比江島慎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
比江島慎
MAKOTO Hiejima
Hiejima makoto.jpg
シーホース三河  No.6
ポジション G
背番号 6
身長 190cm (6 ft 3 in)
体重 88kg (194 lb)
基本情報
本名 比江島慎
ラテン文字 MAKOTO Hiejima
日本語 比江島慎
誕生日 (1990-08-11) 1990年8月11日(27歳)[1]
日本の旗 日本
出身地 福岡県[1]
出身 福岡市立百道中学校
洛南高等学校
青山学院大学
ドラフト  
選手経歴
2013- シーホース三河

比江島 慎(ひえじま まこと、1990年8月11日[1] - )は、日本の男子バスケットボール選手である。福岡県出身[1]。ポジションはガード[1]B.LEAGUEシーホース三河所属[1]

経歴[編集]

中学・高校[編集]

福岡県出身。福岡市立百道中学校では全中に出場しエースとして活躍した。

2006年4月、洛南高等学校に進学[1]。1年生の時から試合に出場し、インターハイ決勝戦で敗れて準優勝だったが、自身は20得点をマーク。第37回ウィンターカップでは北陸を破り優勝。2年生時よりスターターとなり、2007年第38回ウィンターカップの決勝戦では28得点して2連覇に貢献。3年生時の2008年第39回ウィンターカップでも優勝[1]し、男子では史上2校目となるウィンターカップ3連覇の立役者となった。

大学[編集]

2009年4月、洛南高の先輩である湊谷安玲久司朱辻直人がいる青山学院大学に進学。4年生時の関東大学リーグ戦で3連覇に貢献してMVPを受賞。インカレでは2010年と2011年に2度優勝し[1]、2年連続で優秀選手賞を受賞。4年生時の2012年は準優勝で敢闘賞を受賞している。

社会人[編集]

2013年4月、アイシンシーホース三河に加入[1]。1年目の2013-14シーズンよりスターターで53試合に出場し、ルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞。

日本代表歴[編集]

大学1年次の2009年第25回ユニバーシアードに出場[2]。3年次の2011年にも第26回ユニバーシアード出場[3]また同じく2011年に日本代表候補に初選出される[4]2012年に日本代表に初選出されウィリアム・ジョーンズカップに出場[5]大田区総合体育館で開催されたFIBAアジアカップにも出場し、準優勝[6]

2013年仁川で開催された東アジア選手権で3位。マニラで開催されたアジア選手権で9位。同大会では7試合に出場し、1試合平均5.1得点、2.6アシスト。

2014年アジアカップで6位。仁川アジア大会では5大会20年ぶりの3位入賞に貢献。準々決勝ラウンドの中国戦でフィールドゴール成功確率100パーセント(3ポイント1本、2ポイント9本)で23得点を記録した。

記録[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
NBL 2013-14 アイシン三河 53 53 30.4 .501 .462 .762 3.1 2.9 1.1 0.3 2.3 11.8
NBL 2014-15 アイシン三河 42 36 29.3 .466 .294 .738 2.9 3.0 1.3 0.3 2.0 10.2
NBL 2015-16 アイシン三河 51 51 32.6 .493 .369 .771 3.2 2.9 1.3 0.4 1.9 14.3
B1 2016-17 三河 59 55 29.1 .474 .420 .769 3.1 3.4 1.2 0.4 1.8 12.9
B1 2017-18 三河 55 44 25.9 .505 .395 .760 2.9 4.1 1.2 0.5 1.6 12.9

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j “比江島 慎選手、アイシン シーホースに入団決定” (プレスリリース), アイシン精機株式会社, (2013年2月1日), http://www.aisin.co.jp/news/d00607.html 
  2. ^ 第25回ユニバーシアード競技大会”. 公益財団法人日本バスケットボール協会. 2013年2月1日閲覧。
  3. ^ “第26回ユニバーシアード競技大会 男子日本代表チーム 日本代表選手発表” (プレスリリース), 公益財団法人日本バスケットボール協会, (2011年6月16日), http://www.japanbasketball.jp/japan/news_detail.php?news_id=2689 
  4. ^ “平成23年度男子日本代表チーム 日本代表候補選手発表” (プレスリリース), 公益財団法人日本バスケットボール協会, (2011年4月14日), http://www.japanbasketball.jp/japan/news_detail.php?news_id=1271 
  5. ^ 第34回男子ウィリアム・ジョーンズカップ”. 公益財団法人日本バスケットボール協会. 2013年2月1日閲覧。
  6. ^ 4TH FIBA ASIA CUP”. 公益財団法人日本バスケットボール協会. 2013年2月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]