クラウドゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

クラウドゲーム: Cloud gaming、クラウドゲーミング)とは、コンピュータゲームストリーミング配信するサービス[1]クラウドコンピューティングという用語が普及する以前はゲームオンデマンドと呼ばれていた[2][3]。ゲームを含む一般のアプリケーションを同様な技術で稼働させる事をシンクライアントと呼ぶ。

技術[編集]

利用者のコントローラーの操作・マイクからの音声といった情報はインターネット回線・ケーブルテレビ回線を通じて送信され、それに基づいた演算・処理・通信は全てサーバー(クラウド)上で行われ、演算結果は単なる動画・音声として利用者の元へストリーミング配信される[4]

クラウドゲームが普及すればユーザーは高価な専用ゲーム機の購入を必要とせず汎用のPCやスマートフォンでもプレイが可能となるため、ゲーム業界の未来の鍵を握る技術であるという様に期待されてはいる。しかし問題点もあり、現在の光通信技術を以てしてもレイテンシを完全に無くす事ができず、コントローラーの入力に対して大幅な画面の遅延が発生する。サーバーが国外など物理的に離れた場所にある場合は、よりレイテンシが大きくなる。そのためコンマ1秒の反応が求められるアクションゲームなどは向いていない。またアクセスが殺到するとサーバーが高負荷状態になりゲームがしにくい状態になるなど問題も発生しやすい[5]。ゲームは映画とは異なり操作のリアルタイム性が求められるという特性上、回線速度だけでなく、入力に対する応答速度(レイテンシ)が極小に抑えられた高速回線の普及が鍵となる[6]

また動画配信のNetflix、音楽配信のSpotifyに代表される定額制ストリーミングサービス導入にあたっては、ビジネスとしての採算性確保が問題となる。

マイクロソフトは今後のXboxの姿としてNetflixのようなサービスが必要と考えている[7]

歴史[編集]

(主に日本の事象)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ クラウドゲームサービスとは
  2. ^ G-Clusterの技術に迫る! / ファミ通.com
  3. ^ Access Accepted第325回:クラウドゲーミング時代の到来
  4. ^ [TGS 2012]PS4はクラウド対応? コンシューマゲームはなくなる? 多彩な話題が飛び出した「TGSフォーラム2012クラウドゲームセッション」レポート
  5. ^ http://www.nintendo.co.jp/ir/library/events/130131qa/index.html
  6. ^ Googleのクラウドゲームサービス“Stadia”をいろんな場所で使ってみてわかった、技術的・ビジネス的課題 - ファミ通.com
  7. ^ マイクロソフト、Xbox本体込み+ゲーム遊び放題の月額プラン Xbox All Access 正式発表
  8. ^ CLASSIC VIDEOGAME STATION ODYSSEY/EVENT/EARLY CREATERS
  9. ^ ゲームの未来を変えるかもしれない革命的技術「OnLive」が,GDC会場で作動中!
  10. ^ ゲームオンデマンドの新興OnLive — ストリーミング配信でゲーム業界の頂点に挑む
  11. ^ ジークラウド/G CLOUD - ハンゲーム
  12. ^ クラウドゲーミング – Gaming as a Service (GaaS)|NVIDIA GRID|NVIDIA
  13. ^ ソニー・コンピュータエンタテインメント、米国 Gaikai Inc. を買収 ~SCEならではのインタラクティブなクラウドサービスを実現し、 新たな価値創造を目指す~
  14. ^ 「トゥームレイダー」などHDゲームをブラウザで スク・エニが「COREONLINE」開始 - ITmedia NEWS2019年3月22日閲覧
  15. ^ Radeon Sky
  16. ^ ユビタス、クラウドゲームサービス「ゲームナウ」を提供開始  NTTドコモの Android 端末向けに 日本ファルコムの人気14タイトルを毎月連続リリース
  17. ^ ひかりTVゲーム
  18. ^ G-cluster(ジークラスタ)公式サイト
  19. ^ ユビタス、LG製スマートテレビへのクラウドゲーム搭載をE3 2013で発表 ~ロサンゼルス・コンベンションセンターで6月11日から13日まで展示~
  20. ^ ドラゴンクエストXをNTTドコモのdゲームで配信、ユビタスのクラウドゲーム技術で実現
  21. ^ シャープ製テレビAQUOSに「Gクラスタ」搭載-ゲーム機を買わなくてもクラウドゲームサービスの利用が可能に-
  22. ^ もうサードパーティのストリーミングサービスは要らない, AWSがGPUインスタンスにより自前でサービスを提供
  23. ^ VDI環境もバックアップもAWSで。ログ監査にも対応して業務向け機能を強化するAWS
  24. ^ クラウド技術を活用した「プレイステーション」のストリーミングゲームサービス「PlayStation™Now」 今夏より、米国でサービス提供開始
  25. ^ 「e-AMUSEMENT CLOUD」が5月29日に正式サービスを開始。クラウド技術を利用してアミューズメント施設のゲームを自宅で楽しめる
  26. ^ スクエニが本気で挑むストリーミングサービス“DIVE IN”のキーマンに訊く(前編)
  27. ^ 和田洋一氏率いるクラウドゲーミング企業シンラ・テクノロジーが設立!クラウド技術で超マッシヴな新ゲームを実現。2015年初旬βテスト開始
  28. ^ クラウドゲーミングプラットフォーム「OOParts」を正式リリース。月額¥1,000から100タイトルを超える美少女ゲームが遊び放題。 - プレスリリース|Black Inc.|note” (日本語). note(ノート). 2020年5月22日閲覧。

関連項目[編集]