Google I/O

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Google I/O
Google IO logo.svg
日程 5月 - 6月 (2~3日)
開始日 7-8AM
終了日 3-10PM
頻度 年次
会場
会場所在地 2008–2015: アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ
2016-2018: アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州マウンテンビュー
設立 2008年5月28日
最終開催 2018年5月8日
参加者 5000 (推定)
主催 Google
ウェブサイト
events.google.com/io/
テンプレートの開始日、終了日は「開始時間」、「終了時間」に読み替え必要

Google I/O (略称:I/O)はアメリカ合衆国カリフォルニア州Googleが開催する年次開発者向け会議。I/OではGoogleとAndroidChrome及びChrome OS、APIs、Google Web ToolkitApp Engineなどのオープンソースを用いてweb、モバイル、企業アプリケーションを構築することに重点を置いた技術的なセッションを紹介している。

I/Oは2008年に初めて開催されエグゼクティブチームによって計画された。「I/O」はinput/output(入出力)とスローガン「Innovation in the Open」(開かれたイノベーション)を表している[1]。本イベントの様式は「Google Developer Day」と類似している。

2008年のGoogle I/O
2017年のGoogle I/Oで基調講演を行うサンダー・ピチャイ
2017年のGoogle I/Oでの Android Fireside Chat

カンファレンス[編集]

I/O
日付 場所 発表 ハードウェア 情報
2008 5月 28~29日 モスコーニ・センター
Android

App Engine

Bionic

Maps API

OpenSocial

Web Toolkit

無し 話し手:

[2]

2009 5月 27~28日 AJAX APIs

Android

App Engine

Chrome

OpenSocial

Wave

Web Toolkit

HTC Magic 話し手:
  • Aaron Boodman
  • Adam Feldman
  • Adam Schuck
  • Alex Moffat
  • Alon Levi
  • Andrew Bowers
  • Andrew Hatton
  • Anil Sabharwal
  • Arne Roonman-Kurrik
  • Ben Collins-Sussman
  • Jacob Lee
  • Jeff Fisher
  • Jeff Ragusa
  • Jeff Sharkey
  • Jeffrey Sambells
  • Jerome Mouton
  • Jesse Kocher

[3]

2010 5月 19~20日 APIs

Android

App Engine

Chrome

Enterprise

Geo

OpenSocial

Social Web

TV

Wave

HTC Evo 4G

Motorola Droid

Nexus One

話し手:
  • Aaron Koblin
  • Adam Graff
  • Adam Nash
  • Adam Powell
  • Adam Schuck
  • Alan Green
  • Albert Cheng
  • Albert Wenger
  • Alex Russell
  • Alfred Fuller
  • Amit Agarwal
  • Amit Kulkarni
  • Amit Manjhi
  • Amit Weinstein
  • Andres Sandholm
  • Angus Logan
  • Arne Roonmann-Kurrik
  • Bart Locanthi
  • Ben Appleton
  • Ben Chang
  • Ben Collins-Sussman

[4]

2011 5月10~11日 Android

ChromeChrome OS

  • エイサーサムスンからChromebooksが発売される
  • Chrome用のアングリーバード
  • Chrome Web Storeのアプリ内購入
Samsung Galaxy Tab 10.1

Series 5 Chromebook

Verizon MiFi

ジェーンズ・アディクションがホスト役を務める二次会

[5][6][7][8]

2012 6月 27~29日 Android

Chrome

  • 利用者数が3億1000万人と発表
  • Android向けのChromeの安定
  • iOSアプリ

Compute Engine

Google ドキュメント

  • オフライン編集

Drive

  • iOS向けアプリ
  • SDK (v.2)

Glass

Gmail

  • 利用者数4億2500万人の発表

Google+

  • ハングアウトアプリとメトリックス
  • SDKとAPIを備えたモバイル用プラットフォーム

マップ

  • Android向けのオフラインモード
  • APIの拡張マップ(Enhanced maps in API)
  • APIの中継データ(Transit data in API)

Nexus

YouTube

  • 720p HD APIのアップデート
  • Heat maps and symbols in API
  • Androidアプリのアップデート
Galaxy Nexus

Nexus 7

Nexus Q

Chromebox

I/Oカンファレンスが通常の2日間予定から3日間に拡大された。最終日には基調講演は行われなかった。

ポール・オーケンフォールドとトレインがホスト役を務める二次会

[9][10][11]

2013 5月 15~17日 Android
  • 利用者数が9億人との発表
  • 検索のアップデート
  • Studio

App Engine

  • PHPをサポート

Google+

  • Redesign with photo and sharing emphasis

ハングアウト

  • Updated IM platform

マップ

  • web版とAndroid版の再デザイン

Play

  • ゲーム
  • Music All Access
  • 教育向けのPlay
  • Samsung Galaxy S4の販売予定
  • Google Play開発者サービスのアップデート

TV

  • Jelly Beanへアップデート
Chromebook Pixel 登録者はGoogle+とwalletのアカウントの両方を持っていることが要件であったが、900ドル(学生と教員向けは300ドル)のチケットが49分で完売した

遠隔操作の軟式飛行船のがI/Oの俯瞰視点をストリーミングした

ビリー・アイドルがホスト役を務める二次会[12][13]

2014 6月25~26日 Android

Chromebook

  • 改善

Google Fit

Gmail

  • API
LG G Watch

Samsung Gear Live

Moto 360

Google Cardboard

Moto 360はその後参加者に配送の形で提供された[14]
2015 5月 28~29日 Android

Chrome

  • カスタムタブ

Gmail

  • 全員の受信トレイの可用性(Inbox availability for everyone)

マップ

  • オフラインモード

ナノ学位

Now

  • 音声エラーの低減
  • コンテキスト改善

Photos

Google Play

  • 開発者ページ向けの「About」タブ
  • A / B テスト
  • ストア掲載情報のテスト
  • 「ファミリースター」バッジ

Project Brillo

  • Project Weave
Nexus 9

Google Cardboardの改善

Marshmallowの主な新機能:
  • アプリの権限許可制御
  • ネイティブでの指紋認証
  • 節電のために端末をスリープ状態にする「ディープスリープ」モード
  • USB Type-Cをサポート
  • アプリの確認済みURLをPlay storeのアプリへつなぐディープリンクアプリをサポート

Android Wearの新機能:

  • 「Always on」
  • 手首でのジェスチャー

ナノ学位はユダシティーでのAndroidのコースである

Project BrilloはAndroidベースのIoT向けの新OSである。「Project Weave」はIoT端末がコミュニケートするための共通プロトコルである[15][16]

2016 5月17~19日 ショアライン・アンフィシアター
Allo

Android

Assistant

Duo

Firebase

Google Home

Chrome OSPlayの統合

無し サンダー・ピチャイ は初めてGoogle I/Oの開催地をカリフォルニア州マウンテンビューのショアライン・アンフィシアターに変更した。参加者にはアンフィシアターの外部状況によりサングラスと日焼け止めを配られたが、多くの参加者が日焼けしたためにトークは比較的短かった[17]

Android Instant Appsはアプリへのリンクをタップすればインストールせずにアプリを実行でき、使用後は 自動で消去される機能である[18]

AndroidのVRサポート「Daydream」[19]

モバイルアプリプラットフォームの「Firebase」はストレージ、分析、レポート機能を追加した[20] [21][22]

初年度のGoogle Playアワードは10カテゴリーで今年のベストアプリとゲームが発表された[23]

2017 5月17~19日 Android Oreo
  • Project Treble

Flutter

Google.ai

Google Home Oreoの新機能「Project Treble」はキャリアがスマートフォンを簡単にアップデートできるようにOSをモジュール化している[25]

GoogleアシスタントがiOS端末で利用可能に[26]

新たなスタンドアロン(ビルトイン)型のバーチャルリアリティシステムをHTC Viveチームとレノボが開発[27]

Flutterはクロスプラットフォームモバイル開発フレームワークであり、iOSとAndroidでアプリ開発を迅速化させる

[28]

2018 May 8–10
  • Android Pのベータ版
  • マテリアルデザイン2.0
  • Gmailの変更点
  • Android Wear 3.0
  • Google Assistant
  • AR/VRの取り組み
  • Google Homeのアップデート

Android Things kit

Google Home Mini[29]

Here are the expectations in terms of announcements that will be made at Google I/O 2018
  • Android P - The next OS in line will be revealed in the I/O 2018 Developer Conference - both the name and the features’ applications.
  • Material Design 2.0 - This year, Google will be announcing a series of changes in the globally accepted design standard - Material Design. The design guide will be getting numerous aesthetic updates like greater white space, new translucence, round corners, and bright icons.
  • Android Wear 3.0 - The version will be introduced in Google I/O 2018. It will be made more in sync with iOS framework and would support more apps while getting a concentrated focus on saving the battery life.
  • Gmail Changes - While a series of changes in UI and replies were rolled out in the consumer version of Gmail in past few months. Enterprise version changes will be brought in by Google in Gmail in the I/O 2018 conference.
  • Updated Google Assistant - The event would launch an Assistant that is smarter, is multilingual, and is not dependent on trigger words like “Ok Google” and “Hey, Google”.
  • Updated Google Home - While the chance that a new Home device would be launched is extremely low. The brand will definitely include updates and its plan of expansion in other countries in I/O 2018.
  • AR/VR - Google will be announcing a new set of initiatives in its AR/VR department, both in hardware and software.
  • Flutter - With over 11 sessions planned for Flutter, the SDK will be practiced hands-on in the I/O 2018 Event.

注釈[編集]

  1. ^ Four things to expect from Google's upcoming I/O conference” (英語). indiatimes.com (2016年5月16日). 2016年5月31日閲覧。
  2. ^ 2008 Google I/O Session Videos and Slides”. 2018年2月3日閲覧。
  3. ^ Google I/O 2009
  4. ^ Google I/O 2010
  5. ^ Google I/O 2011
  6. ^ Google I/O: The Android Story Red Monk, May 12, 2011
  7. ^ Google gives away 5,000 Samsung Galaxy Tab 10.1 tablets to devs at I/O”. engadget.com. AOL Inc. 2012年3月1日閲覧。
  8. ^ Google Taps Amazon to Distribute Free Chromebooks to I/O Attendees”. AllThingsD.com. Dow Jones & Company Inc. 2012年3月1日閲覧。
  9. ^ Google I/O 2012 extended to three days from June 27-29, 2012 - The official Google Code blog”. Googlecode.blogspot.com (2011年11月28日). 2013年5月10日閲覧。
  10. ^ Google I/O 2013”. Developers.google.com. 2013年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月10日閲覧。
  11. ^ Google I/O 2012 : Day 1”. Gadgetronica (2012年6月28日). 2013年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月10日閲覧。
  12. ^ Darrell Etherington (2013年3月13日). “Google I/O 2013 Registration Sells Out In 49 Minutes As Users Report Problems Early On Making Payments”. TechCrunch. 2013年5月10日閲覧。
  13. ^ Murph, Darren (2012年12月4日). “Google I/O 2013 dates announced: starts May 15th, registration to open early next year”. Engadget.com. 2013年5月10日閲覧。
  14. ^ Cardboard”. Google Developers. Google. 2014年7月17日閲覧。
  15. ^ Registration”. 2015年2月24日閲覧。
  16. ^ Mark Your Calendars—Google I/O 2015 Is Happening On May 28th And 29th”. 2015年2月13日閲覧。
  17. ^ Google I/O 2016: AI, VR Get Day In The Sun”. Information Week. 2018年2月3日閲覧。
  18. ^ インストールなしでアプリを実行するAndroid Instant Apps発表。リンクを踏んで起動、終了すれば消去 engadget日本版(2016年5月19日)2017年11月5日閲覧
  19. ^ Robertson, Adi (2016年5月18日). “Daydream is Google’s Android-powered VR platform”. The Verge. 2016年5月18日閲覧。
  20. ^ Miller, Paul (2016年5月18日). “Google's Firebase cleans up the mess Facebook left by killing Parse”. 2018年2月3日閲覧。
  21. ^ Google I/O 2016 in pictures: What happens when you make nerds go outside Ars Technica, May 20, 2016
  22. ^ Brandom, Russell (2016年5月18日). “The 10 biggest announcements from Google I/O 2016”. The Verge. 2016年7月14日閲覧。
  23. ^ Kochikar, Purnima (2016年4月21日). “The Google Play Awards coming to Google I/O”. Android Developers Blog. Google. 2017年2月26日閲覧。
  24. ^ Google Lens”. gadgetsndtv. 2017年9月1日閲覧。
  25. ^ Novet, Jordan (2017年1月25日). “Google I/O 2017 Dates Announced May 17-19 in Mountain View Again”. Venture Beat. 2017年2月12日閲覧。
  26. ^ Garun, Natt (2017年5月17日). “Hey Siri, Google Assistant is on the iPhone now”. The Verge. Vox Media. 2017年5月17日閲覧。
  27. ^ “Google Announces Standalone Headset to be Made by HTC and Lenovo” (英語). (2017年5月17日). https://www.vrfocus.com/2017/05/google-announces-standalone-headset-to-be-made-by-htc-and-lenovo/ 2017年5月17日閲覧。 
  28. ^ Google’s “Fuchsia” smartphone OS dumps Linux, has a wild new UI”. Ars Technica. 2018年2月3日閲覧。
  29. ^ Google I/O Opening Keynote Featured ML Kit, Google Assistant, TPU 3.0 & Host of Other Announcements”. InfoQ (2018年5月9日). 2018年6月15日閲覧。

外部リンク[編集]