桐蔭横浜大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
桐蔭横浜大学
Toin-Univ-of-Yokohama-Central-Bldg-2011121801.jpg
大学中央棟
大学設置 1988年
創立 1964年
学校種別 私立
設置者 学校法人桐蔭学園
本部所在地 神奈川県横浜市青葉区鉄町1614
北緯35度33分58.3秒 東経139度31分5.8秒 / 北緯35.566194度 東経139.518278度 / 35.566194; 139.518278座標: 北緯35度33分58.3秒 東経139度31分5.8秒 / 北緯35.566194度 東経139.518278度 / 35.566194; 139.518278
キャンパス 横浜
学部 法学部
医用工学部
スポーツ健康政策学部
研究科 法学研究科
工学研究科
法務研究科(法科大学院)
ウェブサイト http://toin.ac.jp/univ/
テンプレートを表示

桐蔭横浜大学(とういんよこはまだいがく、英語: Toin University of Yokohama、公用語表記: 桐蔭横浜大学)は、神奈川県横浜市青葉区鉄町1614に本部を置く日本私立大学である。1988年に設置された。大学の略称は桐蔭大(とういんだい)、桐蔭横浜大(とういんよこはまだい)。

概観[編集]

大学全体[編集]

全国屈指の進学校として知られ、スポーツでも有名な桐蔭学園の設置する大学。2022年度現在では法学部、医用工学部、スポーツ健康政策学部の3学部、2023年度からは現代教養学環が新設され、1学環3学部となる。スポーツ健康政策学部は同じく2023年度にスポーツ科学部に改組・名称変更予定。

アクティブラーニングの第一人者である溝上慎一が2020年に学長就任。2022年に溝上は桐蔭学園理事長に専念し、学習理論などを専門とする森朋子副学長が新学長に就任した。全学部の共通教育(MAST)の導入、リベラルアーツ系の現代教養学環の新設など積極的な施策を行い、高大連携にも力を注いでいる。ペロプスカイト電池の研究者でありノーベル賞候補の宮坂力が長年在籍、現代教養学環でも教壇に立つ。

法学部は公務員・法律専門職、警察官や消防官、企業ビジネス関連、一部の教職関連の免許状・資格を、医用工学部は医療職の臨床工学技士臨床検査技師の資格を、スポーツ健康政策学部の全学科では中・高の保健体育教員免許、スポーツ教育学科ではさらに小学校教員免許が取得できる。ほか、スポーツ関連の免許状・資格を目指すことができる[1][2]

建学の精神[編集]

  1. 社会連帯を基調とした、義務を実行する自由人たれ。
  2. 学問に徹し、求学の精神の持ち主たれ。
  3. 道義の精神を高揚し、誇り高き人格者たれ。
  4. 国を愛し、民族を愛する国民たれ。
  5. 自然を愛し、平和を愛する国際人たれ。

学園訓[編集]

  1. すべてのことに「まこと」をつくそう
  2. 最後までやり抜く「強い意志」を養おう

上記の精神を具体化した、「個の充実」「実務家養成」「開かれた大学」「国際交流」の4つの柱を特色とし、一人ひとりの「専門性を高める」ことを大きな目標に掲げている。

歴代学長[編集]

沿革[編集]

  • 1965年 - 桐蔭学園工業高等専門学校開設(機械工学科・電気工学科・工業化学科)
  • 1988年 - 桐蔭学園工業高等専門学校を発展改組し、桐蔭学園横浜大学創立(工学部設置)。制御システム工学科、材料工学科の2学科体制で発足する
  • 1991年 - 桐蔭学園工業高等専門学校閉校
  • 1992年 - 大学院工学研究科修士課程開設
  • 1993年 - 法学部開設
  • 1994年 - 桐蔭人間科学工学センター開設、大学院工学研究科博士後期課程開設。
  • 1997年 - 大学院法学研究科修士課程開設。桐蔭横浜大学に改称
  • 1999年 - 先端医用工学センター開設、工学部を改組(第一次)、大学院法学研究科博士後期課程開設。法学部で夜間主コースを設置。制御システム工学科、材料工学科廃止(同年4月学生募集停止)。知能機械工学科、電子情報工学科、医用工学科、機能化学工学科を新設
  • 2001年 - メモリアルアカデミウム開設
  • 2004年 - 大学院法務研究科(法科大学院)開設。法学部の夜間主コースを廃止。
  • 2005年 - 医用工学部開設、工学部を改組(第二次)。現在の体制になる
  • 2008年 - スポーツ健康政策学部開設。スポーツ教育学科、スポーツテクノロジー学科、スポーツ健康政策学科を開設。
  • 2009年 - 医用工学部改組 生命医工学科開設。
  • 2010年 - 工学部学生募集停止。大学中央棟完成。
  • 2012年 - 野球部が明治神宮野球大会で初優勝。
  • 2014年 - 医用工学部実習棟完成
  • 2015年 - スポーツ科学研究科開設
  • 2016年 - 大学体育館完成
  • 2020年 - 溝上慎一が学長に就任(桐蔭学園理事長兼務)   
  • 2022年 - 森朋子が学長に就任
  • 2022年 -現代教養学環の新設構想(2023年入学から)を発表

教育・研究[編集]

大学の学部・学科と大学院の研究科(現在)[編集]

2017年度時点で、大学にある学部学科、大学院にある研究科。

大学 1学環+3学部[編集]

  • スポーツ健康政策学部(2023年度よりスポーツ科学部に改組予定)
    • スポーツ教育学科
    • スポーツテクノロジー学科
    • スポーツ健康政策学科


大学院[編集]

大学の学部・学科と大学院の研究科(過去)[編集]

創立時にあった学部・学科[編集]

工学部(1999年4月学生募集停止)

  • 制御システム工学科
  • 材料工学科

1999年時にあった学部・学科[編集]

工学部改組(第一次)時にあった学部学科。

工学部

  • 知能機械工学科
  • 電子情報工学科
  • 医用工学科
  • 機能化学工学科

2005年時にあった学部・学科[5][編集]

工学部改組(第二次)、医用工学部開設時にあった学部学科。

工学部は2010年4月学習募集停止。

工学部

  • 電子情報工学科
  • ロボット工学科

医用工学部[6]

  • 生命・環境システム工学科

施設[編集]

  • 大学中央棟(C棟)
    • キャリア情報センター
  • 法学部棟(J棟)
  • 先端医用工学センター(BME棟)
  • 法科大学院棟
  • 大学体育館
メモリアルアカデミウム

学園祭 ・オープンキャンパス[編集]

学園祭(燦爛祭 さんらんさい)は毎年9月末の土日に行われている。2022年は9月18・19日予定。 オープンキャンパスは春〜秋の土日に行われる。2022年は6/11・12、7/23・24、8/20・21、10/23。

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

国内[編集]

国外[編集]

国際・学術交流等協定校

体育会[編集]

主な出身者[編集]

プロ野球[編集]

サッカー[編集]

(全てプロ・元プロ選手)

芸能[編集]

その他[編集]

著名な教員(退職者含む)[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 教育システム〜5つの特長〜”. 桐蔭横浜大学. 桐蔭学園. 2021年11月5日閲覧。
  2. ^ 目指す資格・卒業後の進路”. 桐蔭横浜大学. 桐蔭学園. 2021年11月5日閲覧。
  3. ^ 法科大学院募集停止について”. 桐蔭法科大学院. 桐蔭学園 (2017年5月26日). 2021年11月5日閲覧。
  4. ^ 桐蔭法科大学院 (2021年3月3日). “桐蔭法科大学院(桐蔭横浜大学大学院法務研究科)閉校について”. 桐蔭法科大学院. 桐蔭学園. 2021年11月5日閲覧。
  5. ^ 学術交流レポート2010 (PDF)”. 桐蔭横浜大学. 桐蔭学園. 2018年5月26日閲覧。
  6. ^ 学術交流レポート2008 (PDF)”. 桐蔭横浜大学. 桐蔭学園. 2018年5月26日閲覧。
  7. ^ 単位互換協定締結校”. 放送大学. 放送大学学園. 2021年11月5日閲覧。
  8. ^ 放送大学単位互換案内 (PDF)”. 放送大学. 放送大学学園. 2021年11月5日閲覧。
  9. ^ 加盟大学”. 神奈川大学野球連盟公式サイト. 神奈川大学野球連盟. 2021年11月5日閲覧。

外部リンク[編集]