OmniROM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
OmniROM
OmniROM 6.0.1.png
OmniROM 6.0.1のスクリーンショット
開発元企業 / 開発者 OmniROMコミュニティ
プログラミング言語 C (core)、C++ (一部のサードパーティのライブラリ)、Java (UI)
OSの系統 Unix系,Linux,Android
開発状況 開発中
ソースモデル オープンソース
対象市場 Androidベースのファームウェア
パッケージ管理 APK
カーネル種別 モノリシック (Linuxカーネル)
ライセンス フリーソフトウェア ライセンス:
Apache License 2.0 and GNU GPLv2
ウェブサイト omnirom.org
テンプレートを表示

OmniROM(オムニ ロム)は、スマートフォンオペレーティングシステムAndroidをベースにしたカスタムROMのひとつである[1]

OmniROMの開発陣は、元CyanogenModのデベロッパーがOmniROMコミュニティを立ち上げ、カスタムROMの開発に着手した。主なデベロッパーは、ギョウム・リスニック、マックスウェニンガー、ウンベルト・ボンバ、エルナン・カスタニョン、ジェイク・ワットリー、ディートロイ。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Linder, Brad (2013年10月13日). “Coming soon: OmniROM "open ROM" for Android devices”. Liliputing. 2013年11月14日閲覧。

外部リンク[編集]