石崎巧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石崎巧
Takumi Ishizaki
Ishizaki takumi 20150104.jpg
琉球ゴールデンキングス  No.0
ポジション PG/SG
背番号 0
身長 188cm (6 ft 2 in)
体重 85kg (187 lb)
血液型 O型
基本情報
本名 石崎巧
ラテン文字 Takumi Ishizaki
日本語 石崎巧
誕生日 (1984-07-06) 1984年7月6日(34歳)
日本の旗 日本
出身地 福井県福井市
出身 北陸高校
東海大学
ドラフト 2011年 ドラフト6位 
選手経歴
2007-2010
2010-2011
2011-2013
2013-2014
2014-2017
2017-
東芝
島根スサノオマジック
ケムニッツ99ers
ルートヴィヒスブルク
名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
琉球ゴールデンキングス
代表歴
キャップ 日本の旗 2008-現在

石崎 巧いしざき たくみ1984年7月6日 - )は、福井県福井市出身の男子プロバスケットボール選手である。ポジションはポイントガードシューティングガード。188cm、85kg。

来歴[編集]

2000年北陸高校に進学。3年生時の2002年茨城インターハイで優勝。ウィンターカップでは竹内兄弟擁する洛南高校に僅差で敗れたものの準優勝。2003年東海大学に進み、同期の竹内譲次らとともに全日本大学バスケットボール選手権大会連覇を達成。

JBL[編集]

2007年、東芝に入社。ルーキーシーズンより主力として34試合に出場。オールスターにも2季連続で選出されている。2009年にバスケットボール男子日本代表に選出される。

2010年3月に東芝を退社し、ドイツの下部リーグに挑戦したが契約はできず[1]、日本に帰国して日本代表に途中合流した。

bjリーグ[編集]

同年8月30日、bjリーグ入りのために必須となる合同トライアウトを受験していないが、日本代表選手でもあるため特例措置として「リーグ保有選手」扱いになり、入札により島根スサノオマジックに入団することが決まった[1]。これまで日本バスケットボール協会と対立していたbjリーグには現役日本代表選手がいなかったが彼がその第1号となった[1]。なお2011年のドラフト対象となる。この件に関するbjリーグからの事前の告知等は一切無く、島根との契約が締結され、すべてが終わった後になってから全てが発表されている。2010年度年間ベスト5賞にbjリーグ所属選手初の選出。

ドイツへ[編集]

2011年ドラフトで島根に全体6位で指名される。昨年同様欧州への挑戦を表明しており、不調に終わった場合に再契約を結ぶ見込みである。その後、ドイツリーグ2部のBVケムニッツ99と契約[2]

2013年、ドイツ1部リーグのMHPリーゼン・ルートヴィヒスブルク英語版と契約。10月6日、1部デビューを果たした。シーズン計で7試合に出場。

日本復帰[編集]

NBL2014-15シーズン開幕後の2014年10月に三菱電機(現在の名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)に加入した。

2016年にNBLとbjリーグが統合し、プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」が発足。三菱電機もプロチームである「名古屋ダイヤモンドドルフィンズ」に生まれ変わる。2016年-2017年シーズン、名古屋Dでは主将を務めた。

しかし、2017年オフに三菱電機時代から過ごしてきた名古屋Dを退団。琉球ゴールデンキングスへ移籍する。

日本代表歴[編集]

大学3年生時2005年ユニバーシアードに出場。東芝加入後にも2007年ユニバーシアードに出場しベスト4。

2009年、バスケットボール男子日本代表に選出され、小牧市で行われた東アジア選手権で3位。中国・天津で行われたFIBAアジア選手権は負傷のため外れた。12月、香港で開催された東アジア競技大会に出場。

2010年はレバノンベイルートで開催された2010年FIBAアジアスタンコビッチカップで準優勝。広州アジア大会では4大会ぶりのベスト4入りに貢献。

2011年は南京で開催された東アジア選手権で準優勝。武漢で開催されたFIBAアジア選手権(兼ロンドンオリンピック予選)は7位。

2014年、3年ぶりに代表に復帰し、FIBAアジアカップで6位。仁川アジア大会では4大会20年ぶりの3位入賞に貢献した。

経歴[編集]

  • 北陸高 - 東海大学 - 東芝(2007年〜2010年)- 島根(2010年〜2011年) - BVケムニッツ99(2011年〜2013年) - ルートヴィヒスブルク(2013年〜2014年) - 三菱電機/名古屋D(2014年〜2017年) - 琉球(2017年~)

記録[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2007-08 東芝 34 27.3 .391 .323 .750 2.7 2.8 0.9 0.1 2.6 9.3
2008-09 東芝 35 27.9 .495 .400 .730 3.5 2.9 0.8 0.2 2.3 12.7
2009-10 東芝 39 26.0 .458 .368 .745 2.5 2.9 0.9 0.1 1.9 11.1
2010-11 島根 44 34.6 .422 .370 .744 3.5 4.8 1.1 0.3 2.3 12.5
2011-12 BVC 13.7
2012-13 BVC 29 29 32.1 .444 .379 .739 2.1 3.7 0.8 0.1 2.3 12.9
2013-14 LUD 7 0 9.9 .222 .154 .500 0.4 1.1 0.3 0.0 0.4 2.1
2014-15 三菱電機名古屋
2015-16 三菱電機名古屋
B1リーグ 2016-17 名古屋D

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c bjに初の現役日本代表 バスケ男子、石崎が島根へ”. スポーツナビ (2010年8月30日). 2010年8月31日閲覧。
  2. ^ 石崎はドイツへ移籍 男子日本代表産経ニュース2011年9月8日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]