比江島慎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
比江島慎
Makoto Hiejima
Makoto Hiejima.jpg
宇都宮ブレックス  No.6
ポジション SG
基本情報
愛称 まこ
マコ
ひえじ
ヒエジ
Mako
M6H
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1990-08-11) 1990年8月11日(32歳)
出身地 福岡県の旗 福岡県古賀市
身長 191cm (6 ft 3 in)
体重 88kg (194 lb)
キャリア情報
中学校 福岡市立百道中学校
高校 洛南高等学校
大学 青山学院大学
プロ選手期間 2013年–現在
経歴
2013-2018シーホース三河
2018-2019ブリスベン・ブレッツ
2019-宇都宮ブレックス
受賞歴

B.LEAGUE


・B.LEAGUE 2021-22 優勝

・B.LEAGUE 2021-22 CHAMPIONSHIP MVP


・B.LEAGUE 2017-18 シーズンMVP


B.LEAGUEシーズンベスト5 (2018, 2017)

・天皇杯ベスト5 (2021, 2018)



NBL


・NBLシーズンベスト5 (2016)

・天皇杯優勝 (2016)

NBL新人王 (2014)
選手情報 ウィキデータを編集 B.LEAGUE.jp
代表歴
キャップ 日本の旗 日本 2012年 - 現在

比江島 慎(ひえじま まこと、1990年平成2年〉8月11日 - )は、日本プロバスケットボール選手。

東京オリンピック バスケットボール男子日本代表B.LEAGUE 宇都宮ブレックス所属。

2021-22シーズンにはエースとしてチームを優勝に導き、B.LEAGUE 2021-22 CHAMPIONSHIP MVPを受賞。[1]

「比江島ステップ」と呼ばれる独特なリズムのドライブ[2]や、3Pシュートなど、様々な得点パターンを持つ日本屈指のスコアラー[要出典]

献身的なディフェンスでもチームに貢献[要出典]。ポジションはシューティングガード。背番号6。福岡県古賀市出身。

日本代表[編集]

2012年に日本代表に初選出。

2016年、FIBA男子オリンピック世界最終予選(OQT)に出場。中心選手としてチームに貢献するも、ラトビアとチェコに敗れ、リオデジャネイロオリンピック出場を逃す。

2017年より2019年にかけて行われたFIBAワールドカップ2019アジア地区予選では、日本代表チームで最多得点を記録[要出典]し、FIBAバスケットボールワールドカップ2019出場、東京オリンピック出場に大きく貢献。


2021年、東京オリンピック日本代表に選出。

オリンピック直前のフランス(東京オリンピックで準優勝)との国際強化試合では、FG3本全て、FTも8本中7本を決めて15得点の活躍[3]で、歴史的勝利の立役者に。

東京オリンピックでは全3試合に出場し、オフェンス PPP [Point Per Possession=攻撃権 (ボール保持) 1 回に対する得点期待値] では、ピック&ロールからの、自身の得点が1.167、パスによるチームメイトの得点が1.000と、チーム内で唯一、自身の得点および、パスによるチームメイトの得点の両方が1.000を超え、得点効率の高さを、世界の強豪国相手にオリンピックの場でも示した。[要出典]

※バスケットボールでは、PPPが1.000を超えると得点期待値が高いとされている。

経歴(プロキャリア)[編集]

2013年4月、アイシンシーホース三河(現:シーホース三河)に入団。

プロ1年目の2013-14シーズンには、NBLルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞。

2016年、第91回天皇杯全日本バスケットボール選手権大会で優勝。

2015-16シーズンには、NBLシーズンベスト5を受賞。


2016年9月22日に新国内トップリーグのB.LEAGUE初年度が開幕。

2016-17、2017-18と2シーズン続きけてB.LEAGUEシーズンベスト5を受賞。

2017-18シーズンにはB.LEAGUE2017-18シーズンMVPを受賞。

2018-19シーズンにはオーストラリアリーグNBL、2019年にはNBAサマーリーグなど海外挑戦も経験。

2019年より宇都宮ブレックスでプレーし、2020-21シーズンにはB.LEAGUEシーズン最高勝率、B.LEAGUE FINALS 2020-21進出に貢献。


2021-22シーズンにはエースとしてチームを優勝に導き、B.LEAGUE 2021-22 CHAMPIONSHIP MVPを受賞。

経歴(学生時代)[編集]

小学生[編集]

小学6年時に、所属クラブにて全国大会優勝。[要出典]

中学生[編集]

福岡県選抜としてジュニアオールスター(都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会)で全国大会優勝。 福岡市立百道中学校ではエースとして活躍し、全国中学校バスケットボール大会で全国大会3位。[要出典]

高校生[編集]

2006年4月、洛南高等学校に進学。 1年時の第37回ウインターカップ(全国高等学校バスケットボール選手権大会)では北陸高校を破り優勝。 2年時の第38回ウインターカップの決勝戦では28得点を記録して2連覇に貢献。 3年時の第39回ウインターカップでも優勝し、男子では史上2校目となるウィンターカップ3連覇の立役者に。[要出典]

大学生[編集]

2009年4月、洛南高校の先輩である湊谷安玲久司朱辻直人が所属する青山学院大学に進学。

インカレ(全日本大学バスケットボール選手権大会)では2010年と2011年の2年連続優勝。[要出典]

4年時のインカレでは3連覇に貢献してMVPを受賞。[要出典]

多くの輝かしい成績を残し、在学中の2012年に日本代表に初選出。

人物[編集]

  • 「ステラリアン ・バスケットボール株式会社」所属。
  • 自身のブランド「M6H(エム シックス エイチ)」のプロデュースを行う。
  • オンラインサロン「まこドライ部」を運営[1]
  • プロ野球観戦が趣味で、地元福岡の福岡ソフトバンクホークスの大ファン。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]