Noto

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Noto
書体 サンセリフセリフ
開発者 Google
発表メーカー Google
開発 2012
ライセンス SIL Open Font License 1.1
Noto Sans CJK
書体 サンセリフゴシック体
開発者 GoogleAdobe西塚涼子イワタ
発表メーカー Google
開発 2014
ライセンス SIL Open Font License 1.1

NotoGoogleによって開発されたオープンソースフォントファミリー[1]。通常「フォントファミリー」は同一書体の複数ウェイトのセットを指すが、Notoでは広範な言語を包括する意味で用いている。

概要[編集]

世界中の言語をサポートすることを目標に、Apache License 2.0 のライセンスで配布が開始された。2015年9月29日に、SIL Open Font License 1.1 にライセンス変更。

コンピューターで表示できない文字がある場合、文字の代わりに小さい四角(□)、通称"豆腐"[2]が表示されることが多いが、すべての言語に対応したフォントを開発することで"豆腐"が現れることがなくなるようにという意味を込めてNoto(no more tofu)という名称が付けられた[1]

Noto Sans CJK[編集]

Notoフォントファミリーの中で日本語、中国語(繁体 / 簡体字)、韓国語を担うのがNoto Sans CJKである。Adobeと共同開発し、2014年7月16日に公開された[3]。ウェイトは7種用意されている(Thin 100, Light 300, DemiLight 350, Regular 400, Medium 500, Bold 700, Black 900の7種)。他のNotoフォントファミリーやGoogleのRobotoと組み合わせて使うことを想定しているが、従属欧文はAdobeのSource Sans Proとなっている。

AdobeはNotoフォントファミリーの枠組みの外で単独でも公開しており、そこでのフォント名はSource Han Sansである。したがってNoto Sans CJKとSource Han Sansはフォント名と一部のウェイト表記以外はすべて同一である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Google Noto Fonts”. Google. 2016年12月18日閲覧。
  2. ^ 豆腐 - 意味・説明・解説 : ASCII.jpデジタル用語辞典”. 2016年12月18日閲覧。
  3. ^ オープンソースの美しい Noto フォントファミリーに日本語、中国語、韓国語が加わりました。”. Google (2014年7月16日). 2014年7月17日閲覧。

外部リンク[編集]