阿部成章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
阿部成章
SHIGEAKI Abe
引退
ポジション(現役時) ガード
身長(現役時) 176cm (5 ft 9 in)
--
基本情報
本名 阿部成章
ラテン文字 SHIGEAKI Abe
日本語 阿部成章
誕生日 (1947-09-22) 1947年9月22日(70歳)
日本の旗 日本
出身地 山形県の旗山形県鶴岡市
出身 加茂水産高校
日本体育大学
ドラフト  
選手経歴
1969-1977 日本鉱業
獲得メダル
日本の旗 日本
バスケットボール
アジア競技大会
1970 バンコク 男子
男子アジア選手権
1971 東京

阿部 成章(あべ しげあき、 (1947-09-22) 1947年9月22日(70歳) - )は、山形県鶴岡市出身の元バスケットボール選手である。山形県加茂水産高校、日本体育大学卒業。ポジションはガード。

来歴[編集]

加茂水産高校から日本体育大学を経て、日本鉱業に入社。

入社一年目の第4回日本リーグでは、MVPこそ日本鋼管谷口正朋に譲ったが、ベスト5・新人王・得点王とタイトルを総なめした。その時に手が届かなかったMVPも日本鉱業の日本リーグ初優勝時(第4回)に獲得している。日本リーグのベスト5は第4回大会から第8回大会まで5年連続獲得している。

全日本としてミュンヘンとモントリオールの五輪2大会に出場[1]、モントリオールでは主将を務め、準決勝リーグのプエルトリコ戦で34点を叩き出した。これは現在でもバスケットボール男子日本代表のオリンピック最高得点である。

日本体育大学から実業団の強豪チームへ入社した第一号であり、これ以降日本体育大学の選手が実業団チーム入りするようになった。プレーヤーとして秀でていたことに加え、多くのプレーヤーの範となった。日本リーグの第一号外国人選手だったジェローム・フリーマン松下電器)が、『月刊バスケットボール』のインタビューで「日本人選手で一番好きな選手は阿部さん」と発言している。

引退後はコーチ・ヘッドコーチなどを歴任。 ポジションについては「ガード」という記述もあるが、単にガードというよりは、NBAでいうピート・マラビッチ的な選手であり、現在ではコンボガードあるいはスウィングマンにあたる。当時所属の日本鉱業でも「ガード」という枠では使っていない。

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 男子日本代表オリンピック全戦績”. 2015年3月25日閲覧。

関連項目[編集]