井川祐輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
井川 祐輔 Football pictogram.svg
名前
愛称 イガ
カタカナ イガワ ユウスケ
ラテン文字 IGAWA Yusuke
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1982-10-30) 1982年10月30日(34歳)
出身地 千葉県成田市
身長 182cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 川崎フロンターレ
ポジション DF
背番号 4
利き足 右足
ユース

1995-1997
1998-2000
吹田千里FC
ガンバ大阪ジュニアユース
ガンバ大阪ユース
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2003
2003-2004
2004-2005
2006-2007
2008-
ガンバ大阪
サンフレッチェ広島 (loan)
名古屋グランパスエイト (loan)
川崎フロンターレ (loan)
川崎フロンターレ
0 1 (0)
021 (1)
23 (0)
41 (1)
175 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年1月11日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

井川 祐輔(いがわ ゆうすけ、1982年10月30日 - )は、千葉県成田市出身のプロサッカー選手Jリーグ ディビジョン1川崎フロンターレ所属。ポジションはディフェンダー。元日本代表。

来歴[編集]

千葉県成田市出身であるが、3歳から大阪で育った。ユース時代から年代別代表に選出される。

2001年、ガンバ大阪ユースからトップチームに昇格。「ポスト宮本恒靖」との呼び声も高かったが、出場機会を求めて2003年シーズン途中からサンフレッチェ広島期限付き移籍。広島ではすぐにレギュラーをつかみ、J1昇格に貢献した。2004年途中からは名古屋グランパスエイト、2006年からは川崎フロンターレに期限付き移籍。2008年シーズンより川崎に完全移籍となった。

2006年9月20日のナビスコカップ準決勝第2戦では、井川はベンチスタートであったが、ピッチ上への出番が来る前に審判へ執拗な抗議をし、後半0分に退場処分を受けた。ピッチ上にいない選手が退場となる非常に珍しいケースであった(退場だがチームは数的不利にはなっていない)。チームは2-3で敗れた(チーム内では前年の森勇介に続き2例目)。

2008年5月、キリンカップサッカー2008岡田武史監督から日本代表メンバーに初招集された。岡田監督は「井川に関しては前から注目していたが、Jリーグでのパフォーマンスも非常に素晴らしいのでぜひ一度呼んでみたいと思っていた」とコメントした[1]。しかし出場機会はなかった。

2010年8月18日、名古屋グランパス戦で左第5中足骨を骨折、全治4週間の怪我を負った[2]

2011年9月20日にモデルグラビアタレント安藤沙耶香と結婚したことを発表した。

2016年昨年からスタメンに定着していた谷口彰悟、この年から加入して来た奈良竜樹エドゥアルドの活躍もありベンチを温める日が続いた。その後奈良竜樹の骨折、エドゥアルドが肉離れで戦列を離れた為しばらくはスタメンに定着したもののシーズン終盤に自身も怪我をしてしまい、そのままシーズンを終える形になった。

人物[編集]

  • 本人曰く「秋葉原に通っている」。2007年の川崎フロンターレのファン感謝デーではヲタ芸(フロンターレでは「ンタ芸」と呼ばれている)を踊った。
  • 2007年に体重が10キロ近く増えてしまい「メタボ」と呼ばれていたが、ダイエットに成功した。しかしチームメイトからはいまだに「メタボ」と呼ばれている。
  • また、2008年から川崎フロンターレの携帯サイト「モバイルフロンターレ」内でブログ「脱・メタボ日記」を開設した。2010年2月からはアメーバブログに移籍し、「続・脱メタボ日記」に改題して現在も更新中。
  • 年ごとに頻繁に髪形を変える選手としても知られていて、名古屋時代にドレッドヘアーにして試合に出たことがある(これは、当時のチームメイト、クライトンの通訳に頼んだもの)。2008年ごろには、ユニフォームの背番号のところまでかなり長かったが、翌年には短髪になり、さらに短くなり坊主になった。
  • 稲本潤一はガンバユースの先輩であり仲がいい。ただし、双方がガンバに所属していた期間は半年ほどである。

学歴[編集]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
  • 吹田千里FC
  • ガンバ大阪ジュニアユース
  • ガンバ大阪ユース
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2001 G大阪 25 J1 1 0 0 0 1 0 2 0
2002 0 0 0 0 0 0 0 0
2003 0 0 1 0 - 1 0
広島 37 J2 15 1 - 3 0 18 1
2004 19 J1 6 0 2 0 - 8 0
名古屋 3 11 0 3 1 0 0 14 1
2005 12 0 4 0 1 0 17 0
2006 川崎 4 22 0 4 0 0 0 26 0
2007 19 1 4 0 3 0 26 1
2008 30 1 3 0 2 0 35 1
2009 22 0 2 0 4 1 28 1
2010 21 0 0 0 0 0 21 0
2011 28 1 2 0 1 0 31 1
2012 21 0 2 0 3 0 26 0
2013 14 0 1 0 2 0 17 0
2014 16 0 1 0 1 0 18 0
2015 23 0 4 0 0 0 27 0
2016
通算 日本 J1 246 3 33 1 18 1 297 5
日本 J2 15 1 - 3 0 18 1
総通算 261 4 33 1 21 1 315 6
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2007 川崎 4 5 0
2009 7 0
2010 3 0
2014 3 0
通算 AFC 18 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ガンバ大阪ユース

代表歴[編集]

  • U-20日本代表(2001年)
  • U-22日本代表(2002年)
  • 日本代表(2008年)

脚注[編集]

  1. ^ 日本代表メンバー発表 岡田監督会見 キリンカップ2008、スポーツナビ、2008年5月15日。
  2. ^ KAWASAKI FRONTALE:井川祐輔選手のケガについて、川崎フロンターレ公式、2010年8月19日。
  3. ^ 川崎F・井川、脱メタボで初招集、スポーツニッポン、2008年5月16日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]