった新潟県全域で活動する、B.LEAGUEに所属するプロバスケットボールチームである。

目次

概要[編集]

2008 - 2009 プレシーズンマッチ 2008年9月23日秋田県立体育館

母体は大和証券グループ本社バスケットボール部(大和証券ホットブリザーズ)。2000年に休部となった同チームの譲渡を受けて日本初のプロバスケットボールチームとして発足された。

チーム名の由来[編集]

"アルビレックス"は"アルビレオ"(白鳥座のくちばしにオレンジとブルーに輝く二重星)と"レックス"(ラテン語で王者の意味)の造語。アルビレオがさらにパワーアップしてバスケット界の王者に向かって羽はばたくという意味がある。新潟アルビレックスBBは地域に根ざした総合クラブチームとしてサッカーJ1のアルビレックス新潟とチーム名を共有している。

チームカラー[編集]

  •     オレンジ、    青、   

チームカラーはオレンジと青(チーム名の由来となった「アルビレオ」の色から)・白。また、オレンジは日本海に沈む夕日、青は日本海と信濃川、白は白鳥という位置づけもされている。

マスコット[編集]

  • アルードくん

白鳥のキャラクター。アルビレックスBB+ロード(道) 新潟アルビレックスBBを優勝へ導き、勝利の道へ突き進むシンボルになって欲しいという想いが込められている。

チアダンスチーム[編集]

アルビレックス新潟などと同様、アルビレックスチアリーダーズがオフィシャルチアリーディングチームとなっている。

オフィシャルソング[編集]

  • 03-04シーズン:「コメノチカラ」(高岡奈央、アルビレックス新潟と同じ)
  • 04-05、05-06、08-09シーズン:「CAPTAIN ROCK」(布袋寅泰
  • 11-12シーズン〜:(Rafvery

アリーナDJ[編集]

ホームタウン[編集]

スーパーリーグ時代〜2016年:新潟市

試合会場として、朱鷺メッセ(スーパーリーグ時代〜08-09シーズン)、新潟市東総合スポーツセンター新潟市鳥屋野総合体育館(09-10シーズン〜11-12シーズン)といった新潟市の大規模アリーナが使用された。

また、練習も新潟市内の下記の体育館で行っていた。

  • 横越体育センター
  • 横越総合体育館
  • 亀田総合体育館
  • 新津B&G海洋センター

2016年〜:長岡市

11-12シーズンから、長岡市厚生会館を建替えて造られたアオーレ長岡がホームゲーム会場として加わり、16-17シーズンから始まるBリーグのホームアリーナに決定した[1]。この決定に伴い、ホームタウンが新潟市から移転。練習拠点も、中之島体育館(新潟県内初となるスポーツ専用床使用)を主に使用することとなった。

試合会場[編集]

  • Bリーグ
区分 アリーナ名称 収容 年度
17-18|
ホームアリーナ アオーレ長岡 5,000 24 22
サブホーム 新潟市東総合スポーツセンター 3,120 4 6
リージョンプラザ上越 3,468 2 2
  • bjリーグ
ホームアリーナ
アリーナ 収容 ホーム開催試合数
05-06 06-07 07-08 08-09 09-10 10-11 11-12 12-13 13-14 14-15 15-16
長岡市内 長岡市厚生会館アオーレ長岡 - 4 4 4 2 (建替期間) 2 8 10 8 8
長岡市民体育館 - - - - 2 4 4 2 - - - -
長岡市栃尾体育館 - - - - - - 2 - - - - -
新潟市内 新潟市東総合スポーツセンター - 2 - 2 4 4 4 8 6 6 10 12 2
新潟市鳥屋野総合体育館 - - - - - 6 6 2 4 2 6 2 6 2 2 2
朱鷺メッセ - 10 10 10 10 - - - - - - -
新潟市体育館 - - - 2 - - - - - - - -
新潟市白根カルチャーセンター - - - - - - 2 - - - - -
新潟地域 燕市吉田総合体育館 - - - - 2 - - - - - - -
阿賀野市ささかみ体育館 - - - 2 - - - - - - - -
新発田地域 聖籠町町民会館 - - - - 2 2 2 2 2 2 2 2
新発田カルチャーセンター - - - - 2 2 - 2 2 - - -
岩船地域 パルパーク神林(村上市) - - - - - 2 2 - - - - -
五泉地域 五泉市村松体育館(さくらアリーナ) - - - - - - 2 2 - - - -
長岡地域 小千谷市総合体育館 - 2 2 - - 2 - - - - - -
柏崎地域 柏崎市総合体育館 - - 2 - - 2 - 2 - - 2 -
上越市 リージョンプラザ上越 - 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2
レギュラーシーズン・ホーム試合数計 20 20 22 26 26 26 26 26 26 26 26
1試合平均観客動員 - - - - - - - - - - -

太斜字は、プレーオフ開催数。

プレイオフ開催予定も行われなかった会場[編集]

歴史[編集]

JBL 大和証券時代(1954-1999)[編集]

JBL 新潟アルビレックス設立(2000-2004)[編集]

1999-2000シーズンを最後に休部することになった大和証券バスケットボール部に所属する全選手の受け皿となる企業としてサッカーJリーグ)・アルビレックス新潟のメインスポンサー企業である新潟県の学校法人「NSGグループ」が受け入れることを決定し、実質的なプロチームとして運営法人「新潟スポーツプロモーション」を設立。サッカーと同じアルビレックスの愛称を使用し、「新潟アルビレックス」として県民密着型のバスケットクラブチームを目指すことになった。初代ヘッドコーチも大和証券最後のヘッドとなった廣瀬昌也が引き続き就任。所属選手5人に大和証券に内定していた鈴木裕紀を加えた6人が新潟でプレーすることになった(うち、青木勇人のみ初年度は大和証券からの出向として所属。)。

当初は新・日本リーグ(2部相当)でプレーし、2000-01、2001-02の2シーズンに渡って同リーグ連覇達成。いすゞ自動車ボッシュの休部を受け、2002-03シーズンからオーエスジーフェニックスとともにスーパーリーグに昇格を果たす。

2004年に新潟アルビレックスがさいたまブロンコスと共にバスケットボール日本リーグ機構(JBL)を脱退し、プロ組織による新リーグを結成するというプロリーグ構想が発表された。一旦それは認められなかったが、2005年4月に正式に脱退が認められた。しかし当時、日本バスケットボール協会が主催するプロリーグの構想もあったことから、完全プロ化・一本化はその後難航した。

また、2003年にはアメリカ合衆国のマイナーリーグ、ABAに所属するロングビーチ・ジャムと資本関係を結び、チーム名のアルビレックスを冠化し「ロングビーチ・ジャム・アルビレックス」(現ベーカーズフィールド・ジャム)として活動を開始した。

bjリーグ加盟 新潟アルビレックスBB(2005-)[編集]

2005-06シーズン[編集]

bjリーグ初年度は5名の選手をプロテクトし、ドラフトで2名を指名した。大阪エヴェッサと優勝争いを展開し、最終的には準優勝となった。

チームロゴがサッカーのアルビレックス新潟と酷似しているとJリーグから抗議を受け、2006年7月より「新潟アルビレックス バスケットボール(略称:新潟アルビレックスBB)」と改称し、チームロゴも変更した。

2006-07シーズン[編集]

シーズン2位でプレイオフに進出。しかし、セミファイナルでリーグ新加入の高松ファイブアローズ戦と、3位決定戦の大分ヒートデビルズ戦に敗れ、痛恨の4位となった。

2007-08シーズン[編集]

新外国人の獲得の失敗、途中解雇とごたつき、日本人選手の活躍もあったが、全般的に見て、持ち味であったチーム力の低下、物堅いディフェンスが影をひそめ、スリーポイントを含むシューターの迷い、そしてインサイドの不調。これらを踏まえて、プレイオフ進出を決める東京アパッチとのワイルドカード敗退という結果に終わり、6位となった。

2008-09シーズン[編集]

前年のチーム内、チームとフロントとのコミュニケーション不足のままシーズン突入。ABAのブレット、ドクン、バークス等の新外国人が怪我で欠場や不調の中、(球団史上ベストと言えるほど)外国人の補強を断続的に行い、東カンファレンス4位となった。カンファレンスセミファイナルに駒を進めるも浜松・東三河フェニックスとの対戦で1勝1敗とした後の延長戦(前後半5分)で惜しくも敗れ、ファイナル4進出はならなかった。

2009-10シーズン[編集]

開幕戦ダッシュを目論んだが、チーム内のコミュニケーション不足が祟り、連敗が続いた。シーズン中盤より持ち直し、東カンファレンス3位でプレイオフに進出。 カンファレンスセミファイナルではホームである仙台89ERSを破り、3シーズンぶりにファイナル4に進出。ファイナル4では、カンファレンスファイナルの浜松戦と3位決定戦の琉球ゴールデンキングス戦に敗れ、4位でシーズンを終えた。

2010-11シーズン[編集]

ベスト5のジュリアス・アシュビー澤岻直人に加え、NCAAのファイナリストのバトラー大のウィリー・ヴィーズリー等優れた選手獲得という強化策を成功させたが、開幕戦秋田とのブザービーター、沖縄戦のアリウープによるブザービーター、3月の富山戦での2度のブザービーターによるOTの末の敗退等、勝ちきれない試合が続いた。なお東日本大震災の発生による東カンファレンス3チームの活動休止を受けてプレーオフへの2位進出決定。東日本大震災等の影響により主力外国人選手の帰国とジョージ・リーチ選手の埼玉からのレンタル移籍があり、課題であったインサイドがリーグ有数の強さとなった。 ファイナル4では、カンファレンスファイナルの浜松戦と3位決定戦の大阪戦に敗れ、4位でシーズンを終えた。 シーズン終了後、廣瀬HCが契約満了に伴い退団。

2011-12シーズン[編集]

2007-08シーズンまで選手として新潟に在籍していたマット・ギャリソンが新HCに就任。東4位でプレイオフに進出し、ファーストラウンドの富山グラウジーズ戦は突破したが、カンファレンスセミファイナルの浜松・東三河フェニックス戦で敗退した。

2012-13シーズン[編集]

チーム運営会社が「株式会社新潟プロバスケットボール」に社名変更。開幕から3連敗を喫したが直後に7連勝。横浜ビー・コルセアーズ富山グラウジーズ岩手ビッグブルズと首位争いを繰り広げ、最終盤に4連勝して初めてレギュラーシーズン東1位になる。


2013-14シーズン[編集]

2014-15シーズン[編集]

2015-16シーズン[編集]

平岡HCが退任し、中村和雄が史上初の球団OBではないHCとして「招聘」し、GMも兼務した。 ケネディ、サリバン、藤原、根東の4選手が群馬へ、バン・トリースが福島へ移籍。

新加入は練習生から昇格した武井弘明、ルーキーの本間遼太郎仲西翔自(前/信州)、チャールズ・ヒンクル(前/NBADL・アイダホスタンピート)、ファイ・パプ・ムール(前/広島D)、ライアン・リード(元/NBA・オクラホマシティサンダー)である。

昨シーズンの主力が大量移籍した群馬に敗れるまで、開幕7連勝。12月に当初ACで契約した堀田剛司が現役復帰。更に八幡圭祐(前/東京Z)が通訳兼任で加入した。12月にパプが日本人に帰化した事により、“外国出身選手”を3人コートに立たせる事が可能になった。しかし、リードとパプに続く第3の外国人選手はヒンクルの奈良移籍、クリス・オリバー(前/仏・シュレットバスケット)やレジー・ハミルトン(元/NBADL・アイダホスタンピート)の早期退団で固定化できず、2月になって、浜松時代に中村HCの下でリーグ連覇に貢献したウェイン・アーノルド(前/滋賀)が加入して平均24.0得点と活躍、第3の外国人選手が確立された。パプが日本代表に選ばれることで話題も増え、レギュラーシーズン4位で終える。

新潟市東総合スポーツセンターでのプレーオフは、やはり東総合でレギュラーシーズン最終戦に戦った岩手を再び迎えたが、 第1戦・2戦に連敗、ファーストラウンドで敗退となった。


B.LEAGUE[編集]

2016-17シーズン(B1中地区)[編集]

中村HCが退任、OBでもあり高松ACであった庄司和広が新HCに就任した。

日本人選手は五十嵐圭(三菱)、遥天翼(熊本)、畠山俊樹(西宮)が新加入、木村啓太郎(青森)、武井弘明(信州)、小松秀平(奈良)、加藤竜太(奈良・レンタル)が退団、堀田剛司仲西翔自は引退した。尚、渡邊大我も五十嵐と共に三菱から移籍したが、シーズン前に契約解除となった。外国出身選手は総入れ替えを行い、ダバンテ・ガードナー(西宮)、クリント・チャップマン(千葉)が新加入、バン・トリースが福島から復帰した。

開幕2戦目で富山からBリーグ初勝利を挙げた。ホーム開幕戦には球団史上初の5千人超えとなる5,286人が、ホームアリーナであるアオーレ長岡に駆け付け、2戦目でNBL企業チームの流れをくむSR渋谷からホーム初勝利をあげる。12月に5連勝を挙げ、前半戦を地区4位ながらも15勝14敗で折り返す。森井健太田口凛の若手選手を強化選手として獲得したが、2月19日の京都戦でガードナーが負傷離脱すると、3月18日に復帰するまでの間、6連敗を喫した。その後は一進一退となり、地区4位で18チーム中全体では10番目ながらも、27勝33敗で旧bj勢のなかでは健闘を見せ、B1残留を決めた。しかし、旧NBL勢、特にNBL企業チームの流れをくむ三河・A東京・川崎には未勝利、名古屋Dからは1勝を挙げるも、SR渋谷に1勝7敗と大きく負け越したことが響き、CSには進めないという点で力の違いを感じたシーズンを終えた。


2017-18シーズン(B1中地区)[編集]

庄司HCが継続、横浜HC経験があり球団OBの青木勇人がACに就任した。

日本人選手は鵜澤潤(三菱)、輪島射矢(福島)、城宝匡史(富山)が新加入、公威(島根)、八幡・本間(金沢)、田口が退団、奈良にレンタルした加藤は岩手に完全移籍した。外国出身選手はガードナーが残留、チャップマン(広島)、バン・トリースは退団した。共にヨーロッパでの実績があるジャレッド・バーグレン(元/NBAサマーリーグ/オーランド・マジック)と、オースティン・ダフォー(前/Sopron KC)が新加入した。

横浜・富山・三遠と共に中地区に配属され、昨シーズン苦戦を強いられたSR渋谷・川崎が東地区へ出ていき、三遠と同じく愛知県を本拠とする三河・名古屋Dが西地区から加わった。

チーム名の変遷[編集]

  • 1954年 : 大和証券バスケットボール部
  • 1994年 : 大和証券ホットブリザーズ
  • 1999年 : 大和証券グループ本社ホットブリザーズ
  • 2000年 : 新潟アルビレックス
  • 2006年 : 新潟アルビレックス バスケットボール(略称:新潟アルビレックスBB)

歴代社長[編集]

  • 2000年 - 2004年 : 河内敏光
  • 2004年 - 2007年 : 中野秀光
  • 2007年 - 2014年 : 日野明人
  • 2014年 - 現職 : 小菅学[5]

スタッフと選手[編集]

現行ロースター[編集]

新潟アルビレックスBB ロースター
選 手 スタッフ
Pos # 名前 年齢 身長  体重 出身
SF 0 遥天翼 29 (1988/10/6 ) 1.94 m (6 ft 4 in) 95 kg (209 lb) 日本の旗 東海大学 
PG 3 畠山俊樹 26 (1991/6/18 ) 1.70 m (5 ft 7 in) 73 kg (161 lb) 日本の旗 青山学院大学 
F/C 4 ジャレッド・バーグレン 27 (1990/4/2 ) 2.08 m (6 ft 10 in) 107 kg (236 lb) アメリカ合衆国の旗 ウィスコンシン大学 
SG 5 佐藤優樹 30 (1987/5/3 ) 1.82 m (6 ft 0 in) 81 kg (179 lb) 日本の旗 アップルスポーツカレッジ 
PG 7 五十嵐圭 37 (1980/5/7 ) 1.80 m (5 ft 11 in) 70 kg (154 lb) 日本の旗 中央大学 
PF 11 鵜澤潤 36 (1981/10/28 ) 1.96 m (6 ft 5 in) 103 kg (227 lb) 日本の旗 日本体育大学 
PF 15 オースティン・ダフォー 27 (1990/1/3 ) 2.05 m (6 ft 9 in) 95 kg (209 lb) アメリカ合衆国の旗 コロラド大学 
PG 18 森井健太 (+) 22 (1995/9/22 ) 1.78 m (5 ft 10 in) 77 kg (170 lb) 日本の旗 早稲田大学 
G/F 30 今村佳太 (+) 21 (1996/1/25 ) 1.91 m (6 ft 3 in) 92 kg (203 lb) 日本の旗 新潟経営大学 
SG 31 城宝匡史 35 (1982/4/24 ) 1.83 m (6 ft 0 in) 83 kg (183 lb) 日本の旗 大阪商業大学 
SF 32 池田雄一 キャプテン 34 (1983/7/13 ) 1.91 m (6 ft 3 in) 93 kg (205 lb) 日本の旗 東海大学 
SG 41 輪島射矢 32 (1985/10/12 ) 1.76 m (5 ft 9 in) 78 kg (172 lb) 日本の旗 アップルスポーツカレッジ 
C 54 ダバンテ・ガードナー 26 (1991/9/2 ) 2.03 m (6 ft 8 in) 132 kg (291 lb) アメリカ合衆国の旗 マーケット大学 
ヘッドコーチ
庄司和広
アソシエイトコーチ
青木勇人
選手兼通訳
輪島射矢

記号説明
  キャプテン チーム・キャプテン    Cruz Roja.svg 故障者
  (特) 特別指定選手    (S) 出場停止
  (帰) 帰化選手   (+) シーズン途中契約
外部リンク

更新日:2017年09月16日


成績[編集]

B.LEAGUE[編集]

新潟アルビレックスBB シーズン成績
レギュラーシーズン プレーオフ
# シーズン リーグ 地区 順位 勝率 ゲーム差 ホーム アウェイ 自地区 他地区 得点 失点 点差 総合 結果 備考 HC ref.

1 2016-17 B1 4 27 33 (.450) 22(-) 12-16(.429) 15-17(.469) 17-19(.472) 10-14(.417) 4670 4864 -194 10 庄司和広

ゲーム差:1位との差(PO圏との差)  地区1   # :ワイルドカード  QF :準々決勝  3決 :3位決定戦  SF :準決勝   FINAL :決勝 B1:9~14位はPOなし   チャンピオン   B2優勝   昇格   降格   残留  2017年09月16日更新


過去のリーグ戦[編集]

日本リーグ[編集]

年度 リーグ ディビジョン レギュラーシーズン セミファイナル ファイナル 最終結果 HC
順位
2000 日本リーグ 2部 34 12 2 2位 1 0 1 0 優勝 廣瀬昌也
2001 日本リーグ 35 14 0 1位 2 0 2 1 優勝
2002 スーパーリーグ 2 9 12 6位 --- 6位
2003 3 9 19 8位 --- 8位
2004 4 8 20 7位 --- 7位

bjリーグ[編集]

年度 レギュラーシーズン 最終結果 HC 備考
勝率 ゲーム差 得点 失点 得失点差 順位
2005-06 29 11 .725 2.0 79.7 71.7 +8.0 2位 準優勝 廣瀬昌也
2006-07 25 15 .625 4.0 83.2 75.8 +7.4 2位 4位 プレイオフ出場
2007-08 26 18 .591 3.0 83.5 81.6 +1.9 東3位 6位 ワイルドカードゲーム敗退
2008-09 24 28 .462 12.0 82.8 83.9 -1.1 東4位 5位 プレイオフ
地区準決勝敗退
2009-10 25 27 .481 16.0 81.2 79.1 -2.1 東3位 4位 ファイナル4出場
2010-11 20 20 .500 17.0 75.3 74.3 +1.0 東4位 4位 ファイナル4出場
2011-12 28 24 .538 9.0 82.6 78.8 +3.8 東4位 5位 マット・ギャリソン プレイオフ
地区準決勝敗退
2012-13 36 16 .692 --- 83.2 74.6 +8.6 東1位 4位 ファイナル4出場
2013-14 31 21 .596 11.0 77.6 74.0 +3.6 東5位 7位 平岡富士貴 プレイオフ
地区準決勝敗退
2014-15 36 16 .692 5.0 80.0 72.8 +7.2 東4位 6位 地区準決勝敗退
2015-16 34 18 .654 5.0 81.5 74.7 +6.8 東4位 --- 中村和雄

ゲーム差は1位との差を表している。

獲得タイトル[編集]

個人別タイトル[編集]

MVP
ルーキー・オブ・ザ・イヤー
コーチ・オブ・ザ・イヤー
ベスト5
リバウンド
ブロックショット
スティール
フィールドゴール成功率
フリースロー成功率
3Pシュート成功率
最優秀6thMan賞

その他受賞[編集]

  • bjリーグ2006-07 コミュニティーアシスト

リーグ戦の主な記録[編集]

個人記録[編集]

通算最多試合出場
最多連続試合出場
最年少試合出場
最年長試合出場
シーズンフルタイム出場
1試合最多得点
1試合最多リバウンド
1試合最多アシスト
通算最多得点
最多連続得点試合
シーズン最多得点
最年少得点
最年長得点

チーム記録[編集]

得点失点関連記録[編集]

1試合最多得点
1試合最少得点
1試合最多失点

連勝記録[編集]

最多連勝
  • 18連勝 日本リーグ 2001年1月28日〜2002年2月17日
  • 15連勝 bjリーグ 2005年11月26日〜2006年2月5日
最多連敗
同一カード最多連勝
同一カード最多連敗

観客動員記録[編集]

最多観客動員試合
最少観客動員試合
年度別観客動員記録
年度 試合数 合計 平均 最大 最小 試合会場 備考
日本リーグ 2000-01 --- ---人 ---人 ---人 ---人 --- リーグ優勝
2001-02 --- ---人 ---人 ---人 ---人 --- Sリーグ昇格
Sリーグ 2002-03 --- ---人 ---人 ---人 ---人 --- ---
2003-04 --- ---人 ---人 ---人 ---人 --- ---
2004-05 --- ---人 ---人 ---人 ---人 --- Sリーグ脱退
bjリーグ 2005-06 20 60,160人 3,008人 4,394人 1,459人 --- bjリーグ開幕
2006-07 20 65,179人 3,259人 4,515人 1,823人 --- ---
2007-08 20 ---人 ---人 ---人 ---人 --- ---
会場別観客動員記録
年度 自治体 アリーナ 座席数 ホームゲーム観客数
試合数 合計 平均 最大 最小
2005-06 新潟市 朱鷺メッセ 約5,000席 10 ---人 4,021人 4,394人 3,498人
新潟市 市東総合SC 3,120席 2 ---人 2,116人 2,158人 2,073人
長岡市 市厚生会館 4 ---人 1,887人 2,200人 1,579人
小千谷市 市総合体育館 2 ---人 1,502人 1,544人 1,459人
上越市 リージョンプラザ 3,476席 2 ---人 2,586人 2,711人 2,460人
ホーム計 20 60,160人 3,008人 4,394人 1,459人
2006-07 新潟市 朱鷺メッセ 約5,000席 10 42,153人 4,215人 4,515人 3,656人
長岡市 市厚生会館 4 9,573人 2,393人 2,603人 2,221人
柏崎市 市総合体育館 1,130席 2 4,556人 2,278人 2,465人 2,091人
小千谷市 市総合体育館 2 3,850人 1,925人 2,027人 1,823人
上越市 リージョンプラザ 3,476席 2 5,047人 2,524人 2,586人 2,461人
ホーム計 20 65,179人 3,259人 4,515人 1,823人
2007-08 新潟市 朱鷺メッセ 約5,000席 10 ---人 ---人 ---人 ---人
新潟市 市東総合SC 3,120席 2 ---人 ----人 ----人 ----人
新潟市 市体育館 2 ---人 ---人 ---人 ---人
長岡市 市厚生会館 4 ---人 ---人 ---人 ---人
阿賀野市 ささかみ体育館 2 ---人 ---人 ---人 ---人
上越市 リージョンプラザ 3,476席 2 ---人 ---人 ---人 ---人
ホーム計 22 ---人 ---人 ---人 ---人
2008-09 新潟市 朱鷺メッセ 約5,000席 10 ---人 ---人 ---人 ---人
新潟市 市東総合SC 3,120席 4 ---人 ---人 ---人 ---人
長岡市 市民体育館 2 ---人 ---人 ---人 ---人
長岡市 市厚生会館 2 ---人 ---人 ---人 ---人
新発田市 カルチャーセンター 2 ---人 ---人 ---人 ---人
燕市 吉田総合体育館 2 ---人 ---人 ---人 ---人
上越市 リージョンプラザ 3,476席 2 ---人 ---人 ---人 ---人
聖籠町 町民会館 2 ---人 ---人 ---人 ---人
ホーム計 26 ---人 ---人 ---人 ---人

国際試合・親善試合[編集]

親善試合[編集]

国際大会[編集]

下部組織・女子部[編集]

2003年にサテライトチームとしてトライアウトにより選抜された「新潟アルビレックスBB-A2」を創設した。かつてはクラブ連盟に所属し、2005年に行われた第31回全日本クラブバスケットボール選手権大会で準優勝となった。

現在はトップチームの練習参加やエキシビションをこなし、各選手はトップチームとの契約を目指している。また、2008年からは育成指定選手も合流している。

2011年には同年限りで廃部となる日本航空の女子バスケットボールチーム「JALラビッツ」の譲渡を受け、女子部・新潟アルビレックスBBラビッツを創設。JALラビッツから引き継ぐ形でバスケットボール女子日本リーグ(WJBL)に参加する。

エピソード[編集]

異競技間交流[編集]

サッカー・Jリーグ、アルビレックス新潟のグループチームとしてチーム名とイメージカラーを共有している。

グループチームは新潟アルビレックスBB、サッカーの他に下記の組織がある。

(なお、各「アルビレックス」は、イメージカラーを共有しているが、各競技チームの運営会社は全く別個の企業であり、各運営会社間に直接の資本関係等は無い)

コート一周と代替企画[編集]

2007-08シーズンはホームゲーム終了後、選手及びスタッフによるコート一周を行っていたが、ブースターがコートに殺到し危険を伴うため、終了となった。

しかし、選手とのふれあいの機会を求めるブースターの希望により、土曜日は試合終了後に「選手によるブースターのお見送り」、日曜日は「サイン会」を開催することになった。

試合に関連するエピソード[編集]

ダービーマッチ[編集]

詳しくは日本のダービーマッチを参照。

男女合同開催[編集]

  • 新潟アルビレックスBBラビッツ創設後は、16-17シーズンまでは男女合同開催を実施していた。男子の観戦チケットを保持している場合、合同開催となるWJBLの試合を自由席で観戦できる特典が付与されており、チケット1枚で男子・女子の2試合を観戦する事ができた。

スポンサー[編集]

ユニフォームスポンサー[編集]

過去のユニフォームスポンサー[編集]

  • CORONA(胸 2000〜2003,背 2003〜2006)
  • NSG(背 2000〜2003,胸 2005〜2007)
  • Yahoo! BB(胸 2003-2004シーズンの2004年のみ)
  • INVOICE(胸 2004-2005)
  • クレアール(胸 2006-2007)
  • コーポレートソフトウェア株式会社(パンツ 2005-2006)※2006年8月に富士通コミュニケーションサービスへ社名変更

ユニフォームサプライの遍歴[編集]

ウェアスポンサー[編集]

スポンサー[編集]

放送・メディア[編集]

応援番組・コーナー[編集]

かつては、とことんアルビ!!テレビ新潟放送網)での取り扱いや、「アルビフリークライブbj!」(新潟県民エフエム放送)と題して、ホームゲームを年間数試合中継を行っていた。(実況は元ニッポン放送アナウンサーで現在はFM PORT東京支社長でもある深澤弘

関連項目[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]