Noto

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Noto
書体 サンセリフセリフ
開発者 Google
発表メーカー Google
開発 2012
ライセンス SIL Open Font License 1.1
Noto Sans CJK
書体 サンセリフゴシック体
開発者 GoogleAdobe西塚涼子イワタ
発表メーカー Google
開発 2014
ライセンス SIL Open Font License 1.1
Noto Serif CJK
書体 セリフ書体明朝体
開発者 GoogleAdobe西塚涼子イワタ
発表メーカー Google
開発 2017
ライセンス SIL Open Font License 1.1

NotoGoogleによって開発されたオープンソースフォントファミリー[1]。通常「フォントファミリー」は同一書体の複数ウェイトのセットを指すが、Notoでは広範な言語を包括する意味で用いている。

概要[編集]

世界中の言語をサポートすることを目標に、Apache License 2.0 のライセンスで配布が開始された。2015年9月29日に、SIL Open Font License 1.1 にライセンス変更。

コンピューターで表示できない文字がある場合、文字の代わりに小さい四角(□)、通称"豆腐"[2]が表示されることが多い[3]が、すべての言語に対応したフォントを開発することで"豆腐"が現れることがなくなるようにという意味を込めてNoto(no more tofu)という名称が付けられた[1]

2016年10月6日にUnicode標準で定義された800言語、11万字を超える全文字に対応したことを開発ブログで公表した[4]

Noto Sans CJK[編集]

Notoフォントファミリーの中で日本語、中国語(繁体 / 簡体字)、韓国語を担うのがNoto Sans CJKである。Adobeと共同開発し、2014年7月16日に公開された[5]。ウェイトは7種(Thin 100, Light 300, DemiLight 350, Regular 400, Medium 500, Bold 700, Black 900)が用意されている。他のNotoフォントファミリーやRobotoと組み合わせて使うことを想定している。

AdobeはSourceフォントファミリーという枠組みを持っており、このフォントもSource Han Sansとして公開されている。Noto Sans CJKとの違いはフォント名と一部のウェイト表記であり、それ以外はすべて同一である。そのためNoto Sans CJKの従属欧文もSource Sansがベースであり、フォント形式がOpenType形式[6]となっている。

Noto Serif CJK[編集]

2017年4月4日、GoogleはNoto Sans CJKの仲間として明朝体フォントのNoto Serif CJKを公開した[7]

ウェイトは7種(ExtraLight, Light, Regular, Medium, SemiBold, Bold, Black)が用意されており、Noto Serifやその他のGoogle標準フォントとウェイトに互換性があるため、組み合わせて使う事が可能である。

Noto Sans CJK同様に開発はAdobeが中心となり、AdobeではSourceフォントファミリーのSource Han Serifとして公開されているものをフォント名と1つのウェイト表記を変更したバージョンである。そのためフォント内の従属欧文はSource Serif英語版がベースであり、フォント形式もOpenType形式[6]となっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Google Noto Fonts”. Google. 2016年12月18日閲覧。
  2. ^ 豆腐 - 意味・説明・解説 : ASCII.jpデジタル用語辞典”. 2016年12月18日閲覧。
  3. ^ 日本では豆腐以外にゲタ(〓)も使われる
  4. ^ Google Developers Japan: 誰でも使えるオープンソース フォント システム”. Google (2016年10月20日). 2017年4月10日閲覧。
  5. ^ オープンソースの美しい Noto フォントファミリーに日本語、中国語、韓国語が加わりました。”. Google (2014年7月16日). 2014年7月17日閲覧。
  6. ^ a b NotoフォントファミリーはCJK言語向け以外はTrueType形式で開発・公開されている。
  7. ^ Noto Serif CJK が登場!”. Google (2017年4月4日). 2017年4月4日閲覧。

外部リンク[編集]