イワタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社イワタ
IWATA Corporation.
種類 株式会社
本社所在地 101-0032
東京都千代田区岩本町三丁目2番9号
滝清ビル7F
設立 1920年
業種 ソフトウェア
代表者 水野弘一郎
資本金 4000万円
従業員数 26名
外部リンク http://www.iwatafont.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社イワタ書体の開発・販売を行う企業。1920年設立。本社は東京都千代田区岩本町。社長は水野弘一郎。独URW社の代理店として欧文書体や書体開発用機械の販売も行う。

1920年岩田百蔵により蒲田に創設された岩田母型製造所が起源で、最初は築地活版秀英舎の活字母型のセカンドソースであったが、1950年代にベントン母型父型彫刻機を導入するころから自社書体を開発しはじめ、多くの印刷所に採用せられて9ptなどの小型活字の用に充てられた。主力製品である明朝体は、大日本印刷の小ポイント活字が原点で、かなには二系統ある。新聞書体は1941年の開発になり、北海道新聞などで採用されている。金属活字のほかにも、明朝体やゴシック体が写研モリサワより、教科書体がリョービより写植書体として販売され、電子書体では、明朝体及びゴシック体がハイデルベルグPMT(後にハイデルベルグ・ジャパン)より、教科書体がリョービより、岩田保有の多くの書体が1969年に設立したイワタエンジニアリングより発売された。2001年岩田母型製造所とイワタエンジニアリングとを統合し、イワタとなる。

保有書体は明朝体、ゴシック体などの本文用書体が主で、他にも、弘道軒より譲渡せられた清朝体、森川龍文堂の龍宋体なども保有する。正楷書体は大間善次郎が種字を彫った。ビットマップやスクリーン向けの書体の開発もイワタエンジニアリングより引き継がれている。

外部リンク[編集]