トム・ホーバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トム・ホーバス
Tom Hovasse
Tom Hovasse.jpg
バスケットボール男子日本代表 HC
ポジション SF
役職 ヘッドコーチ
基本情報
英語 Tom Hovasse
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1967-01-31) 1967年1月31日(55歳)
出身地 コロラド州デュランゴ
身長(現役時) 203cm (6 ft 8 in)
体重(現役時) 95kg (209 lb)
キャリア情報
出身 ペンシルベニア州立大学(1985-89)
ドラフト 1989年 指名なし
選手経歴
1989-1990

1990-1994
1994
1995
1995-2000
2000-2001
スポーティングクラブ
オブ・ポルトガル
トヨタ自動車ペイサーズ
アトランタ・ホークス
ピッツバーグ・ピラニアズ英語版CBA
トヨタ自動車ペイサーズ
東芝レッドサンダース
指導者経歴
2010-2017
2012-2013
2016-2017


2011-2017
2017-2021
2021-
JXサンフラワーズ(AC)
フェニックス・マーキュリー(AC)
JX-ENEOSサンフラワーズ

ナショナルチーム
女子日本代表(AC)
女子日本代表
男子日本代表
Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.com 選手情報 NBA.Rakuten

トーマス・ウェイン・ホーバスThomas Wayne Hovasse1967年1月31日 - )は、アメリカ合衆国バスケットボール指導者で元プロバスケットボール選手。コロラド州デュランゴ出身。現役時代のポジションはスモールフォワード。2017年1月よりバスケットボール女子日本代表ヘッドコーチを務め2020東京オリンピックでチームを銀メダルに導いた。2021年9月よりバスケットボール男子日本代表のヘッドコーチを努めている。

来歴[編集]

コロラド州デュランゴ出身。5歳の時、バスケットボールを始める。ウィディフィールド・ハイ・スクール、ペンシルベニア州立大学卒業。

選手時代[編集]

大学卒業後、ポルトガルリーグスポルティングを経て、1990年に日本リーグのトヨタ自動車ペイサーズ(現:アルバルク東京)に入団。4年連続の日本リーグ得点王や、2年連続の3ポイント王を獲得。

1994年、NBAアトランタ・ホークスに所属し、2試合に出場[1]

1995年、独立リーグCBAピッツバーグ・ピラニアズ英語版を経てトヨタ自動車に復帰。

2000年、東芝レッドサンダース(現:川崎ブレイブサンダース)に移籍し、1シーズンプレーした後引退。

指導者[編集]

アメリカ帰国後、アメリカ連邦捜査局(FBI)に応募していたが同時多発テロ事件の影響で採用が見送りとなり[2]、一般企業に就職した。その合間に高校生のバスケットコーチをしていた[3]

2010年、Wリーグに所属するJXサンフラワーズ(現:ENEOSサンフラワーズ)からオファーがあり、コーチに就任。女子バスケットに関わるのはこの時が初めてだった[3]

2011年、中川文一HCの下、女子日本代表アシスタントコーチを務める。

2012年から2013年にかけてWNBAフェニックス・マーキュリーにてボランティアアシスタントコーチを務める。

2014年、JXアソシエイトヘッドコーチ(AHC)昇格。内海知秀HCの下、女子日本代表のアシスタントコーチにも就任。

2016年、JX-ENEOSのヘッドコーチに昇格[4]Wリーグ2016-17シーズン、コーチ・オブ・ザ・イヤーを受賞。

2017年、女子日本代表ヘッドコーチに就任[5]。女子日本代表における外国人HCは史上初[6]

FIBA女子アジアカップ2017年大会2019年大会で優勝を達成。2018年のワールドカップ・スペイン大会で9位。2021年7月開幕の東京オリンピックでも指揮を執り、日本史上初の銀メダル獲得に導いた。

2021年9月21日、バスケットボール男子日本代表のヘッドコーチに就任したことが発表された[7][8]

ヘッドコーチ成績[編集]

NBAヘッドコーチ実績表略号説明
レギュラーシーズン G 試合数 W 勝利数 L 敗戦数 W–L % レギュラーシーズン勝率
ポストシーズン PG 試合数 PW 勝利数 PL 敗戦数 PW–L % プレイオフ勝率
シーズン チーム G W L W–L% シーズン結果 PG PW PL PW–L% 最終結果
JX-ENEOSサンフラワーズ 2016-17 27 27 0 1.000 1位 7 7 0 1.000 優勝

人物[編集]

  • トヨタ自動車にはプロではなく仕事をしながらプレーできる環境を求め[2]ニューヨークで行われたトライアウトを受験して入団した[3]。入社後、日中は東京本社海外マーケティング部に電車通勤し、オフィスワークを行っていた。「忙しいのが性に合った」と振り返っている[3]
  • 日本での在住年数が長く、日本語が堪能。妻は日本人で、家での会話は日本語である[3]。「多少の間違いがあっても自分の言葉で伝える方がインパクトがある」との考えから選手の指導、日本国内のマスコミへの対応も通訳を介さず日本語で行なっている[9]
  • リック・カーライルに似ているとよく言われている。
  • 選手からは「トムさん」と呼ばれ慕われる。
  • 日本代表について2020東京オリンピック後に「スーパースターはいないけど、スーパーチーム」と称えた[10]

テレビ出演[編集]

深いい話

書籍[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Tom Hovasse”. basketball-reference.com (2017年). 2017年3月9日閲覧。
  2. ^ a b 「9.11がなければFBIに」 異色の日本代表監督:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年9月18日閲覧。
  3. ^ a b c d e 日本代表の指揮官、トム・ホーバスの野望(後編)「日本はさらに成長している」
  4. ^ “JX-ENEOSサンフラワーズ 新ヘッドコーチ就任について” (プレスリリース), JXエネルギー株式会社, (2016年4月18日), http://www.noe.jx-group.co.jp/newsrelease/2016/20160418_01_1040054.html 
  5. ^ “元NBAホーバス氏が女子バスケ日本代表監督に就任”. 日刊スポーツ. (2017年1月23日). http://www.nikkansports.com/sports/news/1769231.html 
  6. ^ “女子日本代表トム・ホーバス新ヘッドコーチ就任「日本のエースを目指すなら夢を語れ!」”. BASKETBALL SPIRITS. (2017年1月26日). http://www.bbspirits.com/column/j170125/ 2017年7月14日閲覧。 
  7. ^ 女子バスケ五輪銀メダルのホーバス監督が男子代表監督に就任 日本協会発表”. nikkansports.com (2021年9月21日). 2021年9月21日閲覧。
  8. ^ 女子バスケ五輪銀メダルのホーバス監督が男子代表監督に就任 日本協会発表”. Yahoo.co.jp (2021年9月21日). 2021年9月21日閲覧。
  9. ^ 母国に挑んだバスケ女子日本代表監督 満員電車に揺られ日本で育った朝日新聞2021年7月30日
  10. ^ 日本バスケ快挙にホーバス監督「スーパースターいないがスーパーチーム」高田主将「小さくても勝てる」東京スポーツ2021年8月15日
  11. ^ アスリートの魂「金メダル本気でねらいます バスケットボール女子日本代表」”. NHKオンライン. 2017年8月5日閲覧。
  12. ^ https://twitter.com/bankisha/status/1432125455008555011” (日本語). Twitter. 2021年9月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
佐藤清美
2012-2016
JX-ENEOSサンフラワーズ
ヘッドコーチ
2016 - 2017
次代:
佐藤清美
2017-現在