ジーノ・ポマーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジーノ・ポマーレ
Gyno Pomare
Gyno pomare.jpg
島根スサノオマジック  No.30
ポジション パワーフォワードセンター
背番号 30
身長 203cm (6 ft 8 in)[1]
体重 104kg (229 lb)[1]
基本情報
本名 Leonardo Pomare
愛称 Gyno
ラテン文字 Gyno Pomare
誕生日 (1986-04-05) 1986年4月5日(32歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州
出身 サンディエゴ大学
ドラフト 2009年 指名無し 
選手経歴
2009-2010
2010

2010-2011
2011-2012
2012-2013
2013-2014
2014-2015
2015-2017.9
2017.9-2018.1
2018.1-2018.2
2018.2-
日本の旗仙台89ERS
アルゼンチンの旗クラブ9 デ ジュリオ リオ テルセロ
アルゼンチンの旗クイルメス マル デル プラタ
日本の旗浜松・東三河フェニックス
日本の旗京都ハンナリーズ
日本の旗岩手ビッグブルズ
日本の旗青森ワッツ
日本の旗金沢武士団
日本の旗大阪エヴェッサ
岩手ビッグブルズ
島根スサノオマジック
受賞歴
代表歴
キャップ パナマの旗 パナマ
 
獲得メダル
Men's basketball
パナマの旗 パナマ
バスケットボール中米選手権
2010年サントドミンゴ大会 パナマ代表

レオナルド “ジーノ” ポマーレLeonardo "Gyno" Pomare, 1986年4月5日 - )は、アメリカ合衆国のプロバスケットボール選手である。カリフォルニア州出身。身長203cm、体重104kgで、ポジションはパワーフォワードセンター[1]。Bリーグ・B1の島根スサノオマジックに所属している。

2009年にbjリーグ仙台89ERSと契約しプロ選手となる。2011年には同じくbjリーグの浜松・東三河フェニックスと契約し、以来日本のチームと契約し続けている。2015年と2016年にはbjリーグオールスターゲームに出場した。バスケットボールパナマ代表にも選出されている。

経歴[編集]

サンディエゴ大学を卒業後に来日し、2009年9月にbjリーグの仙台89ERSに入団する。

プロデビューした10月に平均18.7得点。14.7リバウンドを記録して、月間MVPを獲得した[2]。2009-10シーズン終了後に退団。

仙台退団後は、アルゼンチンのクラブ9 デ ジュリオ リオ テルセロやクイルメス マル デル プラタに所属。

2011-12シーズン開幕後の2011年11月、bjリーグの浜松・東三河フェニックスと契約。

2012-13シーズンはbjリーグの京都ハンナリーズに所属。

2013-14シーズンはbjリーグの岩手ビッグブルズと契約[3]。2014年1月は月間1試合平均16得点、リバウンド12.2本、ブロック2本を記録して2度目の月間MVPを受賞[4]。チームはレギュラーシーズン2位でプレイオフに進出したが、2014年5月10日、11日に開催されたカンファレンスセミファイナルで敗れ、ファイナルズ進出を逃した。シーズン終了後の5月20日、チームは規律違反を理由にポマーレとの契約を解除した[5]

2014-15シーズンはbjリーグの青森ワッツと契約。このシーズンのオールスターゲームに主催者推薦を受け出場した[6]

2015-16シーズン、このシーズンよりbjリーグに参入した金沢武士団と契約する。このシーズン、オールスターゲームのファン投票で24,589票を獲得し、西地区フォワード・センター部門で浜松・東三河フェニックスの太田敦也が獲得した28,138票に次ぐ2位に入り、2年連続でオールスターゲームに出場した[7]

2016-17シーズンよりbjリーグとNBLが統合されBリーグとなり、金沢武士団は最下層のB3リーグに振り分けられることが決まっていたが、ポマーレは引き続き金沢と契約した[8]。このシーズン、ポマーレは50試合に先発出場し、平均13.7得点を挙げ、チームのB2昇格に貢献した。

2017-18シーズンも金沢と契約したが、開幕直前にポマーレは契約を解除しB1の大阪エヴェッサに移籍する[9]。大阪では25試合の先発出場を含む29試合に出場し、平均11.5得点を挙げたが、1月23日に大阪はポマーレとの契約を解除する。24日、ポマーレは古巣であるB2・岩手ビッグブルズと契約した[1]

個人成績[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2009-10 仙台 52 50 31.3 51.2 0 58.5 10.2 1.6 0.9 1.1 2.4 15.0
2010
2010-11
2011-12 浜松 46 30 14.3 53.7 0 66.7 5.5 0.5 0.6 0.7 1.2 6.6
2012-13 京都 52 9 24.9 56.9 --- 79.1 9.2 1.5 0.8 1.0 1.8 12.2
2013-14 岩手 52 49 28.3 58.6 --- 71.0 9.5 1.7 1.3 1.7 1.7 13.8
2014-15 青森 52 45 30.0 56.1 50.0 73.0 10.6 2.1 1.6 1.1 2.6 15.0
2015-16 金沢 50 49 28.5 52.9 0 79.1 10.2 2.8 1.2 1.6 2.2 14.1
2016-17 金沢 50 50 22.8 58.5 0 76.6 10.0 1.2 0.8 1.2 1.7 13.7
2017-18 大阪 29 25 25.9 51.5 --- 72.4 7.4 1.7 0.7 1.0 1.6 11.5
2017-18 岩手
略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d “【チーム情報】ジーノ・ポマーレ選手契約合意のお知らせ” (プレスリリース), 岩手ビッグブルズ, (2018年1月24日), https://www.bigbulls.jp/news/38641.html 2018年1月24日閲覧。 
  2. ^ サークルKサンクス月間MVPは仙台・ポマーレ選手”. bjリーグ (2009年10月28日). 2016年8月23日閲覧。
  3. ^ 【チーム】2013-2014シーズン選手契約基本合意のお知らせ 岩手ビッグブルズオフィシャルブログ、2013年7月24日
  4. ^ ローソン“Ponta” 1月月間MVPは、岩手・ポマーレ選手”. bjリーグ (2014年2月6日). 2016年8月23日閲覧。
  5. ^ “【お知らせ】選手契約解除のお知らせ” (プレスリリース), 岩手ビッグブルズ, (2014年5月20日), オリジナル2016年3月4日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160304053448/http://bigbulls.jp/blog/2014/05/post-212.html 2016年8月23日閲覧。 
  6. ^ “ターキッシュ エアラインズ bjリーグ オールスター、出場選手” (プレスリリース), bjリーグ, (2015年1月26日), http://bjleague.livedoor.biz/archives/51973253.html 
  7. ^ “ターキッシュ エアラインズ bjリーグ オールスター、出場選手決定” (プレスリリース), bjリーグ, (2016年1月8日), http://bjleague.livedoor.biz/archives/52006313.html 
  8. ^ “ジーノ・ポマーレ選手 契約(継続)合意のお知らせ” (プレスリリース), 金沢武士団, (2016年6月24日), http://samuraiz.jp/whats-new/4311/ 2016年8月23日閲覧。 
  9. ^ “ジーノ・ポマーレ選手 新加入のお知らせ” (プレスリリース), 大阪エヴェッサ, (2017年9月28日), https://www.evessa.com/news/170928_02.html 2018年1月23日閲覧。 

外部リンク[編集]