長谷川健志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長谷川健志
Kenji Hasegawa
20150808 Kenji Hasegawa 2052.jpg
--
--
基本情報
本名 長谷川健志
ラテン文字 Kenji Hasegawa
日本語 長谷川健志
誕生日 (1960-04-04) 1960年4月4日(58歳)
日本の旗 日本
出身地 千葉県
出身 青山学院大学
ドラフト  
指導者経歴
1985-1988
1989-1993
1997-2013
2014-2016
2017
青山学院大学(AC)
青山学院大学
青山学院大学
男子日本代表
栃木ブレックス

長谷川 健志(はせがわ けんじ、1960年4月4日 - )は、日本バスケットボール指導者。元男子日本代表ヘッドコーチ。

略歴[編集]

青山学院大学卒業後、NIKE入社。1989年青山学院大学バスケットボール部男子監督に就任し、インカレ優勝を含めファイナル4進出7回、関東大学リーグ戦優勝5回、関東大学選手権大会優勝5回、全日本大学バスケットボール選手権大会優勝4回のチームに成長させた[1]。また、日本学生選抜監督、ジョーンズカップ日本代表監督、ユニバーシアード日本代表コーチを歴任、2007年夏季ユニバーシアード(バンコク大会)日本代表監督を務めた[2]。2013年10月の東アジア競技会でも日本代表チームを指揮した[3]

2014年男子日本代表監督に就任[1][4]2014年アジア大会での20年ぶりの銅メダル獲得や、2015年アジア選手権での18年ぶりのベスト4進出などを達成し2016年リオデジャネイロオリンピック世界最終予選に出場したが、オリンピック出場権の獲得はならなかった。

2016年11月30日付けで、任期の2018年3月を待たずに任期途中での解任となった[5]。解任の理由は、「東京五輪に向けて、新たな再スタートを切りたいと思います」という協会側の方針理由だった。

2017年、Bリーグ・リンク栃木ブレックスHCに3年契約で就任[6]。しかしながら自身の体調不良で11月10日付で退任[7]した。

著書[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]