インフォグラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
インフォグラム・エンターテインメント
Infogrames Entertainment SA
種類 公開会社
市場情報 EuronextATA
本社所在地 フランスの旗 フランス
リヨン
設立 1983年6月
業種 情報・通信業
事業内容 テレビゲーム開発
代表者 Frank Dangeard(会長[1]
David Gardner(CEO[1]
Phil Harrison社長[1]
Jeff Lapin(COO[2]
売上高 減少3億530万ユーロ(2007年)
純利益 減少-1億310万ユーロ(2007年)[3]
特記事項:子会社としてアタリ (Atari, Inc, Atari Interactive) がある。
テンプレートを表示

インフォグラム・エンターテインメント: Infogrames Entertainment SA、IESA)は、フランスリヨンを本拠地とする持株会社ニューヨーク市を本拠地とするアタリ (Atari, Inc.) とアタリ・ヨーロッパの親会社。1983年、Bruno Bonnell と Christophe Sapet がコンピュータ入門書の収益を元手に創業した。傘下の子会社を通して、主なゲーム機やPCなどを対象としてコンピュータゲームを開発販売している。

2009年の株主総会で、「インフォグラム」と「アタリ」の二重ブランドによる混乱を解消するため、アタリ (Atari SA) へと改称することを決定した。

創業期[編集]

創業者は社名を Zboub Système(zboub とはフランス語で「ペニス」の意)にしようとしていたが、法律家が説得して思いとどまらせた[4]。Bonnellがテレビのインタビューで語ったところに言葉きすを組み合わせて新語を作るコンピュータープログラムを使い、それで出てきた言葉の1つが "Infogramme" だったという。これはフランス語の単語である "informatique"(情報技術)と "programme"(プログラム)を組み合わせたかばん語である。これを若干修正した "Infogrames" が最終的に社名として採用となった。

ロゴはアルマジロをデザインしたもので、現在の本拠地に移転した際に使うようになった。Bonnellはこれについて、「この恐竜(原文では dinosaure)は我々のシンボルだ。アルマジロは氷河が溶け出し砂漠化する最悪の事態まで、環境の変化に適応して生き延びてきた」と述べている[4]

1980年代末ごろには、インフォグラムはフランスのコンピューターゲームメーカーとして知られるようになった。ゲームのアイデアが独創的で、内容がユーモラスという特徴があった。タンタンアステリックスLes Tuniques Bleues といった人気のあるバンド・デシネのゲーム化権を獲得した。

1992年、3Dホラーアドベンチャーゲームアローン・イン・ザ・ダーク』をリリースし国際的に注目を集めた。

1996年-2002年 買収による成長[編集]

1996年、Bruno Bonnell 率いるインフォグラムは、7年の月日と5億ドルの資金を費やし、一連の企業買収を開始した。これはインフォグラムをゲーム業界の国際的トップ企業にするという決意に基づいている[5]。1999年には5500万ドルだった債務が2002年には4億9300万ドルに膨らんだが、売上高も2億4600万ドルから6億5000万ドルに成長した[6]

1996年、IESAは約1億ドルで Ocean Software を買収し[7]Infogrames UK に改称した[8]。1997年には Philips Media BV を買収。

1998年、IESAはゲーム販売業の OziSoft の株式を62.5%取得して Infogrames Australia とし[9]、残る株式もセガなどから買い取って2002年に完全子会社化した[10](総額370万ドル[6])。同年、ABS Multimedia、Arcadia、Swiss Gamecity GmbH といったゲーム販売業者も買収した[11]

1999年、IESAは Gremlin Interactive を4000万ドルで買収し Infogrames Sheffield House としたが[12]、2003年には閉鎖した。同年 Accolade を6000万ドルで買収[13][14]Beam Software も買収し Infogrames Melbourne House Pty Ltd と改称した[15]

GTインタラクティブの買収[編集]

1999年12月、IESAはそれまでで最高額の企業買収を行った。インフォグラムはGTインタラクティブの70%の株式を1億3500万ドルで取得し、うち7500万ドルを新子会社の債務に設定した。2000年6月までにインフォグラムはGTインタラクティブにさらに3000万ドルを出資した[11][16]。IESAは、GTインタラクティブはインフォグラムに全米販売網とゲーム資産(DriverOddworldUnreal Tournamentなど)をもたらしたとして、この買収を正当化した[11]

GTインタラクティブの買収と同時に、傘下の開発スタジオ群として Humongous Entertainment[17]Legend Entertainment[18]Reflections Interactive[19] も入手した。

GTインタラクティブは Infogrames, Inc と改称した[20]

2000年、ゲームメーカーの Paradigm Entertainment を1950万ドルで買収。また、Den-o-Tech Int. (DTI) を560万ドルで買収し Infogrames DTI と改称した[8][11]

ハズブロ・インタラクティブの買収[編集]

2001年1月、IESAはハズブロ・インタラクティブとハズブロが所有していた携帯型ゲームgame.com の権利を1億ドルで取得。このうち9500万ドルはインフォグラムの株式450万株で支払い、残り500万ドルを現金で支払った[21][22]

ハズブロ・インタラクティブは買収に伴って Infogrames Interactive, Inc と改称した[23][24]。IESAはこれにより、以下のブランドや資産を所有することとなった。

マイクロプローズのイギリスのスタジオは2002年9月20日に閉鎖された[25]

またハズブロとの提携契約により、ハズブロの資産(ダンジョンズ&ドラゴンズMr.ポテトヘッドマイリトルポニー など)に基づいたゲームの独占的な開発販売権を得た。この独占権は15年間の契約で、さらに状況によっては5年間延長できる[22]

Eden Games と Shiny Entertainment[編集]

2002年、IESAはゲーム開発スタジオ Eden Games[26] を410万ドル[6]Shiny Entertainment を4700万ドルで買収した。Eden Games 取得により『テストドライブ アンリミテッド』などの権利を獲得し、Shiny Entertainment 取得により『ENTER THE MATRIX』の権利を獲得した。特に後者は映画『マトリックス』を基にした最初のゲームであり、500万本以上を売り上げたゲームである[27]

アタリグループ[編集]

2001年10月、IESAは Atari Interactive を Infogrames Interactive の完全子会社として創設し、アタリのブランドを復活させ、MXrider をリリースした[28][23]。2003年5月7日、IESAはグループの公式な再編を行った[29]。北米部門はアタリ (Atari, Inc.) となってNASDAQに独自に上場し、ヨーロッパ部門は Atari Europe とし、Infogrames Interactive, Inc. は Atari Interactive, Inc. に改称した[23](IESAの完全子会社)[30]。Infogrames Australia Pty Ltd は Atari Australia Pty Ltd[9]、Infogrames Melbourne House Pty Ltd は Atari Melbourne House Pty Ltd[15]、Infogrames UK は Atari UK とし[8]、IESA自身は持株会社となった[31]。つまり、グループ企業のほとんどは「アタリ」を名乗るようになり、持株会社のみインフォグラムの名を残した。

Atari, Inc.は公開会社だが、2007年現在の筆頭株主は California U.S. Holdings, Inc. であり、この会社はIESAの完全子会社である[32]アタリの商標は Atari Interactive, Inc. が所有し Atari, Inc. はそこからライセンス供与されている形になっている(ライセンス期間は2013年まで)[30]。Atari, Inc. は、IESAおよびその子会社である Atari Interactive, Inc. などの知的資産を北米で販売またはサブライセンス提供する権利を有する[30]

オーストラリアのアタリはコナミ・ヨーロッパ、Codemasters UK、Eidos Interactive、SCi などのゲームの販売も手がけている。コナミはオーストラリア支社を持っているが、そちらはアーケードゲーム機などを専門としている。

財政問題[編集]

2002年度、IESAは売上高6億5000万ドルで670万ドルの純損失を計上し、2003年度には純損失が890万ドルに増大した[8]。2006年度には売上高5億2500万ドルで2億100万ドルの純損失、約2億9000万ドルの債務があるとした[6]。1999年から2006年までの損失を累計すると5億ユーロになる[6]

2004年、インフォグラムは『シヴィライゼーション』の権利をテイクツー・インタラクティブに2230万ドルで売却し[33]Legend Entertainment のスタジオを閉鎖した[34]。また同年、Epic Gamesミッドウェイゲームズと契約したため、インフォグラムは人気の高いUnrealシリーズの権利を失った[35]。2005年6月、インフォグラムはダンジョンズ&ドラゴンズを除くハズブロの資産(トランスフォーマーマイリトルポニー四目並べなど)のゲーム化権をハズブロに650万ドルで返却した[20][36]

2006年4月、創業者の Bruno Bonnell がインフォグラムを退職し、同時に財政再建のために自身の所有していたIESAの株式24%の権利を会社に譲渡した[37]。その後もインフォグラムは知的資産や開発スタジオの切り売りなどを行い、破産の危機を乗り越えた[38]

2006年5月、IESAはスタントマンの権利をTHQに売却し、Timeshiftの権利を Saber Interactive に売却した。これにより1300万ドルの収入を得ている。THQはIESAから開発スタジオ Paradigm Entertainment も取得した[39]。2006年6月、開発スタジオ Reflections InteractiveDriverというゲームの権利を2160万ドルでユービーアイソフトに売却した[40]。同年10月には160万ドルで Shiny Entertainment を Foundation 9 Entertainment に売却した[40][41]。同年11月、Atari Melbourne House が Krome Studios に売却され、Krome Studios Melbourne と改称された[15]

2007年、インフォグラムはアタリの経営陣の20%を解雇した。2006から2007年度、アタリは700万ドルの純損失を計上した[42]

Atari, Inc. の完全子会社化[編集]

2008年3月6日、インフォグラムは Atari, Inc. の残りの公開株を1株1.68ドル、合計1100万ドルで取得することを提案した。これにより Atari, Inc. はインフォグラムの完全子会社となる。2008年4月30日、Atari, Inc. はインフォグラムの提案を受け入れた。

2008年10月9日、インフォグラムは Atari, Inc. の完全子会社化を完了した[43]。これにより「アタリ」のブランドは再びインフォグラムが独占することになった[44]。インフォグラムは、これによって経営コストが低減され、オンラインゲームに注力できるようになるとした[45]

バンダイナムコによる Atari Europe と Distribution Partners の子会社化[編集]

2008年12月、インフォグラムは2670万ドルで Cryptic Studios を買収した。同社はMMORPGを開発しており、オンラインゲーム関連を強化する方針に則った買収だった[46]

2009年5月、バンダイナムコホールディングスはインフォグラムから Atari Europe を取得した[47]。インフォグラムのヨーロッパでの販売とマーケティングは Distribution Partners が行うことになった。Distribution Partners は2008年9月、バイダイナムコとインフォグラムが合弁事業として立ち上げた会社である[48]。インフォグラムは同社を「ヨーロッパ、アジア、南アメリカでのインフォグラムの販売流通網」の再編であるとした[49]。これはPAL採用地域に対応した流通網にほぼ相当する[50]。Distribution Partners の株式のうち、34%はバンダイナムコが所有し、66%はアタリが所有していた。

2009年3月、インフォグラムは同社が所有する Distribution Partners の66%の株式を手放すことを発表した[48]。同年6月、Distribution Partners の66%の株はバンダイナムコに売却された[51](Atari Europe との前後関係に注意)。インフォグラムは一連の動きについて「アタリがオンラインゲームの開発・製造に集中するため」としている[52]

取引が完了すると Distribution Partners は Namco Bandai Partners と改称した。この時点で同社は17の支社があり、50カ国で活動していた[53]

以上のようなリストラ後もインフォグラムは黒字化を目指して苦闘している。2008年度の純損失は5110万ユーロ(7217万ドル)、2009年度(3月末)の純損失は2億2610万ユーロ(3億1933万ドル)となっている[54]

インフォグラム・エンターテインメントからの改称[編集]

2009年5月、年次株主総会でIESAは名称を子会社に合わせて「アタリ」(Atari) に統一することを発表した。これについて Atari, Inc. のCEO Jim Wilson は「我々はインフォグラムとアタリの二重性とそれにまつわる混乱を除去した。我々は1つのブランドの下で一体となって経営する単純な企業である」とコメントした[55]

インフォグラムの5月29日の会計報告には以下のようにある。

「取締役会はインフォグラム・エンターテインメントの名前をアタリに変えることに合意した。この決定により、世界的に知られているアタリブランドを最大限活用できるようになり、当社のオンライン戦略、製品戦略、ライセンス戦略を実施する際の原動力になる」[56]

7月24日の会計報告ではさらに名称の変更が Infogrames, S.A. から Atari, S.A. への変更であることが明確化された。また、子会社群やアタリブランドの総称として「アタリグループ」(Atari Group) という呼称を引き続き使用することも明記されている[57]

開発子会社[編集]

現行[編集]

  • アタリグループ(2001年にブランド名の権利を取得)

消滅[編集]

売却[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c “Infogrames Entertainment appoints Frank Dangeard as Non-Executive Chairman” (PDF) (プレスリリース), Infogrames Entertainment, (2009年3月16日), http://corporate.atari.com/MT-3.34-en/mt-static/FCKeditor/UserFiles/File/IESA%20Press%20Release%2015%20March%2009_GB_final.pdf 2009年8月30日閲覧。 
  2. ^ Board and management”. Infogrames. 2009年8月30日閲覧。
  3. ^ Infogrames GB
  4. ^ a b Author excerpt from Daniel Ichbiah, La saga des jeux vidéo. Vuibert. 2004. ISBN 2-7117-4825-1
  5. ^ Infogrames Launches Infogrames.com
  6. ^ a b c d e Gamasutra - The Euro Vision: 'Bye-Bye Bruno'
  7. ^ Mergers & Acquisitions - UK News 1996
  8. ^ a b c d MobyGames - Atari UK Ltd
  9. ^ a b Frequently Asked Questions - Atari Australia
  10. ^ Ozisoft becomes Infogrames Australia: News - Business - ZDNet Australia
  11. ^ a b c d http://corporate.infogrames.com/uk/download/reports/infogrames_entertainment_annual_report_99_00.pdf 1999年度のインフォグラムの会計報告
  12. ^ Infogrames Buys UK Games Company Gremlin Computergram International | Find Articles at BNET.com
  13. ^ France's Infogrames Grows in US With $60m Accolade Buy Computergram International | Find Articles at BNET.com
  14. ^ Chronology of Video Game Systems (1999)
  15. ^ a b c Krome Studios Melbourne MobyGames
  16. ^ Infogrames Gets Control of GT Interactive - New York Times
  17. ^ GT Interactive Software - Company History
  18. ^ Amazon.com: Game Design, Second Edition: Bob Bates: Books
  19. ^ Gt Interactive Hires Disney Honcho, Raises Cash
  20. ^ a b http://corporate.atari.com/MT-3.34-en/mt-static/FCKeditor/UserFiles/File/DOCDEREF05_06GB.pdf 2005年度のインフォグラムの会計報告
  21. ^ Company News; Hasbro Completes Sale Of Interactive Business - New York Times
  22. ^ a b Infogrames Entertainment to Acquire Hasbro Interactive and Games.com Press Release
  23. ^ a b c allgame ((( Atari Interactive, Inc. > Overview )))
  24. ^ 11.1) What is the history of Atari's 8-bit computers platform?
  25. ^ Infogrames closes UK MicroProse studio GameSpot
  26. ^ Infogrames buys Eden Studios - PlayStation 2 News at GameSpot
  27. ^ Infogrames Acquires both Shiny Entertainment and Exclusive Matrix License - PC News
  28. ^ Infogrames re-christens itself Atari
  29. ^ SEC Info - Atari Inc - 10-KT - For 3/31/03
  30. ^ a b c Summary of ATARI INC - Yahoo! Finance
  31. ^ Infogrames GB
  32. ^ http://biz.yahoo.com/prnews/071008/nym115.html?.v=80
  33. ^ Take-Two takes over Civilization - PC News at GameSpot
  34. ^ Atari closes Legend Entertainment - PC News at GameSpot
  35. ^ The sad, slow fall of Atari CNN Money.com
  36. ^ Atari locks down D&D; Hasbro buys back Transformers - PC News at GameSpot
  37. ^ Infogrames shares shine after chairman leaves | Reuters
  38. ^ Video Game Features, PC Game Features
  39. ^ THQ buys Paradigm and Stuntman // News // GamesIndustry.biz
  40. ^ a b Cost-cutting puts Atari in black-barely - Xbox 360 News at GameSpot
  41. ^ Foundation 9 Acquires Shiny From Atari, GamaSutra, 2006年10月2日
  42. ^ Infogrames overhauls Atari's board - News at GameSpot
  43. ^ Infogrames Entertainment S.A. Announces Completion of Acquisition of Atari, Inc.
  44. ^ Infogrames completes Atari Inc acquisition
  45. ^ Infogrames concludes Atari acquisition
  46. ^ Atari acquires Cryptic Studios
  47. ^ Goodbye Atari, hello Namco
  48. ^ a b Infogrames And Namco Bandai Team Up For Distribution Deal
  49. ^ http://corporate.atari.com/MT-3.34-en/mt-static/FCKeditor/UserFiles/File/IESA_NBG_signing_GB_def2.pdf
  50. ^ Infogrames strikes Namco Bandai deal
  51. ^ Atari announces the signing of the divestiture of its remaining 66% stake in Distribution Partners
  52. ^ http://corporate.atari.com/infogramesgb/actufiuk/ - Press release of 25/03/09
  53. ^ Namco completes tekeover of Atari distribution business
  54. ^ Infogrames Renames To Atari, Posts Heavy Losses, Envisages Profit
  55. ^ Atari Sheds Infogrames Branding
  56. ^ http://corporate.atari.com/MT-3.34-en/mt-static/FCKeditor/UserFiles/File/052909PR_FY09_earnings_GB_FINAL2.pdf p. 2
  57. ^ http://corporate.atari.com/MT-3.34-en/mt-static/FCKeditor/UserFiles/File/D2-072409PR_FY09_1Q_revenues_GB_FINAL.pdf
  58. ^ Atari Europe to be bought out by Namco Bandai, Atari US to become online-centric
  59. ^ Atari Europe becomes Namco Bandai

外部リンク[編集]

  • 公式サイト
  • Atari profile on MobyGames
  • Crystal Squid - インフォグラムの元従業員が創業したゲーム会社
  • Moonpod - インフォグラムの元従業員が創業したゲーム会社
  • Sumo Digital - インフォグラムの元従業員が創業したゲーム会社