アーリーエントリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アーリーエントリー(early entry)は、プロスポーツにおける選手契約システムである。通常、新人選手がチームと契約して実際にプレーするには規定の手順を経て大学や高校などの卒業を待つ必要があるが、アーリーエントリーを行うことにより、卒業を待たずに加入することができる。

日本バスケットボール[編集]

Wリーグ[編集]

Wリーグにおいて、2016-17シーズンよりアーリーエントリーが設けられた[1]

制度概要
  • 当該年3月に大学卒業見込み選手のうち、Wリーグチームと卒業後のシーズンの契約または入社内定している選手は、当該チームに限り卒業前(2次ラウンド以降)よりリーグ登録(アーリーエントリー)が可能。
  • 外国籍選手の場合はWJBLで定められた諸規程の条件を満たしている者でなければならない。
  • 対象者は、各チームの保有枠に含まれるものとする。
アーリーエントリーで契約した選手
選手 チーム 出身校 備考
2017 畠中春香 デンソーアイリス 大阪人間科学大学
安間志織 トヨタ自動車アンテロープス 拓殖大学
奥田花 羽田ヴィッキーズ
ナウタヴァイ圭理 新潟アルビレックスBBラビッツ 新潟経営大学
宮坂桃菜 東京医療保健大学
根来真奈 神戸親和女子大学

bjリーグ[編集]

bjリーグでは2005-06シーズンからアーリー・チャレンジの名称で導入された。通常、選手は現役・新卒(大学4年生、高校3年生)に関わらずリーグ主催のトライアウトとbjリーグドラフト会議を経て契約する必要があるが、アーリー・チャレンジの導入によりリーグ開催中の2月より、日程終了の4月まで、ドラフトを経ることなく選手と契約することが可能になった。また、4月の契約満了後はドラフト会議にかけられ、次のシーズンの所属先が決まるものであった。この制度により、2006年1月に解散した福岡レッドファルコンズに所属していた庄司和広らが、ドラフトまでの空白期間を経ることなく選手としてプレイすることができた。

2008年からは育成指定選手制度に名称を改めた。リーグでは新規契約を結べなくなる凍結期間を設けていたが、育成指定を行うことでこの凍結期間に関わらず選手と契約を結ぶことが可能になった。シーズン終了後には、アーリー・チャレンジと同様にドラフト会議によって所属先が決められた。

2011-12シーズンからはアーリー・エントリーに改められ、対象が新卒選手(大学4年生、高校3年生)に限定された。契約期間は2月1日から翌年、すなわち翌シーズンの6月30日と定められ、これに伴って最初のシーズンを終了した後にドラフト会議を経る必要が無くなった。一方、アーリー・エントリーによって選手を獲得したチームは、選手の人数分ドラフト会議の指名順序が劣後することになる。

アーリーチャレンジ制度で契約した選手
選手 球団 契約終了後の球団 備考
2006 庄司和広 埼玉ブロンコス 埼玉ブロンコス
高松ファイブアローズ
秋田ノーザンハピネッツ
元福岡レッドファルコンズ
上山博之 仙台89ERS 日立(JBL) 元福岡レッドファルコンズ
陰承民 大分ヒートデビルズ 富山グラウジーズ(D3巡目)
ライジング福岡
韓国出身
2007 中川和之 高松ファイブアローズ ライジング福岡(D1巡目)
→高松ファイブアローズ
三菱電機(JBL)
つくばロボッツNBL
ブルックリン・キングス(USBL)を経て2月契約。
仲西翔自 東京アパッチ 東京アパッチ(D2巡目)
島根スサノオマジック
仲村直人 富山グラウジーズ
大阪エヴェッサ
東京アパッチ(D1巡目)
→大阪エヴェッサ
京都ハンナリーズ
岩手ビッグブルズ
→大阪エヴェッサ
大阪元練習生。契約直後にトレード。
ドラフト後、城宝匡史とのトレードにより復帰。
2008 北向由樹 埼玉ブロンコス 埼玉ブロンコス(D1巡目)
青森ワッツ
明治大学在学
竹野明倫 ライジング福岡 新潟アルビレックスBB(D1巡目)
→ライジング福岡
大東文化大学在学
吉村隆宏 富山グラウジーズ 富山グラウジーズ クラブチーム「GROUSES.NET」所属
齋藤崇人 新潟アルビレックスBB 新潟アルビレックスBB
信州ブレイブウォリアーズ
日本大学在学。育成指定選手
山城拓馬 琉球ゴールデンキングス レノヴァ鹿児島(JBL2)
→富山グラウジーズ
→埼玉ブロンコス
バンビシャス奈良
近畿大学在学。育成指定選手
2009 該当者なし
2010 小淵雅 琉球ゴールデンキングス 大阪エヴェッサ(D1巡目)
伊藤拓郎 浜松・東三河フェニックス 宮崎シャイニングサンズ(D1巡目) レラカムイ北海道
大石慎之介 仙台89ERS 宮崎シャイニングサンズ(育D) 浜松大学在学
2011 佐藤優樹 新潟アルビレックスBB 新潟アルビレックスBB(育D)
天野喜崇 大阪エヴェッサ 大阪エヴェッサ
安田壮史 仙台89ERS 仙台89ERS(育D)
月野雅人 宮崎シャイニングサンズ 横浜ビー・コルセアーズ(育D) 鹿屋体育大学在学
井上ジョナサン 東京アパッチ 宮崎シャイニングサンズ(育D)
兵庫ストークス(JBL2)
アーリーエントリーで契約した選手
選手 球団 出身校 備考
2012 田口成浩 秋田ノーザンハピネッツ 富士大学
前田陽介 横浜ビー・コルセアーズ 関東学院大学
横江豊 滋賀レイクスターズ 日本体育大学
2013 富樫勇樹 秋田ノーザンハピネッツ モントロスクリスチャン高校
館山健太 専修大学
川満寿史 浜松・東三河フェニックス 東海大学九州
アキ・チェンバース カリフォルニア大学マーセド校
岸本隆一 琉球ゴールデンキングス 大東文化大学
2014 古橋広樹 浜松・東三河フェニックス 神奈川大学
武田倫太郎 滋賀レイクスターズ 大阪体育大学
相馬卓弥 大阪エヴェッサ 天理大学
畠山俊樹 青山学院大学
2014 津山尚大 琉球ゴールデンキングス 福岡大付属大濠高校
橋本尚明 大阪エヴェッサ 近畿大学

NBL / NBDL[編集]

2013年より開幕したNBL及びNBDLでもアーリーエントリー制度を導入[2]

制度概要
  • 当該年3月に大学卒業見込み選手のうち、NBL/NBDLチームと卒業後のシーズンの契約合意または入社内定している選手は、当該チームに限り卒業前よりリーグ登録(アーリーエントリー)が可能。
  • 登録を行う前に大学連盟の選手登録抹消が必要。
  • 選手とチーム保有法人は、アーリーエントリー期間の「統一契約書」が必要となり、「リーグエントリー追加申請書」と共にリーグに提出しなければならない。
  • アーリーエントリーした選手のアーリーエントリー期間中のサラリーは、サラリーキャップに算入される。
アーリーエントリーで契約した選手
選手 チーム 出身校 備考
2014 宇都直輝 トヨタ自動車アルバルク東京 専修大学
田中大貴 東海大学
張本天傑 青山学院大学
西川貴之 レバンガ北海道 明治大学
白濱僚祐 アイシンシーホース三河 白鷗大学
2015 中東泰斗 三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋 明治大学
笹山貴哉 筑波大学
ザック・バランスキー トヨタ自動車アルバルク東京 東海大学
古野拓巳 熊本ヴォルターズ 日本経済大学

NBA[編集]

NFL[編集]

類似の制度[編集]

  • バレーボールやハンドボールにおいては「内定選手」がある。
  • bjリーグとNBLを統合したBリーグでは「特別指定選手」が採用されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]