Google コンタクトレンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Google Contact Lensから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Google Contact Lens
Google 2015 logo.svg
開発元 Verily
種別 ウェアラブルコンピュータ
発売日 2014年1月16日(5年前) (2014-01-16

Google コンタクトレンズ(グーグル コンタクトレンズ、Google Contact Lens [1])は、X社によって開発が進められている、医療用スマートコンタクトレンズである[2]。このコンタクトレンズには、涙腺から分泌される涙液から血糖値を測定し、糖尿病患者の体調管理を支援する機能が備わっている。

技術[編集]

レンズには無線チップと血糖測定センサーが搭載されている。またレンズに微細なピンホール穴が空いており、そこから涙液がセンサーに浸透して血糖値を測定できる。その他の電子機器は、瞳孔や虹彩の外側に位置しており、眼球にダメージを与えることはない。レンズの内側には人の髪の毛よりも薄い無線チップがあり、外部デバイスに情報を伝達するのに用いられる。

脚注[編集]

  1. ^ 名称にはレンズという言葉こそ付いているが、こちらは糖尿病の治療を目的とした医療器具としての医療用コンタクトレンズのため、Google社のグループに属するが、画像処理ソフトウェアのGoogleレンズとはウェアラブルに該当するコンピューター関連項目に類するが、名称や目的としては全く関係ない。
  2. ^ Introducing our smart contact lens project” (英語). Official Google Blog. 2019年9月21日閲覧。

関連項目[編集]