この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

田口成浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田口 成浩
Shigehiro Taguchi
Taguchi shigehiro.jpg
千葉ジェッツふなばし  No.5
ポジション シューティングガード
背番号 5
身長 184cm (6 ft 1 in)
体重 84kg (185 lb)
血液型 B型
基本情報
愛称 しげ
ラテン文字 Shigehiro Taguchi
誕生日 (1990-03-25) 1990年3月25日(29歳)[1]
日本の旗 日本
出身地 秋田県仙北市[1]
出身 明桜高等学校
富士大学
ドラフト 新人選手契約制度 
選手経歴
2012-2018
2018-
秋田ノーザンハピネッツ
千葉ジェッツふなばし
受賞歴
  • 2 × Bリーグオールスターゲーム 2016-18
  • Bリーグオールスターゲーム 3ポイントコンテスト優勝 2016-17
  • bjリーグベストファイブ 2014-15
  • bjリーグ 3ポイント成功率1位 2013-14
  • 4 × bjリーグオールスターゲーム 2012-16
  • 2 × bjリーグオールスターゲーム 3ポイントコンテスト優勝 2014-16[2]
  • bjリーグ月間MVP(2014-15シーズン12月)[3]
  • 3 × bjリーグ週間MVP[4][5][6]

田口 成浩(たぐち しげひろ、1990年3月25日 - )は、日本のバスケットボール選手である。B.LEAGUE千葉ジェッツふなばしに所属し、ポジションはシューティングガード

2012年2月に秋田に入団してプロ選手となる。2013-14シーズンにはスリーポイント成功率1位のタイトルを獲得し、2014-15シーズンにはリーグのベストファイブに選ばれた。また、2012-13シーズンから4シーズン連続でbjリーグオールスターゲームに選出され、2015-16シーズンには全体1位の得票数を獲得した[7]。2015年、2016年にはバスケットボール男子日本代表候補にも選出された。

来歴

学生時代

秋田県仙北市角館出身。角館中学校までは野球部であったが、明桜高校進学後に、先にバスケットボールをしていた2人の姉の影響でバスケットボールを始めた。全国大会には出場できなかったものの、強豪として知られる能代工業高校相手に一人で29得点したこともあった。

2008年に進学した富士大学では1年次から主力として活躍し、東北大学バスケットボールリーグでは1年次と4年次にリバウンド王、2年次から4年次まで3年連続してベストファイブ賞、得点王のタイトルを獲得した[8]。またインカレでは、3年次に強豪の法政大学オレンジウィザーズに対し30得点を挙げ、勝利への原動力となった[8]

プロ選手として

大学在学中の2012年2月にbjリーグのアーリーエントリー制度によって秋田ノーザンハピネッツに入団し、2月5日の信州ブレイブウォリアーズ戦で初出場を果たす。この試合には敗れたものの、田口はスリーポイント5本を決めて15得点を挙げた[9]。2月25日に手を骨折し約1か月間の欠場を余儀なくされたものの[10]、チームのプレイオフ進出に貢献した。

2年目となるbjリーグ 2012-13シーズンは、中村和雄ヘッドコーチによってチームの中心選手に位置づけられ、シーズン開幕前に対戦した韓国KBL原州東部プロミ姜東熙ヘッドコーチ、金鋳城からも高く評価された[11]。田口はこのシーズン、チームでただひとり全試合に出場し、1試合平均10.3得点を挙げた。また有明コロシアムで行われたオールスターゲームに主催者推薦にて選ばれ、スリーポイント2本を決めた[12]

2013-14シーズンは、チームに同じポジションの大塚裕土が加入し、開幕当初からポジション争いにさらされることとなった[13]。そうした中で田口は開幕2戦目となる10月6日の浜松・東三河フェニックスで、試合時間残り1分の所で同点となるスリーポイントショットを決め勝利に貢献[14]。10月26日の信州ブレイブウォリアーズ戦でスリーポイント7本を含む32得点を挙げ、週間MVPを受賞した。また、2014年1月に地元秋田で行われたオールスターゲームではファン投票2位で選出された。田口はこのシーズン、スリーポイントショット成功率44.5%を記録し、2位の青木康平に0.9ポイント差をつけスリー成功率1位のタイトルを獲得した。秋田は球団創設以来初となるファイナルズに進出し、田口は東地区優勝決定戦となる富山グラウジーズ戦で17得点で勝利に貢献し、ファイナルの琉球ゴールデンキングス戦では、試合に敗れたものの40分フル出場し6点を挙げた。

2014-15シーズンはヘッドコーチの中村とエースガードの富樫勇樹がチームを離れ、プレシーズンゲームでも6戦全敗したことからチーム力が危ぶまれた[15]。その中で田口は11月8日のライジング福岡戦で26得点[16]、2015年1月11日の埼玉ブロンコス戦では16得点11リバウンドとプロ入り初のダブルダブルを達成するなどチームを牽引した[17]。2月1日に行われたオールスターゲームでは3ポイントコンテストに出場し、優勝[18]。2015年4月18日の岩手ビッグブルズ戦では、日本代表を指揮する長谷川健志が視察する中で20得点し、長谷川の高い評価を得た[19]。秋田はレギュラーシーズンを1位で終え、プレーオフ1回戦では東地区の群馬クレインサンダーズに連勝し勝ち上がる。東地区準決勝では新潟相手に1勝1敗となり、5分ハーフの特別ルールで行われた第3戦でも試合終了間際まで1点差をつけられていたが、残り5.5秒から味方選手が放ったショットのリバウンドを田口が取り、決勝点となるブザービーターを決めた。2期連続でファイナルズに進出した田口は東地区決勝の岩手ビッグブルズ戦で15得点8リバウンドをあげた[20]が、ファイナルの浜松・東三河戦ではフリースローの4得点に留まり、チームも敗れた[21]

2017-18シーズンからは、唯一の県人選手となり、主将としてチームを鼓舞し見事B1復帰を決めた。自身はB2フリースローのタイトルとシーズンMVPを獲得。

2018-19シーズンからは、千葉ジェッツふなばしでプレーをする。

日本代表候補として

2014-15シーズン終了後、田口はリオデジャネイロオリンピック予選に向けた日本代表候補に選出され[22]、チェコ代表との強化試合に出場したが、出場機会は限られ得点も無く[23][24]、日本代表への選出も見送られた。

2016年3月には、同年7月のオリンピック最終予選に向けた日本代表候補に選ばれた[25]

個人成績

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
bjリーグ 2011-12[26] 秋田 14 1 11.6 43.6 39.2 52.9 1.4 0.4 0.3 0 0.6 5.5
bjリーグ 2012-13[26] 秋田 52 25 25.3 40.2 36.6 73.2 3.1 1.0 0.8 0.1 0.7 10.3
bjリーグ 2013-14 秋田 52 47 26.3 46.8 44.5 76.6 2.9 1.1 0.9 0.1 0.7 11.7
bjリーグ 2014-15 秋田 52 52 30.7 46.9 42.5 86.7 3.5 2.0 0.9 0.2 1.2 16.3
bjリーグ 2015-16 秋田 52 52 31.1 43.7 37.3 90.1 4.4 2.9 1.1 0.3 2.1 14.6
Bリーグ 2016-17 秋田 60 60 32.4 40.8 39.1 82.4 4.1 1.1 0.9 0.1 1.8 11.5

脚注

  1. ^ a b 『bjリーグオフィシャルガイドブック 2012-2013』日本プロバスケットボールリーグ、2012年10月6日。
  2. ^ 【バスケ】秋田・田口が連覇!オールスター「3ポイントコンテスト」” (2016年1月24日). 2016年3月29日閲覧。
  3. ^ “ローソン“Ponta”12月月間MVPは、秋田・田口選手” (プレスリリース), bjリーグ, (2014年12月31日), http://bjleague.livedoor.biz/archives/51970861.html 2015年1月2日閲覧。 
  4. ^ “「ローソン“Ponta” MVP」実施及び、受賞者決定のお知らせ” (プレスリリース), bjリーグ, (2013年11月14日), http://bjleague.livedoor.biz/archives/51927732.html 2015年1月2日閲覧。 
  5. ^ “ローソン"Ponta"週間MVPは、秋田・田口選手” (プレスリリース), bjリーグ, (2015年4月28日), http://bjleague.livedoor.biz/archives/51982410.html 2016年3月28日閲覧。 
  6. ^ “ローソン"Ponta"週間MVPは、秋田・田口選手” (プレスリリース), bjリーグ, (2015年11月18日), http://bjleague.livedoor.biz/archives/52002182.html 2016年3月28日閲覧。 
  7. ^ ターキッシュ エアラインズ bjリーグ オールスター、出場選手決定” (2016年1月8日). 2016年3月29日閲覧。
  8. ^ a b 過去の大会結果”. 東北大学バスケットボール連盟. 2013年4月18日閲覧。
  9. ^ 2/5(日) アウェイ長野戦 試合結果”. 秋田ノーザンハピネッツ (2012年2月6日). 2013年4月18日閲覧。
  10. ^ “秋田ノーザンハピネッツ 負傷選手についてのお知らせ” (プレスリリース), 秋田ノーザンハピネッツ, (2012年2月28日), http://www.plus-blog.sportsnavi.com/akitapro/article/1118 2013年4月18日閲覧。 
  11. ^ 原州:ドンヒHC、ジュソン選手 秋田:中村HC、田口選手、ハリス選手の試合後インタビュー(9月9日)” (2012年9月10日). 2013年4月21日閲覧。
  12. ^ “ハピネッツの田口6得点 bjオールスター戦、東軍は敗れる”. (2013年1月20日). http://www.sakigake.jp/p/sports/happinets/news.jsp?kc=20130120n 2013年4月21日閲覧。 
  13. ^ コトノハ”. NHK秋田放送局. 2014年7月4日閲覧。
  14. ^ 10/6開幕戦vs.浜松”. 秋田ノーザンハピネッツ (2013年10月6日). 2014年7月4日閲覧。
  15. ^ 大原慎太郎、猪俣光太郎 (2014年10月5日). “NH、踏ん張り逆転”. 秋田魁新報 
  16. ^ 大原進太郎 (2014年11月9日). “NH粘り9連勝”. 秋田魁新報 
  17. ^ 大原進太郎 (2015年1月12日). “NH劣勢挽回 首位守る”. 秋田魁新報 
  18. ^ 【バスケ】秋田・田口が「3ポイントシュートコンテスト」で優勝” (2015年2月1日). 2015年2月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  19. ^ 大原進太郎 (2015年4月19日). “NH首位返り咲き”. 秋田魁新報 
  20. ^ 大原進太郎、高橋尚義 (2015年5月24日). “NH、守り固め主導権”. 秋田魁新報 
  21. ^ 大原進太郎、相沢一浩、高橋尚義 (2015年5月25日). “逃げるNH 最後に力尽く”. 秋田魁新報 
  22. ^ バスケットボールbjリーグ 田口選手が日本代表候補 富樫選手に続き2人目/秋田” (2015年6月19日). 2016年3月29日閲覧。
  23. ^ 国際強化試合2015 男子日本代表出場メンバー15名”. Cager (2015年8月6日). 2016年3月29日閲覧。
  24. ^ マンティー・チダ (2015年9月7日). “【第7回】リオデジャネイロ五輪に向けて日本代表始動。VSチェコ代表8月16日”. バスケットボールジャーナリストが見た日本のバスケットボール界のリアル. リアルホットスポーツ. 2016年3月29日閲覧。
  25. ^ 秋田)ハピネッツ田口、五輪代表候補に バスケ” (2016年3月7日). 2016年3月29日閲覧。
  26. ^ a b 『bjリーグオフィシャルガイドブック 2013-2014』日本プロバスケットボールリーグ、2013年10月4日。

外部リンク