ギャビン・エドワーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ギャビン・エドワーズ
Gavin Edwards
Gavin Edwards (cropped).jpg
千葉ジェッツふなばしでのエドワーズ
千葉ジェッツふなばし  No.21
ポジション パワーフォワード
背番号 21
身長 206cm (6 ft 9 in)
体重 110kg (243 lb)
足のサイズ 36cm
基本情報
本名 Gavin Edwards
ラテン文字 Gavin Edwards
誕生日 (1988-01-15) 1988年1月15日(33歳)
日本の旗 日本
出身地 アリゾナ州
出身 メスキート高校
コネチカット大学
ドラフト 2010年 指名無し
選手経歴


2010-11
2011-12
2012-13
2013-17
2017-
大韓民国の旗安養KGC人参公社
ウクライナの旗Khimik OPZ
アメリカ合衆国の旗スプリングフィールド・アーマー
ギリシャの旗DASH Peristeri
マレーシアの旗Westsports KL Dragons
日本の旗アイシン/シーホース三河
日本の旗千葉ジェッツふなばし
受賞歴

ギャビン・エドワーズGavin Edwards1988年1月15日 - )は、アメリカ合衆国出身の男子バスケットボール選手。身長206cm、体重110kg、ポジションはパワーフォワード。2013年から2017年までシーホース三河(アイシンシーホース)に所属し、2014-15シーズンと2015-16シーズンには最多ブロックショットのタイトルを獲得した。2017-18シーズンより千葉ジェッツふなばしに所属する。バスケットボール日本代表

経歴[編集]

学生時代[編集]

1988年、アリゾナ州フェニックス (アリゾナ州)に生まれる。メスキート高校英語版では2005-06シーズンに1試合平均17.5得点、リバウンド数8.5、ブロックショット3.3の成績をあげ、地区最優秀選手と、全州のオナラブル・メンションに選出された。また高校では通算100以上のブロックショットを記録し、メスキート高校史上最多記録を残した[1]

2006年にコネチカット大学に進学し、4年間で123試合に出場、1試合平均5.1得点、3.4のリバウンドだった。最後の2009-10シーズンでは平均10.6得点、6.5リバウンドの成績を残した[1]。また、当時のチームメイトにケンバ・ウォーカーがいた。

プロ選手として[編集]

2010年のNBAドラフトで指名を受けられなかったエドワーズはNBAサマーリーグに参加し、その後2010年12月21日、Dリーグスプリングフィールド・アーマーに加入し、39試合に出場して10.62得点、5.44リバウンドを挙げた[2]

2011-12シーズンはギリシャのペリステリBC英語版と契約、19試合に出場し、1試合平均9.5得点だった[2]

2013年、NBLアイシンシーホース三河と契約する。三河では2014-15シーズンと2015-16シーズンに最多ブロックショットのタイトルを獲得し、2014-15シーズンにはチームのリーグ優勝に貢献した。

NBLからBリーグとなった2016-17シーズン、レギュラーシーズン60試合全てに出場し14.6得点を挙げた。シーズン終了後、エドワーズは三河との契約を更新せず[3]千葉ジェッツふなばしへ移籍した[4]

2020年1月、日本国籍を取得した[5]

日本代表歴[編集]

日本国籍を取得した翌月の2020年2月、日本代表候補に選出される。FIBAアジアカップ予選や強化試合などに帰化選手枠で出場。2021年7月、東京オリンピック日本代表に選出された。オリンピックは予選リーグ2試合に出場。2戦目で肩を負傷したため、3戦目は欠場した。

個人成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2013-14 三河 53 12 23.6 60.7 50.0 64.7 8.1 1.0 0.5 1.8 1.6 13.9
2014-15 54 5 22.9 63.8 20.0 66.0 7.9 1.3 0.8 1.9 1.6 13.8
2015-16 53 13 25.3 57.8 36.4 71.6 7.8 1.4 0.8 1.8 2.3 15.0
2016-17 60 16 26.0 54.5 29.2 68.8 7.5 1.5 0.8 1.2 1.6 14.6
2017-18 千葉 60 59 29.0 60.9 25.7 64.4 7.7 2.8 0.9 1.2 2.1 18.1
2018-19 59 59 27.5 56.4 41.4 61.4 7.9 3.4 0.9 0.8 2.5 13.8
2019-20 31 31 29.8 58.1 43.4 63.6 8.3 2.3 1.2 1.4 2.3 17.7
  • 2019-20シーズンは40試合で打ち切り

プレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2017 三河 5 2 26.2 47.6 0.0 66.7 7.2 1.8 0.6 1.4 1.0 14.0
2018 千葉 6 6 26.0 53.0 75.0 65.4 7.2 0.8 0.7 0.7 2.8 15.5
2019 5 5 29.2 58.2 0.0 60.7 8.8 2.2 1.0 1.8 3.6 16.2

タイトル・表彰・記録[編集]

家族[編集]

父のアール・エドワーズ英語版アメリカンフットボールの選手であり、1969年から1979年にかけてNFLの4チームでプレイした経歴を持つ[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c Gavin Gavin Edwards bio”. UCONNHUSKIES.COM. コネチカット大学. 2017年6月29日閲覧。
  2. ^ a b Gavin Edwards Player Profile”. RealGM. 2017年6月29日閲覧。
  3. ^ “選手退団のご報告 (#21 ギャビン・エドワーズ選手)” (プレスリリース), シーホース三河, (2017年6月29日), https://go-seahorses.jp/news/170629_01.html 2017年6月29日閲覧。 
  4. ^ “2017-18シーズン ギャビン・エドワーズ選手 契約基本合意のお知らせ” (プレスリリース), 千葉ジェッツ, (2017年6月29日), https://chibajets.jp/news/26568.html 2017年6月29日閲覧。 
  5. ^ “千葉ジェッツのギャビン・エドワーズが日本国籍を取得「言葉にならない気持ちでいっぱい」”. バスケット・カウント. (2020年1月23日). https://basket-count.com/article/detail/35511 2020年3月7日閲覧。 

外部リンク[編集]