Google Stadia

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Stadia
Logo for Stadia
Wordmark for Stadia
運営元 Google
種類 登録制ゲームサービス
サービス開始日 2019年11月19日
プラットフォーム Google Chromeウェブブラウザ
ウェブサイト stadia.google.com ウィキデータを編集
テンプレートを表示

Google Stadia(グーグル ステイディア/スタディア)とは多国籍テクノロジー企業であるGoogleによる登録制クラウドゲームサービスである。2019年11月19日に月額課金制でサービスを開始した(日本を含まない世界14か国)。2020年以降には月額課金のないプランを予定している[1]

HDRビデオ英語版に対応し、60fpsの4K解像度でコンピュータゲームを全世界の自社データセンターを介してプレイヤーに配信する。同社のウェブブラウザであるGoogle Chromeを使ってアクセスできる。YouTubeの活用や、「state share」(ステート共有)機能でStadiaの閲覧者がストリーミング配信者と同じセーブステートでゲームを立ち上げることが可能で、このサービスのUSP英語版とされている。HIDクラス英語版USBコントローラーを使用することができるが、Googleはデータセンターに直接リンクするためのWi-Fiを搭載した独自のサービス対応コントローラーを開発している。このサービスは「Project Stream」として開発が進められ、2018年10月にアサシン クリード オデッセイをプレイできるクローズドベータ版が登場。直接競合するサービスにソニー・インタラクティブエンタテインメントPlayStation NowマイクロソフトのProject xCloudがある。

機能[編集]

登録が必要なクラウドゲームサービスだが[2]、動作のためにコンピューターハードウェアを追加する必要はなく、インターネット接続とGoogle Chromeのみで使用できる。StadiaはユーザーへのメディアのストリーミングにおいてYouTubeの機能上で動作しており、ゲームのストリーミングはコンピューターゲームライブストリーミング英語版閲覧の延長と見なされている。Googleのフィル・ハリソンによれば「Stadia」は「stadium」の複数形で、エンターテインメントが集まる場所にする決意を込めていてユーザーは座って観戦するか、自ら進んで参加するかを選択できるようになるとしている[3]

Googleは世界中に数多くのデータセンターを設置していて、大多数のプレイヤーは地理的にどこかのデータセンターの近くにいると考えておりStadiaはOnLivePlayStation NowGaikaiといった先行するクラウドゲームサービスよりは格上になると自信を示している。Stadiaは4K解像度において60fpsのHDR英語版のゲーム配信に対応していて、いずれ8K解像度英語版において120fpsに達すると予測している[3]。一度サービスに登録したプレイヤーは自身の端末にゲームをダウンロードすることなくプレイすることができる。プレイヤーはStadiaを通してYouTubeでゲームの録画や配信ができる。サービスに登録したストリームの閲覧者はちょうど見ていたセーブ地点でストリームから直接ゲームを立ち上げることができる[3]。StadiaはHIDクラス英語版USBコントローラーに対応しているが、Googleは入力の待ち時間を短縮するためにWi-Fiを介して自社のデータセンターに接続するコントローラーを独自開発している[3]。GDC 2019での基調講演によれば、GoogleはコントローラーのGoogle アシスタントを使用することで現在プレイしているゲームに関する適切かつ助けになる動画を自動的にYouTubeで検索できるようにするという[4]

開発[編集]

Google Stadiaは2019年のGame Developers Conference(GDC)でお披露目された。

Googleは最初のコンピューターゲーム関連製品としてProject Streamを発表。同社は過去に2016年後半以降Project Yetiという名でサービスの開発に取り掛かっていると推測されていて、さらにゲーム会社の幹部だったフィル・ハリソンを招聘していて、2018年のゲーム業界イベントで開発者を募集していた[5]。Project StreamとOnLive、GeForce Now英語版、PlayStation Nowといった既にあるサービスとの主な違いは特定のゲームプラットフォームではなくデスクトップ版Chromeブラウザで動作する点である[6]。また、AMDRadeonグラフィックハードウェアを使用している[7]

2018年10月にGoogleがサービスを発表し[8]、まもなく招待されたベータテスターがアサシン クリード オデッセイをプレイできるベータ版が開始された。プレイヤーはChromeブラウザにて最低限のインターネット速度を満たしていればゲームをプレイすることができた[9]。参加者はベータ版が終了した時にゲームのフリーコピーを受け取ることができた[10]

2019年3月に開催されたGame Developers Conference(GDC)でのGoogleによる基調講演でStadiaは正式発表された[11]。Stadiaをサポートするためにジェイド・レイモンドが率いるStadia Games and Entertainmentの設立も発表された。自社ゲームを開発するだけでなく、サードパーティ作品をStadiaに移植するための支援を行うとしている[12]

2019年6月、正式サービス開始予定を同年11月と発表しサービスを提供する地域についても14か国、初期タイトルも30ほど、専用コントローラーやサービスプランについても発表した[1]

サービスプラン[編集]

2019年11月19日に世界14か国でサービス開始を予定している。

月額課金制(サブスクリプション)である「Stadia Pro」プランは月9.99ドルで一部商品の割引や遊び放題となり、画質は4K HDR 60fps 5.1ch音声対応。

2020年以降導入予定の無料プランは購入済みゲームのみプレイ可能で1080p 60fps ステレオである。

2019年6月発表時のサービス開始予定国は北米と欧州のみでアメリカカナダイングランドアイルランドフランスドイツイタリアスペインオランダベルギーデンマークスウェーデンノルウェーフィンランドとなっている[13]

しかし、2020年に入ってStadiaでの新作ゲームの発表や配信、機能アップデート、コミュニティアップデートがなくなって40日が経過した[14]

配信ゲーム[編集]

Stadiaでの配信が計画されているゲームは以下の通り[15]

2018年10月にProject Streamの1080p解像度でのテストに使用されたアサシン クリード オデッセイ[15]id SoftwareDoom Eternalが4K解像度、60FPSでのゲームプレイ、HDR対応で配信されることが計画されている[16][17]。またキュー・ゲームスが開発しているゲームが3番目のタイトルとして発表されており、プラットフォームのステート共有(state share)機能を活用したゲームの予定となっている[15]

加えて、ファーストパーティメーカーとしてジェイド・レイモンドが率いるStadia Games and Entertainmentが対応ゲームを開発するとしている[15]

Stadiaで配信されるゲーム
タイトル ジャンル 開発元 発売元 配信日[注釈 1]
アサシン クリード オデッセイ アクション ユービーアイソフト・ケベック英語版 ユービーアイソフト 未公表
Doom Eternal FPS id Software ベセスダ・ソフトワークス 未公表

2019年6月には初期タイトル予定作品を合計30ほど発表している[1]

評価[編集]

事前公開[編集]

ベータ版において、Stadiaへの最初のレビュアーからの評価はPCゲームの実行できる代替手段になりえるクラウドゲームサービスになると[9][8]期待を上回る高評価だった[9][8][6]。ゲームプレイにおいてラグが少なく、インストールしたゲームのプレイと比べて遜色ないと評価された[9][8]。ただ、Wi-Fiの速度によっては画面解像度が圧縮されたり、遅れが出ると評された[9]The Vergeによるテストでは有線イーサネット接続ではラグは発生しないものの、共有Wi-Fi接続では時々止まることがあるとしている[9]。また、有線接続でも4Kで表示されず、圧縮アーティファクトが出ることもあったとしている。

同じGoogleのChromebook Pixel英語版との相性の良さを評するレビューもあれば[9]Polygonが顕著な音声圧縮を見つけたとしている[8]

Ars TechnicaはProject Streamのログインシーケンスは他のサービスより遥かに簡単だったとしている[6]

脚注[編集]

注釈

  1. ^ プラットフォームや地域に関係なく最初に配信された日。

出典

  1. ^ a b c Ittousai. “速報:Google Stadiaは月9.99ドル、日本含まぬ14か国で11月開始。初期タイトル発表 - Engadget Japanese” (日本語). Engadget JP. 2019年6月16日閲覧。
  2. ^ Google’s Stadia Gaming Platform”. HighlyTechno. Shubham. 2019年3月20日閲覧。
  3. ^ a b c d Leadbetter, Richard (2019年3月19日). “The big interview: Phil Harrison and Majd Bakar on Google Stadia”. Eurogamer. 2019年3月19日閲覧。
  4. ^ Bowers, Quintlyn (2019年3月19日). “Stadia's Wi-Fi Controller Looks Familiar, But Features Google Assistant”. GameSkinny. 2019年3月19日閲覧。
  5. ^ Google announces 'Project Stream'—a 'test' of game streaming in Chrome”. Ars Technica (2018年10月1日). 2019年1月1日閲覧。
  6. ^ a b c Google’s Project Stream: That’s really a full Assassin’s Creed in my browser”. Ars Technica (2018年10月9日). 2019年1月1日閲覧。
  7. ^ Google's Project Stream cloud gaming will use AMD Radeon Graphics” (英語). VentureBeat (2019年1月9日). 2019年1月13日閲覧。
  8. ^ a b c d e Streaming Assassin’s Creed Odyssey in Google Chrome is surprisingly great”. Polygon (2018年10月8日). 2019年1月1日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g Google’s Project Stream is a working preview of the future of game streaming”. The Verge (2018年10月8日). 2019年1月1日閲覧。
  10. ^ Get free Assassin’s Creed Odyssey on PC for testing Google’s Project Stream”. Polygon (2018年12月15日). 2019年1月1日閲覧。
  11. ^ Wilde, Tyler (2019年3月19日). “Google announces Stadia, a game streaming service 'for everyone'”. PC Gamer. 2019年3月19日閲覧。
  12. ^ Chalk, Andy (2019年3月19日). “Jade Raymond is heading Google's first-party game studio”. PC Gamer. 2019年3月19日閲覧。
  13. ^ Ittousai. “速報:Google Stadiaは月9.99ドル、日本含まぬ14か国で11月開始。初期タイトル発表 - Engadget Japanese” (日本語). Engadget JP. Oath Japan KK.. 2019年6月16日閲覧。
  14. ^ Stadia has officially gone 40 days without a new game announcement/release, feature update, or real community update. It has been out for 69 days. It's time we demand better.”. www.reddit.com. REDDIT. 2020年2月6日閲覧。
  15. ^ a b c d Thier, David (2019年3月20日). “All 3 Games Confirmed For Google Stadia”. Forbes. 2019年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月21日閲覧。 “Assassin's Creed Odyssey was the test case for Project Stream, and people have already played a remote version of this game in a web browser. [...] Google confirmed that Dylan Cuthbert's Q-Games would be building a game around the "state share" feature that will allow you to instantly start playing a game at the same moment as a Youtube video or a live Youtube stream. [...] it's hired AAA gaming industry very Jade Raymond to head up a studio called Stadia Games and Entertainment.”
  16. ^ Capel, Chris J (2019年3月21日). “Google Stadia can run Doom Eternal at 4K with HDR at 60fps”. PCGamesN. 2019年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月21日閲覧。 “...including true 4K resolutions, HDR colour, and running with a framerate of 60fps.”
  17. ^ Farokhmanesh, Megan (2019年3月19日). “Doom Eternal is coming to Google’s cloud gaming service, Stadia”. The Verge. 2019年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月21日閲覧。 “It will run on Stadia at 4K resolution with HDR color at 60 fps.”

参考文献[編集]

外部リンク[編集]