iPadOS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
iOS > IPadOS
iPadOS
IPadOS wordmark.svg
開発者 Apple
プログラミング言語 CC++Objective-CSwiftアセンブリ言語
OSの系統 Unix系DarwinBSD)ベース、iOS
開発状況 開発中
ソースモデル オープンソースのコンポーネントを使用したクローズドソース
初版 2019年9月24日 (3年前) (2019-09-24)
最新安定版 16.3 (20D47)[1] [±]
対象市場 タブレットコンピュータ
使用できる言語 40言語[2]
アップデート方式 OTA
FindermacOS Catalina以降)
iTunesWindowsおよびmacOS Mojave以前)
プラットフォーム ARMv8-Aを搭載したiPad端末
カーネル種別 HybridXNU
既定のUI Cocoa Touchmulti-touch, GUI
ライセンス Proprietary software except for open-source components
ウェブサイト www.apple.com/ipados/
サポート状況
サポート中
シリーズ記事
iOS(iPhoneiPod touch用の関連OS)
テンプレートを表示

iPadOS(アイパッドオーエス)は、Appleが開発・提供する、iPad向けのモバイルオペレーティングシステム組み込みプラットフォーム)。

WWDC 2019で発表され[3][4]、2019年9月24日にリリースされた[5][6]

概要[編集]

iPadOSは、従来のiOSから独立し、iPadのために独自に開発されたモバイルオペレーティングシステムである。iPadOSは、iPad向けのOSであり、iPhoneiPod touchでは引き続き従来のiOSを使用することとなった(ただし、iPod touchは生産終了したため、現在もiOSを使用しているのはiPhoneシリーズのみである)。これにより、iPadはiOS 13以降、iOSの代替としてこちらを使用することとなった。

バージョン一覧[編集]

更新状況(最新版は16.1.1)
更新終了 更新中 最新版
バージョン 配信日 最終更新日 詳細・備考
iPadOS 13.x 2019年9月24日 2020年9月1日 ウィジェット、ダークモード、ショートカット機能などの追加。
iPadOS 14.x 2020年9月16日 2021年10月26日 アクセシビリティ機能などの追加。
iPadOS 15.x 2021年9月21日 2023年1月23日 ホーム画面にウィジェットが配置できるなどの追加。
iPadOS 16.x 2022年10月25日 2023年1月23日 最新版。macOSとの連携機能、天気アプリなどの追加。
  • 対応機種
    • iPad Pro(全てのモデル)
    • iPad Air(第3世代以降)
    • iPad(第5世代以降)
    • iPad mini(第5世代以降)

脚注[編集]

  1. ^ “iPadOS 16.3 (20D47)”. (2022年1月23日). https://developer.apple.com/news/releases/?id=01232023e 2023年1月25日閲覧。 
  2. ^ 10.2インチiPad - 仕様 -(日本)
  3. ^ “新しいiPadOSがiPadのために設計された独自の体験を実現” (プレスリリース), Apple, (2019年6月3日), https://www.apple.com/jp/newsroom/2019/06/the-new-ipados-powers-unique-experiences-designed-for-ipad/ 2019年6月5日閲覧。 
  4. ^ 松尾公也. “iPadOS登場 iOSから分離” (日本語). ITmedia NEWS. 2019年6月26日閲覧。
  5. ^ Tane, Kiyoshi. “iPadOS 13.1配信開始。マルチタスク強化、新ホーム画面、外付けドライブも管理可能に - Engadget Japanese” (日本語). Engadget JP. 2019年9月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年9月25日閲覧。
  6. ^ 株式会社インプレス (2019年9月25日). “iPadOS 13.1提供開始。iPadに最適化した新OSでホーム画面も刷新” (日本語). Impress Watch. 2019年9月25日閲覧。

外部リンク[編集]