庄司和広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
庄司和広
Kazuhiro Shoji
Shoji kazuhiro.jpg
新潟アルビレックスBB HC
役職 ヘッドコーチ
ポジション(現役時) SF
身長(現役時) 191cm (6 ft 3 in)
体重(現役時) 92kg (203 lb)
血液型 O型
足のサイズ 32cm
基本情報
本名 庄司和広
ラテン文字 Kazuhiro Shoji
日本語 庄司和広
誕生日 (1974-04-26) 1974年4月26日(43歳)
日本の旗 日本
出身地 埼玉県北葛飾郡杉戸町
ドラフト  
選手経歴
1997-1998
1998-1999
1999-2000
2000-2005
2005-2006
2006-2009
2009-2010
2010-2013
住友金属
トヨタ自動車
大和証券
新潟アルビレックスBB
福岡レッドファルコンズ
埼玉ブロンコス
高松ファイブアローズ
秋田ノーザンハピネッツ
指導者経歴
2016
2016-
高松ファイブアローズ(AC)
新潟アルビレックスBB
代表歴
キャップ 1996年第3回ヤングメンアジア選手権
2001年第3回東アジア競技大会
2001年第21回男子アジア選手権

庄司和広しょうじ かずひろ1974年4月26日 - )は、日本の元男子プロバスケットボール選手である。元日本代表選手。ポジションはスモールフォワード。サウスポーのシューター。身長191cm・体重92kg。埼玉県北葛飾郡杉戸町出身。

来歴[編集]

中学1年生の時、バスケットボールを始める。その後、北陸高校から拓殖大学に進学。在学中の1996年にはヤングメンアジア選手権に出場する全日本のメンバーとなる。

卒業後の1997年には住友金属工業に入社したが、バスケットボール部が廃部になったため、翌1998年トヨタ自動車に移籍。

1999年大和証券に移籍。新潟アルビレックスでもプレーを続け、日本リーグMVPとベスト5を2年連続受賞、2001-02シーズンはスティール及びフリースロー成功率のタイトルも獲得。スーパーリーグ昇格後も2003-04シーズンにはオールスターでもMVPを獲得。全日本にも選ばれ続ける。さいたまスーパーアリーナの杮落しとなったスーパードリームゲーム2000にも出場。

2005年、新潟のJBL脱退によりスーパーリーグでのプレーを求め、新規参入した福岡レッドファルコンズに移籍。主将を務めた。

bjリーグ[編集]

しかし、シーズン終了を待たずチームが消滅したため、2006年2月にbjリーグアーリーチャレンジ制度を利用し地元の埼玉ブロンコスに移籍[1]。シーズン終了後、埼玉と再契約。2006-07シーズン、3ポイントシュート成功率44.4%(67/151)を記録し、3ポイント王を受賞。bjリーグの2008-2009シーズンのオールスターゲームにも出場した。

2009年オフにFA権を行使して高松ファイブアローズへ移籍[2]主将に就任し、開幕時に日本人ロスターしか居なかったチーム(bjリーグ史上初)を支えた[3]。長身外国人が足りないチーム事情のため、センターなど不慣れなポジションも務めた。

2010年オフ、bjリーグに新規参入する秋田ノーザンハピネッツに移籍する[4][5]2011-12シーズン、10月29・30日開催の仙台戦では、2試合で3Pシュートを13本中9本の高確率で決めて週間MVPを初受賞[6]。2012年1月、ブースター投票により選出され、オールスターゲームに出場。bjリーグ移籍後初めて、レギュラーシーズン全52試合でスターターとして出場。2012-13シーズン終了後に現役を引退。

2度のチーム廃部(住友金属、大和証券)と、1度のチーム消滅(福岡レッドファルコンズ)を味わった選手である。計8チームを渡り歩いた。

引退後[編集]

2013-14シーズンから2シーズン、平岡富士貴ヘッドコーチ体制の新潟アルビレックスBBでアシスタントコーチを務めた[7]

新潟退団後は一般企業に就職していたが、2016年1月に北陸高校時代の監督である津田洋道がヘッドコーチを務める高松ファイブアローズのアシスタントコーチに就任し[8]、2015-16シーズン終了まで務めた。

2016年6月、新潟アルビレックスBB(2016-17シーズンよりB.LEAGUE所属)のヘッドコーチに就任した[9]

エピソード[編集]

  • 地域密着型チームの新潟アルビレックス在籍時にバスケットクリニック等の地域活動に初めて参加し、その大切さを知る[10]。高松ファイブアローズ移籍後は高松のボランティアスタッフが行っている試合会場設営等、作業の手伝いを自発的にしたり、スポンサーの協力を得て「庄司シート」を設け、ブースターを試合に招待している[11]。気さくな人柄でファンサービス精神の旺盛な選手である。
  • 2009-10シーズンの高松主将や上記ボランティア活動等への貢献に対し、シーズン終了後のブースター感謝祭で高松ブースターより感謝の証しとして表彰を受けた。
  • ユニフォームのネームは「SHOJ!」

記録[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン
bjリーグ
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
bjリーグ 2005-06 埼玉 17 14 27.9 .327 .319 .814 3.9 1.6 1.0 0.0 1.9 9.6
bjリーグ 2006-07 埼玉 35 33 27.1 .415 .444 .709 1.8 1.9 0.7 0.1 1.3 9.9
bjリーグ 2007-08 埼玉 44 38 25.5 .377 .379 .816 2.1 2.1 0.3 0.1 0.9 7.8
bjリーグ 2008-09 埼玉 52 28 18.9 .428 .408 .747 1.5 1.2 0.3 0.1 0.6 5.9
bjリーグ 2009-10 高松 50 20 17.7 .324 .277 .806 1.7 0.4 0.4 0.1 0.6 4.0
bjリーグ 2010-11 秋田 48 37 23.0 .339 .339 .732 2.4 1.6 0.5 0.1 0.9 6.0
bjリーグ 2011-12 秋田 52 52 31.3 .413 .383 .730 3.1 1.3 1.1 0.1 0.7 7.5
bjリーグ 2012-13 秋田 48 22.0 .417 .433 .872 2.0 1.0 0.6 0.1 0.2 4.8
  • 日本リーグ
    • 新人王(1997-1998)
    • オールスターゲーム出場(1997-98)
    • MVP(2000-01、2001-02)
    • スティール1位(2001-02)
    • フリースロー成功率1位(2001-02)
    • ベスト5(2000-01、2001-02)
  • JBLスーパーリーグ
    • オールスターゲーム出場(2002-03、2003-04、2004-05、2005-06)
      • オールスターゲームMVP(2003-04)
  • bjリーグ
    • 3ポイントシュート成功率1位(2006-07)
    • 3ポイントシュート成功率2位(2008-09)
    • 3ポイントシュート成功率3位(2012-13)
    • オールスターゲーム出場(2008-09、2011-12)
    • 週間MVP(2011年10月29日~30日)

経歴[編集]

  • 北陸高 - 拓殖大学 - 住友金属工業(1997年~1998年) - トヨタ自動車(1998年~1999年) - 大和証券・新潟アルビレックス(1999年~2005年) - 福岡レッドファルコンズ(2005年) - 埼玉ブロンコス(2006年~2009年) - 高松ファイブアローズ(2009年~2010年) - 秋田ノーザンハピネッツ(2010年~2013年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]