フィル・ハリソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フィル・ハリソン(Phil Harrison)は、イギリス技術者経営者である。世界的な成功を収めたプレイステーション戦略立ち上げの主要メンバーとして活躍した。2008年ソニーを退社。

経歴[編集]

15歳の時、グラフィックアーティスト兼アニメーターとしてはじめてゲームの開発に関わる[1]

1992年、Sony Electronics Publishing, Ltd(のちのSCEE)に入社。以降、SCEAでの研究開発、SCEE制作部門の責任者(副社長)を歴任。2000年E3においては、プレイステーション2の技術デモ「お風呂に浮くアヒルちゃん」を実演。2005年のE3においては、プレイステーション3とその周辺機器EyeToy(アイトーイ等)を実演(同じくアヒル)。また、この実演において、彼が日本語を話せることが明らかになった。彼のソニーでの初期の仕事は日本語の書類を英語に翻訳することであった。

2005年9月、新たに組織されたソニー・コンピュータエンタテインメント ワールドワイド・スタジオの初代プレジデントに就任。2007年、オンラインサービス「Home」の構想を発表し、開発を主導[2]2008年2月29日付で同社を退職した[3]。「Home」はハリソンの退社後に「PlayStation Home」の名で提供が開始された。

2008年3月、アタリの親会社であるInfogrames Entertainmentの社長(: President: Directeur Général Délégué)に就任[4]

2012年、マイクロソフト所属。2015年、マイクロソフト退社。[5]

略歴[編集]

  • 1989年 - マインドスコープ社(米国)入社。
  • 1992年 - ソニー・コンピュータエンタテインメント・ヨーロッパの前身であるSony Electronics Publishing, Ltdに経営管理担当の副社長として入社[6]
  • 1996年 - SCEA サードパーティー関係と研究開発を担当。
  • 2000年 - SCEE 制作部門の責任者。
  • 2005年 - ソニー・コンピュータエンタテインメント ワールドワイド・スタジオ、プレジデントに就任。
  • 2008年 - Infogrames Entertainment、社長(: President: Directeur Général Délégué)に就任。
  • 2012年 - マイクロソフト、Interactive Entertainment Business部門副社長に就任。
  • 2015年 - マイクロソフト、退社

発言[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 電撃オンライン、2006年、PLAYSTATION 3が知りたい!
  2. ^ ITmedia、2007年3月8日、3Dオンラインコミュニティ「Home」で実現する「GAME 3.0」――WWS社長フィル・ハリソン氏基調講演
  3. ^ SCEIプレスリリース、2008年2月25日、SCEワールドワイド・スタジオ 人事のお知らせ プレスリリース
  4. ^ EURO NEXT プレスリリース、2008年3月3日、EURO NEXT プレスリリース
  5. ^ Phil Harrison to leave Microsoft[1]
  6. ^ Game spot Japan、2008年2月25日、SCEワールドワイド・スタジオ プレジデント、フィル・ハリソン氏退社
  7. ^ GDC、2008年2月22日、Wiiスポーツこそ真の次世代ゲーム
  8. ^ engadget japanese、2007年2月28日、ソニー「振動は前世代の機能」「値下げ圧力は感じない」
  9. ^ engadget japanese、2007年2月28日、ソニー「振動は前世代の機能」「値下げ圧力は感じない」