パンタグラフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

パンタグラフ(Pantograph)のギリシア語語源は 「すべてを(παντ-) かくもの(γραφ)」であり、菱形で収縮する機構に通常充てられる。

製図用パンタグラフの例
  • パンタグラフは、原図をなぞって、拡大または縮小した図面を描く製図具として知られている。CADCNCの発達により用いられることはほとんどなくなった。
  • 玩具のマジックハンドはパンタグラフを活用している。木型製作、フライス加工機械など。
  • 鉄道車両に用いられる集電装置のひとつ。形状が菱形(実際は頂部の2点が極端に近接した六角形)以外に変わっても、パンタグラフという呼称が残っている。集電装置を参照のこと。
  • パソコン用のキーボードで、パンタグラフ形のスプリングを用いたキーの支持機構の名称。高さを抑えるため、平らなキーと小さなストロークでもON、OFFが確実なスプリングが必要なノートパソコン向けとして考案された。接点に均等に圧力がかかる構造のため、キーの中心からずれたタイピングの場合でもキーが認識しやすく、また、強い力を必要としないため、タッチが軽く、タイプ音も静かな特徴を持つ。
  • 自動車における昇降機構(通風量調整装置 = ウインドウレギュレーター)のひとつ。円弧状の歯車との組み合わせで、手動式の多くと旧タイプのパワーウィンドウに用いられている。丈夫だが重量とコストが嵩むため、ワイヤ式に移行している。

外部リンク[編集]