白濱僚祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
白濱 僚祐
Ryosuke Shirahama
秋田ノーザンハピネッツ  No.9
ポジション フォワード
背番号 9
身長 189cm (6 ft 3 in)[1]
体重 85kg (187 lb)[1]
血液型 AB
足のサイズ 30cm[2]
基本情報
愛称 ハマ[2]
ラテン文字 Ryosuke Shirahama
誕生日 (1991-08-29) 1991年8月29日(27歳)
日本の旗 日本
出身地 佐賀県
出身 有明中学校
佐賀北高校
白鴎大学
ドラフト  
選手経歴
2014-16
2016-
アイシンシーホース三河
秋田ノーザンハピネッツ
受賞歴
  • Bリーグオールスターゲーム出場(2016-17)

白濱 僚祐(しらはま りょうすけ、1991年8月29日 - )は、日本のプロバスケットボール選手である。

佐賀県出身。佐賀北高校白鴎大学を経て、2014年2月にNBLアイシンシーホース三河アーリーエントリーで入団する。Bリーグ初年度となる2016年に秋田ノーザンハピネッツに移籍した。2016年より、バスケットボール男子日本代表候補の強化指定選手。

来歴[編集]

1991年、佐賀県に生まれる。小学校3年生時に、兄や教師の影響でミニバスケットボールを始める[3]白石町立有明中学校在学中の2006年には都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会のメンバーに選抜された[3]

中学卒業後、佐賀北高校に入学する。2年生の時からベンチメンバーに選ばれるようになり、高校入学後に身長が伸びたことから主にセンターの役割を担った[3]

卒業を前に白鴎大学からの誘いを受け、進学する。大学ではフォワードにコンバートされた[3]。2014年1月の全日本総合バスケットボール選手権大会では、NBLの兵庫ストークス相手に17得点を挙げ、試合には敗れたものの64-66と僅差であった[4]

その後2014年2月28日、NBL所属のアイシンシーホース三河に、アーリーエントリー制度によって入団する[5]。背番号は大学時代からつけている15であった。初年度となったNBL 2013-14シーズンは3試合の出場に留まった。一方、オフシーズンの7月に開催された、日本の大学生を中心とした日本代表とスプリングフィールド大学との間で行われる国際親善試合に、日本代表の一員として出場した[6]

NBL 2014-15シーズン、アイシンはウェスタン・カンファレンス1位でプレーオフに進出。クォーターファイナルでは東芝ブレイブサンダース神奈川を、セミファイナルでリンク栃木ブレックスをそれぞれ下し、ファイナルではトヨタ自動車アルバルク東京に勝利し優勝を果たした。白濱は37試合に出場し、1試合平均の出場時間6.8分、1.8得点であった。

NBL 2015-16シーズン、チームはファイナルまで進出したものの白濱の出場試合数は24試合に減少し、1試合平均記録でも出場時間2.8分、0.9得点など前のシーズンを下回った。シーズン終了後の2016年7月1日、三河は白濱の退団を発表[7]。同日、秋田ノーザンハピネッツは白濱の入団を発表した[1]。この時、背番号はアイシンでの15から9に変わった。

秋田において白濱は、8月20日に行われた山形ワイヴァンズとのプレシーズンゲームでダンクショットを決めたことや[8]三浦春馬ディーン・フジオカに似るとされる顔立ちから人気を獲得し[9][10]、Bリーグの創設に携わった川淵三郎も、人気のある選手として白濱を引き合いに出した[11]

11月7日のアルバルク東京戦ではこぼれ球を奪いキャプテン田口成浩の得点につなげたプレイが、田口に評価された[12]。12月にはオールスターゲームの出場選手に、ファン投票で選出された[13]。また同月には日本代表候補の重点強化選手に選ばれ、強化合宿に参加した[14]

2017年1月21日の大阪エヴェッサ戦ではダンクショットを決め、リーグが選出する週間ベストプレイの5位に選ばれた[15]。一方、シーズン途中から椎間板ヘルニアによる腰痛のためたびたび欠場し[16]、最終的にはレギュラーシーズン60試合中43試合に出場、1試合平均6.0得点、2.4リバウンドという成績に終わった。

2017年5月26日、秋田は白濱との契約継続を発表した[17]。2017-18シーズンは、ディフェンス力に一層の磨きをかけた。

2018-19シーズンは、「下馬評は弱いと言われていること、普通にやっていては勝てないことは分かっている。激しいディフェンスで旋風を巻き起こしてみせたい。不安より、楽しみのほうが大きい。」と開幕前に語る[18]

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2013-14 アイシン 3 0 5.3 40.0 0 - 0.0 0.0 0.0 0.0 0.7 1.3
2014-15 アイシン 37 0 6.8 41.7 18.2 66.7 0.6 0.4 0.3 0.1 0.3 1.8
2015-16 アイシン 24 0 2.8 40.9 25.0 33.3 0.1 0.1 0.0 0.0 0.0 0.9
2016-17 秋田 43 42 23.4 39.3 38.4 67.3 2.4 1.7 0.8 0.2 1.5 6.0
2017-18 秋田 57 42 19.7 43.5 36.3 55.8 2.9 1.8 1.4 0.3 1.1 8.0
合計 164 84 15 41.9 35.9 59.8 1.3 1.2 0.8 0.2 0.9 4.9

参考資料[編集]

  1. ^ a b c “【新入団】白濱 僚祐選手 契約基本合意のお知らせ” (プレスリリース), 秋田ノーザンハピネッツ, (2016年7月1日), http://northern-happinets.com/news/4348.html 2016年7月3日閲覧。 
  2. ^ a b 選手 スタッフ詳細”. アイシンシーホース三河. 2016年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月3日閲覧。
  3. ^ a b c d リレー形式インタビュー「BOJライン」vol.23白鴎大学・白濱僚祐選手”. BOJ (2014年3月30日). 2016年7月3日閲覧。
  4. ^ 試合日程・結果”. 第89回天皇杯・第80回皇后杯 全日本総合バスケットボール選手権大会. 日本バスケットボール協会. 2016年7月10日閲覧。
  5. ^ “白濱 僚祐選手 入団決定のお知らせ” (プレスリリース), アイシンシーホース三河, (2014年2月28日), オリジナル2016年6月26日時点によるアーカイブ。, https://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:vHJp06Va2p0J:https://aisinseahorses.com/Events/detail/107+&cd=8&hl=ja&ct=clnk&gl=jp&lr=lang_en%7Clang_ja&client=firefox-b 2016年7月3日閲覧。 
  6. ^ 東日本大震災復興支援 ゼビオチャレンジカップ バスケットボール男子日本代表国際親善試合2014”. 日本バスケットボール協会. 2016年7月10日閲覧。
  7. ^ “選手退団のご報告(白濱選手)” (プレスリリース), シーホース三河, (2016年7月1日), http://go-seahorses.jp/news/4228.html 2016年7月3日閲覧。 
  8. ^ “秋田NH新戦力:白濱僚祐 内外から高い決定力”. 秋田魁新報. (2016年9月21日). http://www.sakigake.jp/news/article/20160921AK0011/ 2016年7月6日閲覧。 
  9. ^ 島根純 (2016年9月17日). “三浦春馬似イケメンB1秋田白浜に女性ファン大声援”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/sports/news/1711396.html 2016年7月3日閲覧。 
  10. ^ “【バスケット】ディーン・フジオカ似の秋田・白浜、10.1ホーム開幕戦へ闘志”. スポーツ報知. (2017年9月29日). http://www.hochi.co.jp/sports/ballsports/20160929-OHT1T50240.html 2016年7月6日閲覧。 
  11. ^ 【川淵三郎×前園真聖】「バスケって本当に面白いですか?」2人に本音を聞いてみた【後編】”. ウォーカープラス. KADOKAWA. 2016年7月6日閲覧。
  12. ^ “【バスケット】秋田・田口主将チーム最多の13得点でA東京に初勝利「泥臭い姿を出すことで」”. スポーツ報知. (2016年11月7日). http://www.hochi.co.jp/sports/ballsports/20161107-OHT1T50214.html 2016年7月6日閲覧。 
  13. ^ “Bリーグファン投票で秋田白浜&田口が球宴選出”. 日刊スポーツ. (2016年12月8日). https://www.nikkansports.com/sports/news/1748105.html 2016年7月6日閲覧。 
  14. ^ “仙台片岡&坂本がチーム初の代表候補入り”. 日刊スポーツ. (2016年12月18日). https://www.nikkansports.com/sports/news/1749040.html 2016年7月6日閲覧。 
  15. ^ Bリーグ第17節の『BEST of TOUGH SHOT』、5つのスーパープレーを紹介”. バスケットカウント. ティーアンドエス (2017年1月27日). 2017年7月6日閲覧。
  16. ^ “【お知らせ】#9 白濱 僚祐選手の負傷に関するご報告” (プレスリリース), 秋田ノーザンハピネッツ, (2017年3月25日), https://northern-happinets.com/news/21546.html 2017年7月6日閲覧。 
  17. ^ 田口成浩が残留表明の秋田、白濱僚祐と中山拓哉の契約合意を発表”. バスケットボールキング. フロムワン (2016年5月27日). 2017年7月6日閲覧。
  18. ^ 日刊スポーツ (2018年9月21日). “秋田白浜「激しく」勝つ!開幕からピンク旋風起こす”. 2018年9月21日閲覧。

外部リンク[編集]