小野秀二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小野秀二
ONO Shuji
Ono shuji.jpg
能代工業高等学校
役職 AHC
--
--
基本情報
本名 小野秀二
ラテン文字 ONO Shuji
日本語 小野秀二
誕生日 (1958-01-31) 1958年1月31日(59歳)
日本の旗 日本
出身地 秋田県能代市
ドラフト  
選手経歴
1980-1988 住友金属工業
指導者経歴
1988-2000
2000-2005
2005-2013
2014-2017
愛知学泉大学
トヨタ自動車AC
日立
アースフレンズ東京Z

小野 秀二(おの しゅうじ、1958年1月31日 - )は秋田県出身の元バスケットボール選手、指導者。

略歴[編集]

1958年秋田県能代市生まれ。能代第一中学1年よりバスケットボールを始める。当時、中学では友川かずきがコーチをしており、友川に能代工スタイルを叩き込まれた。名門秋田県立能代工業高校3年時に初の高校3冠(インターハイ国民体育大会ウィンターカップ)を達成。筑波大学進学後には全日本に選出され、同時にインカレ4位の成績をおさめる。1980年、住友金属工業に入社し、ポイント・ガードとして1982年日本リーグ、1984年オールジャパンの優勝に貢献。また9年間に渡り日本代表の主力として活躍し、アジア競技大会など数多くの国際試合を経験する。

1988年、愛知学泉大学にヘッド・コーチとして招かれ、男子バスケットボール部を創部。以後は東海学生選手権11連覇、そして同校をインカレ常連校に育てあげ、2000年には西日本学生選手権優勝、インカレ4位に導く。2000-2001シーズンより、JBL日本リーグトヨタ自動車のアシスタント・コーチに就任。シーズン途中よりヘッド・コーチに昇格しJBLファイナルに進出。翌2001-2002シーズンには、トヨタ自動車に初のJBL優勝をもたらし、自らもコーチ・オブ・ザ・イヤーを受賞。2005-2006シーズンより、JBL日立のヘッド・コーチに就任。2008-09シーズンのオールジャパン・リーグでともに準優勝へ導いた。2009年東アジア大会男子日本代表ヘッドコーチに日立との兼任かつ大会期間限定の形で就任。

2013年、日立のヘッドコーチを退任[1]

2014年、NBDLアースフレンズ東京Zのヘッドコーチに就任。[2]

経歴[編集]

選手歴:

コーチング歴:

参照[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]