Google Pixel

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Google Pixel
Google Pixel (smartphone) logo.svg
Pixel 2 and Pixel 2 XL.svg
開発元 Google
製造元 ハードウェアは委託製造
種別 スマートフォン
タブレット端末
ノートパソコン
発売日 2013年2月21日 (2013-02-21) 以降
OS Android
Google Chrome OS
オンラインサービス Google Play

Google Pixel(グーグル ピクセル)は、Googleによって開発されたモバイル端末ノートパソコン製品のブランドである[1][2]Google Nexusとは異なる。

概要[編集]

Googleが自社の製品にPixelの名を最初に用いたのが、2013年2月発売のChromebook Pixel (2013)である[3]。ただし、これは当時最高レベルの画質を実現したディスプレイをアピールするための名称であり、恐らく2016年にNexusに代わるブランド名として選ばれるPixelを視野に入れていた訳では無いと思われる。

その後、2015年3月にはChromebook Pixel (2013)の後継にあたるChromebook Pixel (2015)が発売された[4]。また、2015年9月Nexus5XNexus6Pの2機種およびAndroidタブレットのPixel Cも発表された[5]ため、唯一NexusブランドとPixelブランドが混在した時期でもある。

そして2016年10月4日、Made by Googleと名付けられたGoogle製品発表会にて、PixelPixel XLの2機種が発表され[6]、スマートフォンとしてのPixelブランドが確立されるに至る。しかし日本国内では発売されなかった。

2017年10月Pixel 2[7]Pixel 2 XL[7]・Google Pixelbook[8]を発表。

東部標準時間2018年10月9日に行われた "Made by Google" イベントで、Pixel 3Pixel 3 XLが日本に投入されることが正式に発表された[9]

製品[編集]

OS はスマートフォンとタブレットは全て Android、ノートパソコンは Google Chrome OS

スマートフォン[編集]

タブレット[編集]

ノートパソコン[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ グーグルの新スマホブランド「Pixel」が変えるモバイルの行き先
  2. ^ Google,新世代スマートフォン「Pixel」を発表
  3. ^ Google、2560x1700タッチ画面の Chromebook Pixel 発表。Core i5 & LTE対応”. Engadget 日本版 (2013年2月22日). 2018年10月2日閲覧。
  4. ^ Google、USB-Cポート×2の「Chromebook Pixel(2015)」を999ドルで発売”. ITmedia NEWS (2015年3月12日). 2018年10月2日閲覧。
  5. ^ Google、自社開発タブレット「Pixel C」発表 Nexusスマホ新モデルも投入”. ねとらぼ (2015年9月30日). 2018年10月2日閲覧。
  6. ^ “メイド・バイ・Google” スマホ「Pixel」登場、iPhoneに対抗する機能満載”. マイナビニュース (2016年10月5日). 2018年10月2日閲覧。
  7. ^ a b Google Lens初搭載のAndroidスマホ「Pixel 2」など発表”. ケータイ Watch (2017年10月5日). 2018年10月2日閲覧。
  8. ^ a b Google、Chromebook「Pixelbook」発表、360度回転ヒンジで4スタイルに”. マイナビニュース (2017年10月5日). 2018年10月2日閲覧。
  9. ^ 「Pixel 3」「Pixel 3 XL」「Pixel Slate」 5分ぐらいでわかる「Made by Google」まとめ”. Engadget 日本語版. 2018年10月11日閲覧。

外部リンク[編集]