ベントン母型彫刻機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ベントン母型彫刻機(ベントンぼけいちょうこくき)は、活字印刷に使用する、活字の母型(父型)を製作する彫刻機。大きく清書した原図をなぞると、縮小された精密な活字を複製、製造することができる。

米国ATF社のリン・ベントン(Benton,Linn Boyd 1844年 - 1932年)が1885年に考案した。日本国内では、三省堂亀井寅雄今井直一がATF社から導入(1922年)。この際、ATF社は「彫刻機は社内用で外販は考えていない」と主張したが、「三省堂は活字メーカーではなく、製造した活字を外販することはない。したがって、ATF社のビジネスに影響を与えることもない」と交渉し、提供を受けることに成功。このとき、すでに大蔵省印刷局が彫刻機の提供を受けていたが、研究用であり、実使用したことはなかった。

実際のところ、ATF社は欧文活字でしか使用しておらず、複雑で多様な日本語の活字に適用するためには、様々なノウハウの蓄積が必要だったという。

戦後、ツガミが、三省堂や大日本印刷らの協力によって国産化(1948年)した。このツガミの製品は国内の活字メーカー、印刷所に広く導入され、活字印刷の品質が飛躍的に向上した。

参考文献[編集]

  • 今井直一「書物と活字」1949年 印刷学会出版部
  • 日本印刷学会編「印刷事典」増補版 1987年 印刷局朝陽会 ISBN 4870851253

外部リンク[編集]