長谷川誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長谷川 誠
Makoto Hasegawa
Hasegawa makoto akita.jpg
現役時代
ポジション ポイントガード
身長 186cm (6 ft 1 in)
体重 85kg (187 lb)
血液型 O型[1]
足のサイズ 28.5cm
基本情報
愛称 Mike(マイク)
ラテン文字 Makoto Hasegawa
誕生日 (1971-04-02) 1971年4月2日(46歳)
日本の旗 日本
出身地 秋田県横手市
出身 能代工業高校
日本大学
ドラフト  
選手経歴
1994-1996
1996-2000
2000-2001
2001-2002
2002-2010
2010-2013
松下電器
ゼクセル
サンディエゴ・ワイルドファイヤ英語版
いすゞ自動車
新潟アルビレックスBB
秋田ノーザンハピネッツ
指導者経歴
2014-2017 秋田ノーザンハピネッツ

長谷川 誠(はせがわ まこと、1971年4月2日 - )は、日本のプロバスケットボール選手、指導者である。"Mike"(マイク)の愛称で知られる。

能代工業高校日本大学を経て1994年に日本リーグ松下電器に進み、この年リーグ優勝、新人王とMVPを同時に獲得。その後ゼクセルを経て2000年にアメリカABAサンディエゴ・ワイルドファイヤ英語版に1シーズン加入した。帰国後はいすゞ自動車新潟アルビレックスBBを経て、2010年より秋田ノーザンハピネッツのプレイングマネージャーを務めてきたが、2012-13シーズン限りで現役引退した。日本初のプロ選手契約を結んだ選手であり、また日本人で初めて日本国外のプロリーグに所属した選手でもあった。ポジションはポイントガード。現役時代の身長186cm、体重85kg[1]

引退後は秋田のテクニカルディレクター職を経て、2014-15シーズンよりヘッドコーチに就任。B.LEAGUE 2016-17シーズンB1残留プレーオフ終了後、ヘッドコーチ辞任を表明した。

略歴[編集]

学生時代[編集]

1971年、秋田県横手市(旧平鹿郡雄物川町)に生まれる。小学5年生の頃からバスケットボールを始め、雄物川中学校時代には3年次に東北大会3位入賞[2]。能代工業高学監督の加藤廣志にスカウトされ同校に入学した[2]。それまではセンターのポジションであったが、高校ではガードに転向し、同級生の関口聡史らと共に1987年の選抜大会、1988年の国体とウィンターカップ、1989年のインターハイと国体の優勝に貢献[2]。高校卒業後は関口とともに日本大学に進学し、4年次には大学三冠も経験した[2]

実業団、プロ選手時代[編集]

1994年松下電器に入団、初年度よりチームをリーグ優勝に導き、日本リーグ新人王とMVPを同時に獲得した[2][注 1]

1996年、この年日本リーグ2部に加入したゼクセルに移籍。初年度に2部リーグを制覇し、1部昇格を果たす。また同年1月2日に放送されたテレビ番組『最強の男は誰だ!壮絶筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦』では池谷幸雄らを抑え総合No.1となった[3]

1997年、ゼクセルとプロ契約を結び、日本初のプロバスケットボール選手となった[2][注 2]

2000年ABAのサンディエゴ・ワイルドファイヤに移籍。男子バスケでは日本人初の海外プロリーグ選手となった[4]マリック・アレンピーター・コーネルらとプレーした。

2001年に帰国し、JBLスーパーリーグのいすゞ自動車に入団。JBL準優勝、アジアバスケットボールリーグ準優勝などに貢献したが、チームはこの年限りで休部となり、翌2002年、新潟アルビレックスBBに移籍する。2005年にアルビレックスがbjリーグに移籍し、翌2006-07シーズンに行われたオールスターゲームに選出。JBLとbjリーグ両方のオールスターに選出された初の選手となった。アルビレックスには2009-10シーズンまで所属し、その間2005-06シーズン、2006-07シーズンの2度、フリースロー成功率2位にランクインした[1]

2010年にフリーエージェント宣言を行い、同年に設立された秋田ノーザンハピネッツに移籍[4]。当初球団はヘッドコーチ就任を打診しており[5]、先に監督契約で合意していたが[6]、現役続行を望む長谷川の意向に応え、bjリーグ史上初のプレイングマネージャーとして契約[7][注 3]。長谷川はフロント業務兼任となり[5]、試合の指揮はヘッドコーチが執った[注 4]。しかしハピネッツ所属初年度となる2010-11シーズンこそ33試合・356分に出場したものの[1]、翌2011-12シーズンには18試合・122分[1]、さらに次の2012-13シーズンでは44試合を消化した時点で出場8試合・32分と、怪我などの影響で出場機会は徐々に少なくなっていた。

レギュラーシーズン8試合を残した2013年4月2日、自らの42歳の誕生日に記者会見を開き、2012-13シーズン限りでの現役引退を表明[5]。シーズン終了後は指導者を目指す意向を明らかにした[5]

日本代表として[編集]

バスケットボール男子日本代表としては1994年から2000年までの7年間にわたって選出され、1994年に広島県で開かれたアジア大会では3位入賞、翌1995年に福岡県で行われたユニバーシアードでは大会得点王となり、日本を準優勝へ導いた[4]。また1998年には、31年ぶりとなる世界選手権出場を果たした[4]

引退後[編集]

引退後は秋田ノーザンハピネッツのテクニカルディレクターに就任し、チーム編成とフロント業務などを担った[8]。また、日本バスケットボール協会3x3推進室専門委員にも就任した[9]。2014年1月25日には、日本人選手としては初となる引退試合を開催した。

2014年7月1日、それまで秋田のヘッドコーチであった中村和雄の後任として、ヘッドコーチに就任した[10]

秋田ノーザンハピネッツB.LEAGUE 2016-17シーズンB1残留プレーオフにおいて敗退し、来期からのB2降格が決定した責任を取り、2017年5月18日、ヘッドコーチ辞任を表明した[11]

引退試合[編集]

2014年1月25日に秋田市立体育館で行われた引退試合は、翌26日にで行われるbjリーグオールスターゲームのイベントの一環として行われたものであった。長谷川は親交のある選手や元選手を集めた「長谷川フレンズ」を結成し、長谷川の母校である能代工業高校と対戦した。対戦相手に能代工業を選んだ理由として長谷川は、近年全国制覇から遠ざかっている母校の強化を挙げた。2,214名の観客の前で行われた試合は長谷川フレンズが72対61で勝ち、長谷川は11得点を挙げた[12][13]

長谷川フレンズメンバー[編集]

No. 名前 P 生年 身長 出身 主な所属
3 小納真樹 PG 1973 173cm 秋田県 元・トヨタ自動車アルバルク
4 長谷川誠 PG 1971 186cm 秋田県 秋田ノーザンハピネッツ
7 鈴木慶太 SG 1981 180cm 神奈川県 F'SQUAD(ストリートボール
9 池田千尋 SG 1984 182cm 神奈川県 平塚Connections(ストリートボール
10 山崎昭史 C 1968 216cm 愛媛県 元・松下電器
11 佐久本智 F 1972 190cm 沖縄県 元・トヨタ自動車
13 吉元悠 PG 1982 170cm 秋田県 元・秋田ノーザンハピネッツ
14 加藤真 F 1982 192cm 宮城県 元・秋田ノーザンハピネッツ
32 石橋貴俊 C 1968 210cm 北海道 元・日鉱共石・ジャパンエナジー
34 大場清悦 G 1973 175cm 秋田県 元・ゼクセル、秋田ノーザンハピネッツ・ゼネラルマネージャー
45 古田悟 C/F 1971 199cm 愛知県 元・トヨタ自動車
69 湊大樹 F 1991 190cm 秋田県 専修大学

脚注[編集]

  1. ^ 2013年現在まで日本バスケ界での達成者は女子を含めても渡嘉敷来夢しかいない。
  2. ^ 同年には外山英明大和証券ホットブリザーズとプロ契約を結んでおり、ともに日本初のプロ選手として知られる。
  3. ^ bjリーグにおける兼任選手としては、長谷川以前の2005-06シーズンに選手兼ヘッドコーチを務めた埼玉ブロンコスチャールズ・ジョンソンの事例がある。
  4. ^ ただし2011年2月5日の高松ファイブアローズ戦では、当時のロバート・ピアスヘッドコーチが出場停止になったため、一時ヘッドコーチ代行としてチームを指揮し、また選手としても出場し6得点をあげた。この試合は80対54でハピネッツが勝利した。
[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『bjリーグオフィシャルガイドブック 2012-2013』 日本プロバスケットボールリーグ、2012年10月6日
  2. ^ a b c d e f 伊藤耕平 『最強チーム勝利の方程式 能代工バスケ部物語』 日刊スポーツ出版社、2013年1月3日、初版、115-116頁。ISBN 978-4-8172-0300-7
  3. ^ “「第60回よい歯コンクール」に長谷川PM・田口選手がトークゲストとして登場!” (プレスリリース), 秋田ノーザンハピネッツ, (2012年6月6日), http://www.plus-blog.sportsnavi.com/akitapro/article/1306 2013年4月4日閲覧。 
  4. ^ a b c d “【長谷川誠】これまでの軌跡” (プレスリリース), 秋田ノーザンハピネッツ, (2013年4月4日), http://www.plus-blog.sportsnavi.com/akitapro/article/1824 2013年4月4日閲覧。 
  5. ^ a b c d 秋田ノーザンハピネッツ・長谷川誠選手(42)が現役引退を表明【記者会見全文】”. Basketballnavi (2013年4月2日). 2013年4月4日閲覧。
  6. ^ “長谷川 誠 氏 監督契約基本合意のお知らせ” (プレスリリース), 秋田ノーザンハピネッツ, (2010年6月7日), http://www.plus-blog.sportsnavi.com/akitapro/article/34 2013年4月4日閲覧。 
  7. ^ “長谷川 誠 選手 選手契約基本合意のお知らせ” (プレスリリース), 秋田ノーザンハピネッツ, (2010年6月8日), http://www.plus-blog.sportsnavi.com/akitapro/article/38 2013年4月4日閲覧。 
  8. ^ “【長谷川誠氏】「テクニカル・ディレクター」契約基本合意のお知らせ” (プレスリリース), 秋田ノーザンハピネッツ, (2013年6月29日), http://www.plus-blog.sportsnavi.com/akitapro/article/1979 2014年7月2日閲覧。 
  9. ^ 【長谷川誠TD】JBA 3x3推進室 専門員就任のお知らせ”. 秋田ノーザンハピネッツ (2013年8月6日). 2013年8月27日閲覧。
  10. ^ “【新ヘッドコーチ】長谷川誠氏と契約合意のお知らせ” (プレスリリース), 秋田ノーザンハピネッツ, (2014年7月1日), http://www.happinets.net/news-cate02-entry/2014/07/01/8339/ 2014年7月2日閲覧。 
  11. ^ “長谷川誠ヘッドコーチ退任のお知らせ” (プレスリリース), 秋田ノーザンハピネッツ, (2017年5月18日), https://northern-happinets.com/news/24692.html 2017年5月20日閲覧。 
  12. ^ “バスケ元日本代表・長谷川さん、あす「本気」の引退試合”. 河北新報. (2014年1月24日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201401/20140124_44001.html 2014年7月2日閲覧。 
  13. ^ “バスケ元日本代表・長谷川さん、秋田で引退試合”. 河北新報. (2014年1月26日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201401/20140126_44004.html 2014年7月2日閲覧。 

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]