マテリアルデザイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マテリアルデザインを実現するコンポーネントの例

マテリアルデザイン(Material Design)は、アメリカ合衆国Google社が提唱したユーザーエクスペリエンスデザインの体系[1]、およびそれを実現する開発技術や手法、デザイン、試みなどの包括的呼称[2]

概要[編集]

Googleは2014年6月にGoogle I/O conferenceにおいて、新しいUX(ユーザーエクスペリエンスデザイン)体系として、「マテリアルデザイン」を発表した。マテリアルデザインは、ユーザーが接する画面にマテリアル(物質)、メタファーの概念を用いて一貫性のある世界をつくりつつ、ユーザーの操作を補助するもの[3]

スマートフォンタブレットなど様々なデバイスにおいて、マテリアルデザインによる統一感のあるデザインを取り入れることにより、操作するデバイスが変わっても操作感に統一性を期待できることで、ユーザーはストレスを感じずに様々なデバイスを操作することができる。

脚注・参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]