ノーザンアリゾナ・サンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ノーザンアリゾナ・サンズ
Northern Arizona Suns
チームロゴ 太陽の真ん中に、ノーザンアリゾナの略称のロゴが入ったバスケットボール
所属リーグ アメリカ合衆国の旗 NBADL
創設 2003年
チーム史 ロングビーチ・ジャム
ABA, 2003-2005)
ベーカーズフィールド・ジャム
NBADL, 2006-2016)
ノーザンアリゾナ・サンズ
NBADL, 2016-)
本拠 アリゾナ州プレスコットバレー
アリーナ プレスコットバレー・イベント・センター
チームカラー オレンジ、パープル、グレー、黒、白
オーナー フェニックス・サンズ
ヘッドコーチ タイロン・エリス
優勝歴 1回(2004, ABA)
NBA提携チーム フェニックス・サンズ(2015-現在)
テンプレートを表示

ノーザンアリゾナ・サンズNorthern Arizona Suns)はNBAデベロップメント・リーグ(以下NBADL)に加盟しているプロバスケットボールチーム。本拠地はアメリカ合衆国アリゾナ州プレスコットバレー

歴史[編集]

ベーカーズフィールド・ジャム[編集]

2003年、ABAの新チームとして設立された。設立時に新潟アルビレックスBBの資本が入っていた事で日本でも話題になった。また、オーナーであるTet Yamashita氏は、日本生まれの日本人でロサンジェルス在住で、NBAで外国人として初めてオーナーとして承認された。カリフォルニア州ロングビーチを本拠地とし、2003-04シーズンは初優勝を果たした。2004-05シーズンは田臥勇太デニス・ロッドマンがプレイするなどして注目を集めたが、2005年5月に同リーグを脱退した。

2006年、NBADLの拡張に伴い、本拠地をベーカーズフィールドに移転。参入が決定した。

2006年11月のNBADLドラフトでは、日本人選手の田臥勇太を3巡目11位で指名。その後、10人枠の開幕ロスターに残り、田臥は2年ぶりに古巣へ復帰した。また、12月にはシラキュース大学を全米王者にも導いたことがあるジェリー・マクナマラと契約した。

ノーザンアリゾナ・サンズ[編集]

2016-17シーズンより、本拠地をアリゾナ州プレスコットに移転し、チーム名も "ノーザンアリゾナ・サンズ" と改名することになった[1]

過去に所属した選手[編集]

提携チーム[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]