渡邊雄太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
渡邊雄太
Yuta Watanabe
Yuta Watanabe GW.jpg
メンフィス・グリズリーズ  No.12
ポジション SF
背番号 12
身長 206cm (6 ft 9 in)
体重 93kg (205 lb)
ウィングスパン 208cm  (6 ft 10 in)
血液型 A[1]
最高到達点 359cm
基本情報
本名 渡邊雄太
ラテン文字 Yuta Watanabe
日本語 渡邊雄太
誕生日 (1994-10-13) 1994年10月13日(23歳)[2]
日本の旗 日本
出身地 香川県の旗 香川県[2]
出身 尽誠学園高校
ジョージ・ワシントン大学
ドラフト 2018年ドラフト外 
選手経歴
2018-
メンフィス・グリズリーズ
代表歴
キャップ 日本の旗 日本

渡邊 雄太(わたなべ ゆうた、1994年10月13日[2] - )は、日本の男子バスケットボール選手。香川県木田郡三木町出身[3]。ポジションはSF[2]尽誠学園高等学校卒業[2]ジョージ・ワシントン大学卒業。メンフィス・グリズリーズに所属している。

両親はともに現役時に実業団チームに所属した元選手で、父・英幸は熊谷組、母・久美(旧姓久保田)シャンソン化粧品に所属し日本代表経験も有する。姉・夕貴Wリーグアイシン・エィ・ダブリュに所属した元バスケットボール選手[4]

来歴[編集]

高校まで[編集]

小学1年の時、三木スポーツ少年団で本格的にバスケットボールを始める[5]

高松市立牟礼中学校2年生時の2009年3月に香川県選抜チームのメンバーとして第22回都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会に出場[6]

2010年4月、尽誠学園高等学校に進学。1年次よりスターターとして全国大会に出場し、2011年および2012年全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会で2年連続で準優勝して全国ベスト5に選出されている。

アメリカ留学[編集]

日本生まれのNCAAディビジョンⅠプレーヤー
渡邊雄太
渡邊は、日本生まれでNCAAディビジョンⅠでプレーした4番目のプレーヤーである。

高校卒業後の進路については2012年春までにはアメリカ留学を決意。周囲には反対の声もあったが、同年夏にはNBA経験のある田臥勇太もアメリカ行きを後押し。家族も田臥の言葉を信じてアメリカ留学が決定した[7]

2013年3月に高校を卒業した後、9月からコネチカット州のセント・トーマス・モア・スクール(プレップスクール、大学進学のための準備学校)に通い、NCAA1部の大学への入学を目指した[8]。スクールでプレーした2013-14レギュラーシーズンは、1試合平均13得点、6リバウンドを記録。ナショナルプレップチャンピオンシップ準優勝に貢献し、オールファーストチームに選出された。シーズン中の2014年2月、NCAA1部のジョージ・ワシントン大学へ進学することが決定[9]。日本生まれの選手がNCAA Iの大学でプレーするのは渡邊で4人目。

2014年11月14日、グランブリング州立大戦でNCAAデビューを果たし、20分間の出場で8得点7リバウンド1ブロックを記録[10]。年末にハワイで行われたダイヤモンドヘッド・クラシックの決勝では、逆転スリーポイントなど10得点4リバウンドの活躍で、全米ランク11位のウィチタ大を破っての優勝に貢献した[11][12]2015年3月7日、レギュラーシーズン最終戦のマサチューセッツ大戦でシーズンハイの21得点を挙げた。

シーズン中、頭角を現すにつれ注目度が高まり、ワシントン・ポストニューヨーク・タイムズなどのメディアに渡邊の特集記事が掲載された[13]

チームはNCAAトーナメントには進出できなかったが、3月17日に開幕したナショナル・インビテーション・トーナメント(全米招待トーナメント、NIT)に出場し、1回戦で、ACCに属する強豪校のピッツバーグ大に対し、33年ぶりとなる歴史的勝利をおさめる[14]。2回戦でテンプル大に敗れ、1年目のシーズンが終了した。シーズン35試合に出場し、平均7.4得点、3.5リバウンド。

大学2年の2015-16シーズンも主力として試合に出場し、対戦相手校のエース級とマッチアップする場面もあった。レギュラーシーズン最終戦のデビッドソン大戦でキャリアハイの22得点[15]。ジョージ・ワシントン大はNCAAトーナメントには進出できなかったが、NITで優勝した。決勝のヴァルパライソ大戦での渡邊の成績は33分出場、6得点、4リバウンド、4ブロック。シーズン38試合に出場し、8.4得点、4.0リバウンド、1.4アシスト、1.1ブロック。

8月、ジョージ・ワシントン大学の一員として、日本代表(3試合)や琉球ゴールデンキングス(1試合)との親善試合に出場した。

大学3年目の2016-17シーズンは序盤にふくらはぎを負傷し7試合欠場したが、主力として常に相手チームのエースとのマッチアップを担った。NCAAトーナメントには出場できなかったが、A-10カンファレンスのオール・ディフェンシブ・チームに選出された[16]

大学最終年の2017-18シーズンはジョージ・ワシントン大の3人のキャプテンのうちの1人に就任した[17]。12月のモーガン州大、テンプル大との2試合で平均21.5得点、6.5リバウンド、3.5スティール、2.5ブロックをマークし、A-10カンファレンスのプレイヤー・オブ・ザ・ウィークを受賞した[18]。2月7日のラサール大戦で自己最多を更新する29得点。大学最後のホームゲーム、2月28日のフォーダム大戦でさらに自己最多を更新する31得点を記録した[19]。チームのエースとして、得点、リバウンド、ブロック数はチーム1位で、A-10カンファレンス最高クラスの2ウェイプレーヤーと評された[20]。A10カンファレンスのディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーをジョージ・ワシントン大の選手として初めて受賞。また、オールディフェンシブチーム(2シーズン連続)およびオールサードチームにも選出された。

NBA[編集]

ブルックリン・ネッツの一員としてNBAサマーリーグに参加し、試合平均で24分出場、9.4得点4.2リバウンド、1.6ブロックを記録した。 サマーリーグ後の2018年7月20日、メンフィス・グリズリーズと2-way契約を結んだ。

スタッツ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2014–15 ジョージ・ワシントン大学 35 10 22.5 .384 .348 .831 3.5 .6 .4 .6 7.4
2015–16 ジョージ・ワシントン大学 38 37 27.7 .422 .306 .707 4.0 1.4 .6 1.1 8.4
2016–17 ジョージ・ワシントン大学 28 27 35.1 .444 .314 .817 4.75 2.5 1.1 1.1 12.2
2017–18 ジョージ・ワシントン大学 33 33 36.6 .437 .364 .807 6.06 1.6 .8 1.6 16.3
通算 134 107 30.1 .425 .337 .788 4.5 1.5 .7 1.1 10.9

経歴[編集]

日本代表歴[編集]

2013年アジア選手権

高校1年生時の2011年2月、U-18日本代表候補に選出される[22]

高校2年生に進級した2011年4月には高校生で初めてバスケットボール男子日本代表候補に選出され[23]、8月のウィリアム・ジョーンズカップに出場した[24]

高校3年生時の2012年も日本代表に選出され、7月に行われた大田区総合体育館開館記念の台湾との親善試合でベンチ入りした[25]。8月にはU-18日本代表主将としてウランバートルで開催された第22回FIBAアジアU-18選手権に出場。準決勝まで勝ち上がったが中国に敗れる。3位決定戦ではイランに敗れて4位[26]

2013年3月に高校を卒業した後はアメリカ留学の準備をしつつ、その間にも日本代表に選出され5月に仁川で開催された第3回東アジア選手権で3位。8月にマニラで開催された第27回アジア選手権では9位[27]

大学1年生のシーズンを終えた2015年、2年ぶりに日本代表の強化合宿に参加するが学業優先のため1次・2次合宿のみ参加した[28]

大学2年生のシーズンを終えた2016年、リオデジャネイロオリンピック世界最終予選日本代表に選出された[29]。予選ではラトビア戦チェコ戦ともにスターターで出場したが、2連敗で五輪切符獲得はならなかった。

大学4年生のシーズンを終え、メンフィス・グリズリーズと2-way契約を締結した後の2018年9月、2019年FIBAバスケットボール・ワールドカップアジア2次予選に出場する日本代表に合流。

プレイスタイル[編集]

2mを超える身長ながらカットインや3Pシュートなどのアウトサイドのプレーも得意とするオールラウンダー[26]。ディフェンス力も高く相手チームのエースとのマッチアップを多く任されている。日本のバスケットボール界では206cmの長身であるとインサイドなどの中でセンターをやらされてしまうが、アメリカの大学では3Pシューターとしてのフォワードとして起用するのが大きなちがい。ジョージ・ワシントン大のマイク・ロナーガンコーチは、ガードのボールハンドリングと正確なシューティング力、フォワードの運動能力と高さを併せ持ち、いくつものポジションをこなせる汎用性の高いオールラウンドプレーヤーだと評している[30]。アメリカバスケットボール関係者の中にはトニー・クーコッチみたいな選手という評価もある。田臥勇太は渡邊について、クーコッチよりスピーディな感じがする、スピードが武器と評している[31]

リッチモンド大学のコーチは1-3-1のトップを務める渡邊のディフェンスについて、腕が長く運動能力の高い選手がパスを邪魔しにくるためすごい威圧感があると『Richmond Times Dispatch』に答えている[32]

人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 月刊バスケットボール2015年5月号渡邊雄太特集のプロフィール欄” 
  2. ^ a b c d e 日本代表チーム”. 第3回東アジアバスケットボール選手権大会. 公益財団法人日本バスケットボール協会. 2013年5月14日閲覧。
  3. ^ 夢はNBAの大舞台/渡辺、米名門大に進学へ”. 四国新聞. 2014年5月16日閲覧。
  4. ^ バスケットボールスピリッツVOL1 39ページ
  5. ^ 19日からバスケ日本代表候補合宿/尽誠・渡辺”. 四国新聞. 2013年5月14日閲覧。
  6. ^ 第22回都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会男子 香川県メンバー紹介”. 日本バスケットボール協会. 2014年10月23日閲覧。
  7. ^ 毎日新聞2016年2月28日
  8. ^ バスケ日本代表の渡辺(尽誠高出)今夏渡米”. 四国新聞. 2013年5月14日閲覧。
  9. ^ 宮地陽子 (2014年2月14日). “[海外]渡邊雄太、アメリカでの近況”. ケイジャー. 2014年4月18日閲覧。
  10. ^ [1]
  11. ^ “究極の期待の中で日々成長するNCAA初シーズン”. Cager. (2015年1月18日). http://cager.co.jp/special/overseas-special/29992/ 
  12. ^ “ジ大・渡辺雄太 逆転3Pシュートで“番狂わせV”に貢献”. スポーツニッポン. (2014年12月27日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/12/27/kiji/K20141227009527690.html 
  13. ^ “米大学バスケ界に203cmのサムライ!渡邉雄太はNCAAの頂点を目指す。”. (2015年4月3日). http://number.bunshun.jp/articles/-/823048 
  14. ^ “渡辺雄太のジョージ・ワシントン大 全米招待初戦で歴史的勝利”. (2015年3月18日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/03/18/kiji/K20150318010005790.html 
  15. ^ NBAに最も近いところにいる日本人、渡邊雄太が歴史を変える瞬間は来るか
  16. ^ “カレッジ3年目のシーズンを終えた渡邊雄太インタビューvol.2「得点する手段、テクニックを増やせたのは大きな収穫」”. バスケットカウント. (2017年3月22日). http://basket-count.com/article/detail/2030 
  17. ^ ジョージ・ワシントン大が渡邊雄太を特集、開幕戦は19得点11リバウンド7ブロックの活躍BasketballKING 2017年11月11日
  18. ^ 日本仕込みのバスケIQ 23歳・渡邊雄太が“ケンカ上等”米大学バスケで輝ける理由
  19. ^ 大学最後のホームゲームで自己最多の31点。いろいろな思いがよぎって感情を抑えきれなかった渡邊雄太
  20. ^ 渡辺、米大学バスケで奮戦 NBAにアピール日経新聞2018年2月26日
  21. ^ 12 Yuta Watanabe #RISEHIGH”. gwsports.com (2014年). 2015年5月6日閲覧。
  22. ^ バスケ男子U-18代表に尽誠高の2選手”. 四国新聞 (2011年2月18日). 2014年10月23日閲覧。
  23. ^ 19日からバスケ日本代表候補合宿/尽誠・渡辺”. 四国新聞 (2011年4月19日). 2014年10月23日閲覧。
  24. ^ 日本代表チーム”. 第33回男子ウィリアム・ジョーンズカップ. 公益財団法人日本バスケットボール協会. 2013年5月14日閲覧。
  25. ^ 大田区総合体育館 開館記念事業 ゼビオチャレンジ バスケットボール男子日本代表戦 日本代表チーム vs チャイニーズ・タイペイ代表チーム”. 日本バスケットボール協会 (2012年7月1日). 2014年10月23日閲覧。
  26. ^ a b “高校バスケ男子の注目選手は尽誠・渡辺”. 日刊スポーツ. (2012年12月22日). http://www.nikkansports.com/sports/highschool-sports/2012/basketball/news/f-sp-tp0-20121222-1062916.html 
  27. ^ アメリカ挑戦がスタート!(渡邊 雄太選手)”. バスケットボールスピリッツ. 2013年12月17日閲覧。
  28. ^ ハヤブサジャパン 平成27年度男子日本代表チームが候補選手27名を発表し、強化活動をスタート”. 日本バスケットボール協会. 2015年6月15日閲覧。
  29. ^ 平成28年度男子日本代表チーム FIBA男子オリンピック世界最終予選 出場メンバー発表”. 日本バスケットボール協会. 2016年6月27日閲覧。
  30. ^ 12 Yuta Watanabe”. George Washington University MEN'S BASKETBALL. 2014年8月25日閲覧。
  31. ^ a b 毎日新聞2016年2月28日
  32. ^ 渡邊雄太選手、アメリカの大学バスケで大活躍 現地で注目集まる2015年1月23日
  33. ^ Spurs sign Patricio Garino
  34. ^ Patricio Garino finalizing a deal with the San Antonio Spurs

関連項目[編集]

外部リンク[編集]