17 Live

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
17 Live
17LIVEの写真
URL 17media.jp
使用言語 日本語、英語、中国語(繁体字)
タイプ ライブストリーミング
収益 アイテム課金、一部の有料放送ほか
営利性 営利
登録 任意
現状 運営中

17 Live(イチナナライブ)は、日本拠点の株式会社17Media Japan、および台湾に本社を置くM17 Entertainmentが運営するライブストリーミングサービス。iOSAndroid端末、PCからライブ配信および視聴を行うことができる。

概要[編集]

M17 Entertainmentは2015年、台湾の著名HipHopアーティストであるJeffがファウンダーとなって創業[1]。展開するライブ動画アプリ「17 Live」におけるユーザー数は4200万人を突破している[2]。2017年9月、満をじして日本でサービスを開始。

株式会社 17 Media JapanはM17 Entertainmentのグループの一員として、アジアと日本の架け橋となる次世代エンターテイメントを展開するべく日本におけるライブ配信事業「17 Live(イチナナライブ)」を展開している。

用語[編集]

ライブ配信において、ライブ配信者を「ライバー」、(イチナナでは)「イチナナライバー」、ライブ視聴者を「オーディエンス」と呼ぶ。

イベント[編集]

17 Liveでは、イチナナライバーが参加できる、様々なイベントやオーディションが常にアプリ内で開催されている。 オーディエンスからの支持(ギフトアイテムやコメント)を多数受けてポイント獲得数などが一定以上になると、色々な特典や賞品が得られる仕組みになっている。 各プロダクションと業務提携したイベントや共同オーディションのなかには、「賞金」だけではなく、「アイドルデビュー」[3]・「楽曲提供」[2]・「雑誌などのメディア媒体に掲載される」などの特典が得られるものも存在する。

沿革[編集]

  • 2015年 - 台湾において17 Liveを展開する「M17 Entertainment」設立
  • 2015年6月6日 - AppStoreでリリース
  • 2015年6月12日 - Google Playでリリース
  • 2015年9月29日 - アプリダウンロード数600万回超え
  • 2016年3月17日 - 1000万ダウンロード突破
  • 2017年6月 - 日本で17Liveを展開する「株式会社17Media Japan」設立[4]
  • 2018年6月時点で世界9か国に展開(台湾[5]・日本[6]・中国[7]・香港[8]・韓国[9]・ベトナム・タイ・シンガポール・マレーシア・インドネシア)、ユーザー数は4000万人を突破[10]

イベント[編集]

ライブ配信を行う際に、ライバーはイベントの参加、イベントの不参加、マイイベントの開始などのオプションが選択できる。イベントでは、そのイベントに参加したライバーのなかで、ランキング付やスコアリングがされ、上位入賞者には様々な特典が送られる。オンライン上で予選を実施し、予選通過者のみが参加できるオフラインのイベントなどが実施されるケースもある。具体的には、17 Music Festivalなどが挙げられる[11]

マイイベント[編集]

マイイベントは、ライバー自身が目標などを設定し、個別のイベントを設定できる機能である。オフィシャルのイベントとは異なり、自分自身のイベントを開催できることが魅力だが、オフィシャルイベントのようなプライズが存在しない。

オフィシャルイベント[編集]

オフィシャルイベントには、17 Liveの運営会社が設定した条件を満たしているライバーが参加でき、ランキング上位の人に豪華な景品が送られる。マイイベントのような自由な設定はできないものの、大規模な施設でのイベントや豪華商品などが魅力となっている[12]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “黃立成M17美上市失利! 還遭直播主爆「換約砍薪」” (中国語). 自由時報. (2018年6月20日). https://ec.ltn.com.tw/article/breakingnews/2463251 2019年3月3日閲覧。 
  2. ^ a b “NEXT TRF”がライブ配信アプリ「17 Live」から誕生!?. PR TIMES . (2018年12月10日) 2019年3月3日閲覧。
  3. ^ 17 Live × アソビシステム がプロデュース!世界に送る“毎日会える”アイドル「EVERYDAYS」が7月7日に“アイドルグループ最速?”デビュー!!!. PR TIMES . (2018年7月4日) 2019年3月3日閲覧。
  4. ^ アジアNo1ライブ配信「17LIVE」が日本上陸、ヒップホップの“アニキ”が作る新しいメディアの波 #17live. TechWave . (2017年9月8日) 2019年3月3日閲覧。
  5. ^ “17 直播閃電裁員,原因一好一壞” (中国語). 科技新報. (2019年1月5日). http://technews.tw/2019/01/05/m17-lightning-layoffs/ 2019年3月3日閲覧。 
  6. ^ “「讓人月收百萬的神祕app」 17直播怎麼把素人變網紅?” (中国語). 天下雜誌 第642期. (2018年2月26日). https://www.cw.com.tw/article/article.action?id=5088405 2019年3月3日閲覧。 
  7. ^ 日本で参入者増えるライブ配信、中国では「キャバクラ化」に批判. ビジネスインサイダー . (2017年9月12日) 2019年3月3日閲覧。
  8. ^ “【香港直擊片】17直播今登港 台港網紅大集合” (中国語). 蘋果日報. (2017年11月20日). https://tw.appledaily.com/new/realtime/20171120/1244158/ 2019年3月3日閲覧。 
  9. ^ “台灣龍頭17直播攻日半年衝到亞軍 下半年進軍韓國” (中国語). 中時電子報. (2018年5月3日). https://www.chinatimes.com/realtimenews/20180503004594-260410 2019年3月3日閲覧。 
  10. ^ アジアで大人気のライブ配信アプリ「17 Live」4000万ダウンロード突破!トップライバー100が同時にライブ配信を行う「17 Live ホワイトクリスマスパーティー!」を12月20日に開催!. 日刊工業新聞 . (2017年12月19日) 2019年3月3日閲覧。
  11. ^ 日本No.1ライブ配信アプリ「17 Live」で日本を元気に!大阪初進出の次世代音楽祭『17 Music Festival』. PR TIMES . (2019年2月2日) 2019年3月3日閲覧。
  12. ^ “17直播推動LIVE跨螢節目《17趣郊遊》12/15開播” (中国語). ETtoday新聞雲. (2018年12月11日). https://www.ettoday.net/news/20181211/1328578.htm 2019年3月3日閲覧。 

外部リンク[編集]