グーグル・ウェブサーバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

グーグル・ウェブサーバ (Google Web Server, 略称 GWS)は、グーグルが自社のウェブサービスの基幹に使用しているウェブサーバソフトの名前である。

Netcraftが2009年10月に行ったウェブサーバの調査によると、グーグル・ウェブサーバは全てのドメインに対して6.00%のシェアを持つ、第4位のウェブサーバソフトで、アクティブサイトに限れば13.56%のシェアを持つ、第3位のウェブサーバソフトだった [1]。 グーグルは、グーグル・ウェブサーバがカスタム・メイドされたサーバにインストールされたLinux上で動いていることを除いて、意図的にその詳細について明らかにしていない[2]。グーグルは、内部で使うためにオープンソースなソフトウェアに独自に手を加える傾向があるので、グーグル・ウェブサーバも、Apacheに独自に手を加えたものであるという推測がある[3]

このウェブサーバは、http://www.google.com/にアクセスしたときのレスポンスヘッダを見ることで確認できる。

Connection: Keep-Alive
Proxy-Connection: Keep-Alive
Content-Length: 221
Date: Fri, 14 Aug 2009 06:38:37 GMT
Location: http://www.google.com/
Content-Type: text/html; charset=UTF-8
Server: gws
Cache-Control: private

関連項目[編集]

References[編集]

  1. ^ October 2009 Web Server Survey”. Netcraft (2009年10月17日). 2009年10月24日閲覧。
  2. ^ Study: Google runs more than 10 million Web sites”. cnet (2008年10月30日). 2010年1月29日閲覧。
  3. ^ Google Operating System” (2007年9月17日). 2010年1月29日閲覧。